編集部がアイテムを厳選!!CAMP HACK STORE

日産SUV二大モデル・ジュークとエクストレイルを徹底研究!(4ページ目)

日産エクストレイルのイメージは?

日産自動車株式会社さん(@nissanjapan)がシェアした投稿

都会的なまとまりを見せるルックスだが、タフギヤとしての性能は相変わらず。オールモード4×4iを受け継いだ4WDモデルはラフロードや積雪路での走破能力にすぐれ、FFでは踏破できない難所もさらりとこなすパフォーマンスを有する。走行中の静粛性の高さ、上質感の漂うインテリアの仕立ても魅力。(出典:goo-net

この価格で全席シートヒーター付きなところが最高ですね。あと、このサイズにしては荷室が広いし、後席の真ん中のシートを倒すことで、スノーボードの板を4枚載せつつも、大人4人が乗れるところはこの車の強みだと思います。防水のシート、樹脂製のラゲッジボードのおかげで、スノーボードをした後に濡れたウェアで乗っても、釣りのあとに汚れた道具を積んでも、簡単に掃除ができ、汚れを気にしなくていいところ。(出典:goo-net

今まではコンパクトカーに乗っていて、初めてのSUV。長さはエルグランドと大差無いので運転のし易さはどうなのかなと若干心配していましたがとんでもない!すごく運転し易いです。車両感覚もすぐ把握でき、何よりバックモニターのおかげでバック駐車は完璧。加速性能も走行時の安定感もあり、買って良かった!ガラス面も多く、車高もあるので視界も文句無し!(出典:goo-net

初代の頃から「タフギア」としての信頼が厚いエクストレイルですが、モデルチェンジを経てもその味方は同様のようです。三代目からは、既存のギアとしての信頼に加え、都会的でラグジュアリーな世界観も付与されたと評価されている傾向があります。良い面はそのままで、クロスオーバーとしての側面も進化しているようです。

日産エクストレイルと同じ価格帯のSUVは?

マツダ CX-3

Mazda Nederlandさん(@mazdanederland)がシェアした投稿

価格はエクストレイルよりもややお手頃。サイズではCX-3が一回りほど小さめです。車両の軽さが出ているのか燃費はエクストレイルがCX-3にやや劣る数値となっています。

荷室に関してはエクストレイルよりも狭く、ジュークに近いサイズ感です。CX-3で大量にキャンプ道具を持ち運びたい方はルーフキャリアをつける必要がありそうです。

マツダ CX-3のスペック紹介

●総排気量(cc):1.498
●全長(mm):4,275
●全幅(mm):1,765
●全高(mm):1,550
●車両重量:1,330
●駆動方式:4WD
●エンジン種類:水冷直列4気筒DOHC16バルブ 直噴ターボ
●最高出力(kW/rpm(EEC)):77/4,000
●最高出力(PS/rpm(EEC)):105/4,000
●最大トルク(N・m/rpm(EEC)):270/1,600-2,500
●最大トルク(kg・m/rpm(EEC)):27.5/1,600-2,500
●トランスミッション:6EC-AT
●燃料消費率:21.0
●車両本体価格:2,332,000
●中古車両本体価格:平均 180万円

スバル XV

Subaru Kazakhstanさん(@subaru.kazakhstan)がシェアした投稿

価格はエクストレイルよりもややお手頃です。サイズではスバルXVが少し小ぶり。燃費はスバルXVがエクストレイルにやや劣る数値となっています。荷室の最大積載量としてはエクストレイルよりやや劣るものの、それでも385リットルあるのでなかなかの広さです。

スバルXVの特徴としては、同クラスの車に比べて内装の質感と走りが評価されています。そのあたりを重要に考える方にはおすすめのSUVです。

スバル XVのスペック紹介

●総排気量(cc):1599
●全長(mm):4,465
●全幅(mm):1,800
●全高(mm):1,550
●車両重量:1410
●駆動方式:AWD
●エンジン種類:水平対向4気筒
●最高出力(kW/rpm(EEC)):85/6200
●最高出力(PS/rpm(EEC)):115/6200
●最大トルク(N・m/rpm(EEC)):148/3600
●最大トルク(kg・m/rpm(EEC)):15.1/3600
●トランスミッション:リニアトロニック 前進無段 後退1速
●燃料消費率:16.2
●車両本体価格:2,138,400
●中古車両本体価格:平均 180万円

三菱 RVR

三菱 RVR

価格はエクストレイルよりもお手頃です。サイズではRVRが一回り小ぶり。燃費はRVRがエクストレイルにやや劣る数値となっています。荷室の最大積載量としてはエクストレイルよりやや劣りますが、400リッターを超えているのでこのクラスとしてはまずまずの広さです。さらに荷室下にも収納スペースあり。

RVRの特徴としては、同クラスの車に比べてSUVらしい走りといえそうです。低回転を重視したトルクフルな味つけで、1.8Lの排気量からも同クラスとしてはパワーに余裕があります。

三菱 RVRのスペック紹介

●総排気量(cc):1.798
●全長(mm):4295
●全幅(mm):1770
●全高(mm):1615
●車両重量:1420
●駆動方式:4WD
●エンジン種類:直列4気筒SOHC16バルブ
●最高出力(kW/rpm(EEC)):102 /6000 r.p.m
●最高出力(PS/rpm(EEC)):139 /6000 r.p.m
●最大トルク(N・m/rpm(EEC)):172/4200
●最大トルク(kg・m/rpm(EEC)):17.5/4200
●トランスミッション:INVECS-III CVT
●燃料消費率:14.8
●車両本体価格:2,295,000
●中古車両本体価格:平均 180万円

4 / 5ページ