おすすめ選びは危険!本当に合うランニングシューズを見つけるコツ

ランニングシューズ選びは、初心者にとって一番重要なこと。ミズノやアディダスなど、様々なメーカーから出ていますが、「おすすめ」と「自分に合ったシューズ」は人に合わない場合もあります。今回は、自分に合うランニングシューズの見つけ方を解説します。


アイキャッチ画像出典:yonex

おすすめでランニングシューズを選ぶのは危険??

ランニングする人
雑誌で「おすすめ」と紹介されていたから、口コミで人気が高いらしいから、といった理由でランニングシューズを選んでしまうのはとっても危険なことをご存知ですか?

なぜなら人によって足の形やサイズ感は全く違いますし、レベルによっても選ぶべきシューズは異なってくるからです。かっこいいカラーだったり、形だからといって自分にとってベストなシューズであるかはまた別物。ファッションとはまた違う次元で考えなくてはいけません。

初心者には「軽量」で「ソールが薄い」シューズは不向きだったりと、簡単な指標を次の項目でご説明していきますので参考にしてみてください。

ランニングシューズの正しい選び方

ランニングシューズの紐を結ぶ人
出典:PIXTA
ランニングシューズを初めて買う人、あるいは久しぶりに購入する人にとって、どんなことが選ぶ際のポイントになるのかをまとめてみました。

横ぶれが想定されるスニーカーとは違い、まっすぐ進むために作られたランニングシューズ。できれば通販ではなく実際の店舗で試着してみると、どんな形が自分にぴったりなのかを知ることができるでしょう。

自分の足の形・サイズを知る

足型測定
人の形は様々。「スクエア型」「エジプト型」「ギリシャ型」と大きく3つに分かれる足型についてはご存知ですか?これら足先の形に加え、甲高、だんびろ、土踏まずの形など、あげればきりがありません。右と左で足のサイズが違う人もたくさんいます。

普段履きのシューズと、ランニングシューズとでは、求めるフィット感も異なりますので、もう一度しっかりとサイズを測りなおすことをお勧めします。ショップでも簡単に足型測定できるところがあるので利用してみるといいでしょう。

▼足の形・サイズの測り方に関してはこちら

初心者は「軽量」には手を出さないほうが良い

nikefreeを履いてトレーニングする人
出典:NIKE
初心者ほど、色が好みだったとか、デザインがかっこよかったからという理由で靴を選びがちです。でも、しっかりと足をホールドしてくれる靴こそが初心者には大切なことはあまり意識されていないかもしれません。

ありとあらゆるランナーに対応するために、様々な種類のシューズがリリースされているランニングシューズの世界。軽量のシューズは、それこそ「最速」をめざすレースランナー向けのもの。ランニングを始めたばかりの場合には、クッションが程よく効いたものを選ばないと膝などの故障の原因になってしまいます。

ランニングシューズを試し履きする

ランニングシューズを店舗で試し履き
出典:yonex
自分の足のサイズやタイプ、どのくらいの実力でどのくらい走りたいのかをはっきりと店員さんに伝えれば、ある程度自分にぴったりのシューズが絞れてくるでしょう。いくつかに絞れたらいよいよ試し履きです。

試し履きする際には、シューレース(靴紐)を一旦緩めてから靴先から引き締めます。かかと側に足を寄せ、シューレースを締め、つま先の余裕や、かかとのカップ部分のホールド感をチェックしていきます。

押さえておきたい! ランニングシューズの有名メーカー6選

自分にぴったりのシューズメーカーが決まれば、ランニングシューズ選びもずいぶん楽になりそうですよね。代表的なメーカーの特徴を押さえてみましたので、どのメーカーのシューズが自分にあいそうなのか検討してみてください。

アシックス(ASICS)

asicsフラッグショップ原宿
出典:asics
1949年にスタートしたアシックス。日本人による日本人のためのシューズを開発。名だたるレースに出場するトップランナーから、ジョギングを始めたばかりのビギナーまで、幅広いラインナップを揃え、ランナーたちから愛されています。

