コダワリの向こう側にたどり着いた、オトナたちのチルアウトスタイル

CAMP HACK×雑誌「GO OUT」のニュースメディアサイト”GO OUT WEB”連携記事。今回は、別冊GRAND GO OUTで掲載されているオトナたちのチルアウトスタイルをご紹介します。


GO OUT的オトナたちのチルアウトスタイルとは?

たいていのヒトは、それぞれジブンなりの理由があって10代にファッションに興味を持ち始めて、20代に最高に熱狂して、30代には地に足付いたぶん、とことんコダワリが強くなって……だいたいそんなカンジかと思います。

で、40代になった今はどうなんでしょうか。なんというか、いいカンジでマイペースなヒトが多いように思うのです。ジブンの「好き」に没頭しすぎて、時代と付き合うのを辞めてしまうのではなく、ちゃんとそういう空気も感じながら、ユル~くジブンのペースで楽しんでいる……そう、まさに「チルアウト」なんですよ。

なるほど、コダワリの向こう側って、さらなるコダワリじゃなくて、もっとユルくなる方に向かってたんですね。

そんなマイペースで「チルアウト」なスタイルにたどり着いた、40代のオトナたちのMYスタイルを拝見していきましょう。

CAMP HACKでは、GO OUT WEBにて8回にわたって配信された内容の一部をお届けします。

#1 金子敏治/CAL O LINEデザイナー・44歳

GOOUT チルアウトスタイル 西海岸のサーフカルチャーをオーセンティックなウエアに落とし込んだブランド「キャルオーライン」デザイナー。自身も25年来のサーファーで、サーフのみならずスケートカルチャーにも精通。

「ミーハーなので、雑食的になんでも着てました。」

古着からアメカジ、アウトドアまで、幅広いファッションに精通する金子さん。その振り幅の大きいファッションスタイルの裏には、やはりこれまで の経験が集約されているそう。

「ファッションに興味が湧き始めた’90年代前 半は、第2次サーフィンブームの最中。次々とファッションブームの大きな 波がやってきて、DC、アメカジ、キレカジ、サーフストリート、アウトド アと短いスパンで流行が大きく変わる激動の時代でした。まだ自分のファッ ションが確立していないミーハーな僕は、その波すべてに乗ったんです」。

GOOUT チルアウトスタイル
自宅リビングの家具はアメリカ、 ヨーロッパ問わずヴィンテージを中心に揃えている。「洋服同様、家具も昔からヴィンテージが好きで、この辺のものは’60年代のものが多いかもしれません」。
そうしていろいろ経験した中で、特に好きなエッセンスだけを抜き出すことで、ジャンルに捕らわれない振り幅の大きい今の金子さんの柔軟なスタイル が出来上がってきた。

「根っこにあるのは、昔から変わらないです。改めて見ると10年、20年選手のアイテムも増えましたが、好きなものが変わらずに年を重ねてきて、必然的に長く使えるものが手元に残った感じですね」。

金子さんの愛用アイテムを拝見。

Rip Curl/スウェット

GOOUT チルアウトスタイル
「’80年代のポップな時代の名残もあり、’90年代初頭のサーフブランドのグラフィックは秀逸でした。スペーシーなグラフィックがちょっとダサくて、そこが今かなと思っています」。

REI/デナリ エクスペディションパーカ

GOOUT チルアウトスタイル
「’70年代に作られたアルパインシリーズの最高峰のダウン。タウンユースで普段着るにはオー バースペックなので出番は少ないのですが(笑)、ずっと探していて10年前に買いました」。

GHURKA/マーケットバッグNo.87

GOOUT チルアウトスタイル
「これはヴィンテージですが、とても使いやすくて現行品でも同じものを買いました。洋服のサンプルなどを持ち運んだり荷物が多い日に使ったり、あとは1泊くらいの旅行もこれで十分ですね」。

CONVERSE/オールスターHi

GOOUT チルアウトスタイル
「スタイルを選ばず、太いパンツでも細いパンツでも合わせやすいです。ヴィンテージのスニーカーは湿度などで劣化しがちだけど、コンバ ースは比較的長持ちするのも嬉しいですね」。

