CAMP HACK[キャンプハック]


オリジナル商品を持つ人

【インタビュー】「SotoLabo」の誕生秘話とオーダーメイドスタイルのこだわり

0

日本のガレージブランド「SotoLabo」は、コットンをフル活用したギアが話題を呼び人気を集めています。今回は、埼玉県にある事務所を訪問し、誕生秘話やこだわりなどを聞いてきました。代表である江崎さんのブランド愛や、今後のSotoLaboの動きも必見です!

小川 迪裕


アイキャッチ画像

人気株のガレージブランドは代表の熱い思いが詰まっていました

SOTO LABO ウェルカムボード
撮影:筆者
2013年に立ち上がり、セレクトショップから大手量販店まで幅広いショップで取り扱いされているブランド『SotoLabo』。代表の江崎さんとお話をしているなかで、ブランドに対する愛情やモノづくりへのこだわり、将来の夢などが次々と登場し、どんどん引き込まれていきました。
  1. SotoLaboとはどんなブランド?

SOTO LABO タープ
出典:SotoLabo
SotoLaboは、「そとを楽しむ人のためのラボラトリー」をテーマに、国内生産とコットン生地にこだわって製造する注目のガレージブランド。

最初に販売したコットンタープ<KOKAGE-wing->は、初日で完売を果たし、カーミットチェアの張り替え生地の市販は同ブランドが初めて行った製品とされています。

関連記事