アシックスのランニングシューズといえば、耐久性が高いGEL素材と反発力のあるスピーバという素材を中敷に採用していること、様々な日本人の足型に対応したシューズの形が揃うことがポイントです。

【アシックス ゲルカヤノ24】

フルマラソンを目指すと決めた初級者から上級者の走り込みや朝ランなど、幅広いシーンに対応する、アシックスを代表するモデル。GEL KAYANO(ゲルカヤノ)は毎シーズンブラッシュアップされて登場し、常に注目を集めます。かかとをしっかりとホールドする「メタクラッチ」、ミッドソールには軽量の「FlyteForm」を採用。
ITEM
アシックス ゲルカヤノ24 TJG957
●サイズ展開:メンズ24.5〜29.0まで0.5cm刻み、30.0/31.0/32.0
●足幅:2E、スリムモデルあり

ハーフマラソン出場にあたり長距離を走れるシューズが欲しく、本製品を購入しました。ランニングシューズの中では重めの部類に入りますが、キロ5分半程度のペースであればそこまで気になりません。前モデルと比べて、幅が気持ち狭くなり、クッションが硬くなった気がします。クッションの柔らかさでカヤノを敬遠していたので、この変更が購入の決め手となりました。


ミズノ(MIZUNO)

ミズノランニングショップ大濠公園
出典:ミズノ
日本人の足型は欧米人と比べて広めと言われており、日本生まれのミズノのシューズはやっぱり足に合う!と感じる人が多いのもそれゆえでしょう。

ミズノのランニングシューズには、ミズノ独自のMIZUNO WAVEテクノロジーが採用されており、クッション性と安定性を両立する作りとなっていることから、足首や膝にかかる負担が軽減される仕組みになっています。

ミズノ ウエーブユナイタス3

ランニング初級者にぴったりの入門用シューズ。耐久性の高いラバー、クッション性×安定性を両立するMIZUNO WAVE、Smooth Rideなどミズノの基本的な技術を抑えており、エントリーモデルながら、長く使えてミズノらしさ溢れるモデルといえそうです。
ITEM
ミズノ ウエーブユナイタス3
●サイズ:25.0〜28.5cm(0.5cm刻み)
●足幅:EE相当(別モデルにスーパーワイド(EEEE相当)などあり

バックスティが多少高くて徒歩だと足の踵に当たり気になりますが、ジョギング専用なので問題は有りません。


アディダス(adidas)

adidasブランドコアストア大阪
出典:adidas blog
世界中で愛されているアディダス。中でもタウンユースからランニングシーンまでを境目なく同じシューズで違和感なくつなげるように開発されたおしゃれで走り心地に優れたシューズが揃います。

独自に開発されたブーストシステムが推進力を加速。多くのスポーツシーンを研究し尽くしたアディダスならではの耐久性と耐衝撃性に優れたシューズが魅力です。

【アディダス galaxy 3.1 w】

アディダスのウォーキングから軽いジョギングシーンまでをカバーするモデルGalaxy。メンズモデルとレディースモデルで展開されており、普段履きのスニーカーとして履いている人も多いシューズです。ふかふかの履き心地はミッドソールに採用されたCloudfoamによるもの。足幅がゆったり目の設定なので、長く履いても疲れにくいと評判です。
ITEM
アディダス Galaxy 3.1 Women's
●サイズ:22.0〜26.5(0.5cm刻み)
●足幅:3E相当

夏向けな感じ、メッシュが涼しくて蒸れにくい。
大分幅広なので足が楽です。底も厚みがあって適度な弾力があって足が疲れにくく衝撃も受けにくく感じました!