Channel Islands/サーフボード

GOOUT チルアウトスタイル
「波乗りを始めた頃からショートボード一筋。さらに年々ボードが短くなってきています(笑)。短い方が収納や持ち運びなど、何かともラクなことも多いですし。全部で5、6枚持ってます。」
  • Photo/Kenji Fujimaki
  • Report & Text/Masashi Echigo(RIDE MEDIA&DESIGN)

#2 落合 輝/F LABOディレクター・45歳

GOOUT チルアウトスタイル
老舗セレクトショップ、フリークスストアに在籍すること20年。現在は新事業、F LABOのディレクターとして活動中。80年代のスケートカルチャーにおいては業界でも屈指の評判。

「アメリカの80’sスケートカルチャーが原点です。」

アメリカへの憧れや魅力。ファッションやヴィンテージ、音楽、アート、 モーターサイクル、サーフなどアメリカの持つ様々なカルチャーには常にワクワク・ドキドキする豊かさがあります。

その魅力にどっぷりと浸かる人は少なくない。落合さんもそのアメリカへの魅力に浸かった1人。

GOOUT チルアウトスタイル
「僕の場合、スケートカルチャーがアメリカを知るきっかけとなりました。小、中学生の頃、当時は80年代、第二次スケートブームと呼ばれる時代の真っ只中。数々の華麗なトリックを決めるライダーたちへ憧れ、そして彼らの80年代独特なスタイルに興味を持つようになったんです。そこから、アートや音楽などを含めたカルチャーを掘り下げるようになりました。自分はファションよりもカルチャーの方が先だったせいか、一辺倒なスタイルは苦手。スケートカルチャーは僕の原点でありつつも、ヴィンテージやデザイナーズも自分の今の気分で組み合わせるスタイルを大切にしています」。

ヴィンテージをこよなく愛するもデザイナーズブランドやドレスシューズをミックスし、型にハマらないスタイルが落合氏流の着こなし方。嫌みのない大人の余裕が感じられる。

落合さんの愛用アイテムを拝見。

Battenwear/アノラックパーカ

GOOUT チルアウトスタイル
アウトドア&サーフカルチャー から生まれたバテンウエアのアノラックパーカは定番アイテム としてリリースされている。「着丈も身幅もシルエットも文句の付けどころはありません」。

JM WESTON/ゴルフ

GOOUT チルアウトスタイル
フランスの最高級紳士靴で知られるウエストン。なかでも昔ながらのUチップデザインが人気のゴルフは最高傑作として語られる。「履きやすさに甘んじてこの靴ばかり履いてしまいます」。

CALL ME 917/ロンT/キャップ/スウェット

GOOUT チルアウトスタイル
写真家、モデルとしても活躍するプロスケータ ーAlex Olsonが手掛けるブランド。「キャッチ ーなデザイン性、ポップなカラーなどシンプルなスタイルのハズシに効果的です」。

Levi’s/501

GOOUT チルアウトスタイル
ジーンズの王道であるリーバイス501。1960年代頃に作られたビッグEは生地、シルエット、色落ちも別格だ。「ヴィンテージ501のなかでも特に気に入って穿くのはタイプモノです」。

Chirstian Hosoi (右)、ROBROSKOPP(中)、GSD(左)

GOOUT チルアウトスタイル
右からクリスチャン・ホソイ、ロブロスコップ、 GSDの80sスケートデッキ。「実際に乗ることはあまりありませんが、部屋のインテリアとしてもサマになる当時のスケートデッキです」。
  • Photo/Eiichi Henna
  • Report & Text/Tamaki Itakura

#3 阿部孝史/BEAMS オンラインショップスタッフ・41歳

GOOUT チルアウトスタイル
編集、ライターとして多数のファッション誌に携わり、現在はビームスのECサイトにてコンテンツ制作などに携わる。ヴィンテージバンダナのコレクターとしても有名。1976年生まれ。

