フェザーがワンポイント!存在感バツグンなガス缶カバー新登場【アウトドア通信.067】

「What Will be Will be」と「NICO&MOUNTAINEER APARTMENT」コラボアイテムが新登場!カーキ色のガス缶カバーとキャップサコッシュは、サイトの雰囲気作りのお役立ちアイテムです!


新登場!コラボアイテムは、カーキ色のガス缶アクセサリー

「What Will be Will be」「NICO&MOUNTAINEER APARTMEN」
日本のガレージブランド「What Will be Will be」とアウトドアセレクトショップ「NICO&MOUNTAINEER APARTMEN」のコラボアイテムに新色カーキのガス缶アクセサリーが登場!

これを装着すれば味気ないガス缶もお洒落なネイティブ仕様に早変わり! スウェードレザーを使ったガス缶カバーとキャップサコッシュをご紹介します。プレゼントにもオススメなアイテムなので是非チェックしてみてくださいね。

ネイティブアメリカンな雰囲気がたまらない!ガス缶カバー

「What Will be Will be」「NICO&MOUNTAINEER APARTMEN」
「What Will be Will be」の人気アイテム、スウェード皮革素材のガス缶カバー(モカブラウン・インディゴ・マスタード)に「NICO&MOUNTAINEER APARTMENT」とのコラボアイテムとして新色のカーキが加わりました。

「NICO&MOUNTAINEER APARTMENT」って?

店主が”アウトドアが好きなユニークな人たち”をイメージしてセレクトしたアイテムが揃う「NICO&MOUNTAINEER APARTMENT」。置いてあるだけで様になる感度バツグンなギアは、家でのインテリアの1つとしても使用できるものばかりです。

今回そんなセレクトショップとコラボして、OD缶専用の3サイズのガス缶カバーがラインナップ! ウッドの温もりあるテーブルに無機質なガス缶を置くと雰囲気が台無しに……。そんな時にこのガス缶カバーを装着してお洒落にキャンプサイトを演出しよう。ネイティブアメリカンなテイストは他にはない存在感です。

1点1点手作りのレザーアイテムは使えば使うほど味が出るので、自分だけのオリジナルなガス缶カバーに成長させてみてはいかがでしょう。

【スウェードレザーODガス缶カバー(小:110サイズ)】
●皮革部分:牛革
●価格:¥4,536(税込)
●各社OD缶 110gサイズ対応

【スウェードレザー ODガス缶カバー(中:230/250サイズ)】
●皮革部分:牛革
●価格:\5,400(税込)
●各社OD缶 230/250gサイズ対応

【スウェードレザーODガス缶カバー(大:470/500サイズ)】
●皮革部分:牛革
●価格:\5,940(税込)
●各社OD缶 470/500gサイズ対応

次は、あると無いとでは大違い!? 一緒に合わせて使用したい「キャップサコッシュ」をご紹介します。

置き場に困るガス缶のキャップに「キャップサコッシュ」はいかが?

「What Will be Will be」「NICO&MOUNTAINEER APARTMEN」
さらに、同色のキャップサコッシュも新発売! ガス缶を使用する際に紛失しがちなガス缶のキャップは、「キャップサコッシュ」に入れてお洒落に収納しよう。

「What Will be Will be」「NICO&MOUNTAINEER APARTMEN」
革紐に付いているビースを上下させれば長さの変更も可能です。ターコイズカラーがワンポイントのアクセントに! プレゼントとしても喜ばれそうなこのアイテム、ガス缶とセットで購入すればお買い得になるのも嬉しいポイントです。

サイトをワンランクアップしたお洒落な雰囲気にしたい方、是非取り入れてみてはいかがですか?

【キャップサコッシュ】
●皮革部分:牛革
●価格:単品の場合\1,080(税込)、OD缶カバーとセットの場合¥864(税込)
●各社OD缶キャップ対応

※掲載している商品情報は変更になる可能性があります。
【What Will be Will beの公式サイトはこちら
Instagramページはこちら 
Facebookページはこちら

「NICO&MOUNTAINEER APARTMENT」
ショップページはこちら
アイテム情報も満載!CAMP HACKトップはこちらCAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

関連する記事

%e5%b0%8f%e3%83%bb%e4%b8%ad%e3%83%bb%e5%a4%a7
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • 長谷部 雅一
  • SAM & 沖田雅生
  • 八幡 暁
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE
 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!