CAMP HACK[キャンプハック]


はじめての薪ストーブにテンマク「iron-stove ちび」はいかが?

0


小型ストーブながらの大きな魅力

アウトドア料理に最適な薪ストーブ

『ちび』の大きな特徴は、初めから「料理を想定した設計」がされているところ。フラットな天板が鍋が置きやすいというだけではなく、効率的に料理がきるように直火があたる火口が二つ設置されています。

もう「調理用火器」と言ってもいいのでは? というほどに料理に特化している点が大きな魅力の一つ。

小型かつ車の積載もしやすい程よいサイズ

薪ストの導入に踏み切れない方の中には、その大きさや重さから扱いづらいというイメージが壁になっているケースも多いのでは? こちらは「ちび」の名の通りコンパクトで軽量。さらにミニマルなボックス型デザインが積載に優位です。

テンマクデザインのiron-stove ちびの組み立て前
出典:tent-mark.com
構造に関してもシンプルで、バラバラに分解できる兄弟アイテム「iron-stove 改」のような組み立てはなし。脚と煙突を付けるだけで使えてしまう簡単設計なのです。この圧倒的な扱いやすさも大きな魅力です。

黒く耐熱塗装された重厚なデザイン

テンマクデザインのiron-stove ちび
出典:tent-mark.com
こちらの「ちび」、名前に反してルックスはとっても男前。積載についてでも書きましたが、ちょっと珍しいほどミニマルなボックスデザインなのです。

テトリスしやすいのはもちろんのこと、シンプルでグッドデザイン。さらにおさえたマットブラックの耐熱塗装で、「道具感」溢れるルックスも魅力。

池田舎さん(@ikedasya)がシェアした投稿


ワイルド&ミリタリーなサイトコーデはもちろん、ナチュラルテイストにマッチします。

39,800(+税)の抑えられた価格

kumisugiさん(@kumi1129)がシェアした投稿


薪ストデビューに至るまでに、価格面のハードルを高く感じている方もいるのではないでしょうか。実際に高額な薪ストも多数ありますよね。でも『ちび』なら超えやすいハードルの高さかもしれません。

ずばり他社に比べてお安めな39800円。薪ストーブの中ではなかなか低価格、高コスパです。

関連記事