ニューバランス(new balance)

ニューバランス青山
出典:NEW BALANCE
今、日本でもっとも売れているスニーカーといえば、やっぱりNBを挙げる人が多いでしょう。ニューバランスのランニングシューズはエントリーから初心者向けのモデルが多く揃うので、タウンユースしても違和感ないようなデザインがニューバランスらしく魅力的。

しかし幅が狭めのシューズが多いので、必ずフィッティングをすることをおすすめします。

ニューバランス MR360

ニューバランスの女性用のシューズでも大人気なのがMR360。ランニングシューズでありながら、タウンユースでも使えるので、普段使い用に選ぶ人が多いモデルです。立ち仕事でも疲れないクッション性の良さと軽さはXLTフットベッドのおかげ。カラーリングの鮮やかさも魅力の1つといえそうです。
ITEM
ニューバランス WR360
●サイズ:
●足幅:2E

パープル23.0購入。以前同サイズピンクを購入しましたが、全体に大きめで、紐をきつめに締めて履いていました。軽くてクッション性も良く快適な履き心地でした。今回のパープルは前回のピンクより少し小さめでピッタリでした。綺麗な色で気に入っています。


ナイキ(NIKE)

nikerunningcenter 中目黒
出典:NIKE
世界で活躍するアスリート達からの支持が高いナイキ。スタイリッシュでおしゃれなデザインでありながら、機能性の高さはピカイチ。

ランニングシューズは、欧米人向けの足に合ったシューズを開発していることが多く、日本メーカーのランニングシューズ寄りは横幅が狭い作りになっています。

ナイキ ルナグライド8

フルマラソン完走を目指すレベルにぴったりのルナグライド。Flywireが作用して、すっぽりと包み込むようなはき心地が実現しています。柔らかめのミッドソールに加重に合わせてしっかりと沈むレーザーカットで、なめらかな走りをサポートしてくれるシューズに仕上がっています。
ITEM
ナイキ ルナグライド 8
●サイズ:25.0〜28.0cm(0.5cm刻み)、ウィメンズモデルは22.5〜25.0cmまで(0.5cm刻み)
●足幅:不明、細めの作り

軽くて反発性もあるので、走りやすいです。デザインもシンプルでかっこよく、私服にも使えます。


プーマ(PUMA)

プーマ大阪
ラインナップが豊富なプーマのランニングシューズ。シューズの素材選びからこだわりを持ち、足を痛めないよう硬めの素材を使わず、ランナーが快適に走れるシューズ開発に取り組んでいます。

またプーマが独自に開発した「モビアム」は、走行時の足の変化に合わせてシューズがその動きをサポートする機能。ランナーの走りをより快適にしてくれるシューズが魅力です。

プーマ ファース 400J

日本専用に開発されたラスト(立体的な足型)が日本人の足にもぴったりとフィット。プーマ自慢のFAAS FOAM素材をミッドソールに採用し、プーマならではのふんわりとしたクッション性が着地を受け止め、スムーズなランを可能にしています。1km4分台で走るランナーにフォーカスして作られたシューズです。
ITEM
プーマ Faas 400 J v2
●サイズ:25.0〜29.0cm(0.5cm刻み)、Women's22.5〜25.0(0.5cm刻み)
●足幅:不明

ジムで使用しています。履き心地よく歩いたり走ったりしやすいです。重心で合う合わないがあるようですが私にはよかったみたい。


自分のぴったりのランニングシューズなら、走ることがもっと楽しい

ランニングシューズ
ランニングをスタートさせようかな、という人にとって、何はなくともランニングシューズは欲しいアイテムでしょう。フォルムやカラーなどのデザイン面にばかり目がいってしまい、自分の足や走り方、目指すスピードやトレーニング方法によって選ぶべきシューズが変わってくることはなんとなく忘れてしまいがちです。

スニーカーとは違って、シューズにかかる負担も大きく、シューズが果たす役割も大きいわけなので、ぜひ、見た目だけでなく自分の足との相性をみてかた選ばれることをお勧めします。

 

Favorite running shoes and stepping forward.

お気に入りのランニングシューズでどんどん前進するような走りを

紹介されたアイテム

アシックス ゲルカヤノ24 TJG957
ミズノ ウエーブユナイタス3
サイトを見る
アディダス Galaxy 3.1 Wom…
ニューバランス WR360
ナイキ ルナグライド 8
プーマ Faas 400 J v2

関連する記事

ランニングシューズを店舗で試し履き
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
kukka

小学校のすぐ裏手に小さな山があったこども時代。自然はいつも身近な存在でした。今は家族や友人と共に低山ハイクやオートキャンプを楽しんでいます。今年はマンネリがちなキャンプ飯を進化させたいです!

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE
 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!