「自分に似合う服が、わかってきた気がします。」

現在40歳前後のファッション通たちの中には、10代の多感な時期にアメカジブームを経験した人も多い。ヴィンテージに造詣が深く、業界屈指の古着&アメカジ好きである阿部さんもそのひとりだ。

「高校時代にアメカジブームを経験し、その頃からアメカジをカッコイイと思う気持ちはブレていません。いい意味か悪い意味かわかりませんが『昔と服装が全然変わらない』とよく言われます。だけど昔に比べれば洋服選びは保守的になったかも……。ファッション的な失敗を数多く経験してきたことも一因かもしれません。勘違いかもしれないですけど、自分に似合うものがある程度わかってきたのかなとも思います」。

GOOUT チルアウトスタイル
愛車のFJクルーザーとのワンシーン。普段からコーディネートはベージュ系かネイビー系が多いそう。「パンツはチノパンばかり穿いています。デニムはなぜか穿かなくなりましたね」。
「アイテムも大きな変化はありませんが、以前は着なかったロングコートを着る機会が増えたり、デニム素材のアイテムに改めて魅力を感じて買い直したりと、そういう変化はあります。変わらないのは、オーセンティックでありながら少しひねりがあるアイテムが好きなことですね」。

阿部さんの愛用アイテムを拝見。

REMI RELIEF × BEAMS PLUS/別注ステンカラーコート

GOOUT チルアウトスタイル
「今季のモデルで、ステンカラーコートではあまり見かけないコットン100%の素材感が気に入って購入。さらっとカジュアルに着られて、使い勝手がいいです」。色違いのベージュも購入予定。

Patagonia/バギーズパンツ

GOOUT チルアウトスタイル
「どちらもビームスで購入しました。とにかくラクなので、土日はたいがいコレで過ごしています。普段から茶系かネイビー系のコーディネートばかりなので、この2本で事足りますね」。

NEVER RIPUM/デニムジャケット

GOOUT チルアウトスタイル
「’50年代に鉄道員が着ていたジャケットです。お気に入りのポイントは、人とかぶることのないマイナーなブランドであることと、ゆったりとしたサイジング、胸のワッペンです」。

CONVERSE × ENGINEERED GARMENTS × BEAMS PLUS/別注オールスターHI & Low

GOOUT チルアウトスタイル
リリースされたばかりのエクスクルーシブモデル。「オールスター、EG、白という大好きな要素が3つも揃ったモデル。ロングパンツの時はハイ、ショーツの時はロウを履きます」。

洋雑誌のジェントリー(右)、 アヴァンギャルド(中)、フレア(左)

GOOUT チルアウトスタイル
「雑誌は国内外を問わずに好きですが、中でもお気に入りはこの3誌。すべてコンプリートしています。斬新なアイデアが詰まってたり、構成やレイアウトが目を引いたりと見どころ満載」。
  • Photo/Kenji Fujimaki
  • Report & Text/Masashi Echigo(RIDE MEDIA&DESIGN)

他にも盛りだくさん! 続きは別冊GRAND GO OUTにて!

18 ここでご紹介したのはほんの一部。絶賛発売中の別冊GRAND GO OUTでは、チルアウトなオトナたちのもっと沢山のスタイル&アイテムを見ることができます。気になった人は、ぜひ全国の書店やコンビニ、電子書籍でお求めください!

購入はコチラから

【GO OUT WEBのおすすめ関連記事】
冬の暖かファッションピース、マウンテンハードウェアの極地用モコモコダウン。
防水・高グリップでオンオフ対応! この冬注目のプーマの新作スニーカーブーツ。
ザ・ノース・フェイスの最上級シリーズが、先進技術採用でもっとハイスペックに!

GO OUT WEBはこちら

GOOUTWEB

アウトドアファッション誌「GO OUT」のニュースメディアサイト。おしゃれで機能的なアイテム&ギアの最新情報をはじめ、キャンプやフェスなどのスナップ企画まで、おしゃれに自分らしくありたいすべての人へお届けします。

 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!