sunsetclimaxから普段使いTote Bag新発売【アウトドア通信.049】

sunsetclimaxから、アーバンアウトドアスタイルに最適なトートバッグが新発売。アウトドアブランドから生みだされたトートバッグは便利な機能性と国産にこだわった丁寧な仕事が光るアイテムです。


ハイスペックなデイリートートが新発売

image6
洗練されたアイテムの美しさを日常にも! 2014年に誕生後、独自の機能美を追求したアイテムが話題のアウトドアガレージブランド「sunsetclimax」。

発売後たちまち人気となったバッグ「GearBag」。今回その”快適な使いやすさ”を受け継いだデイリーユースモデル「Tote Bag」が新発売! メイドインジャパンにこだわり抜かれたアイテムは必見です。

品質に注目!sunsetclimaxが提案するトートバッグとは?

デイリーユースに!高強力・高耐久性

image4
White/White Beige、Black/Gold Beigeの4つのカラー展開の「Tote Bag」。White/White Beigeモデルの表地には、マリンスポーツにも使用される「TEIJINパワーリップ®」。Black/Gold Beigeモデルには、通常のナイロン素材より引き裂き強度が約5倍と言われる「2520デニール日本製バリスターナイロン」が採用されています。

どちらの素材も共通して高強力で耐久性に優れているので、通勤・通学にとガシガシ使えるアイテムになっていますね!

底面にはターポリン素材を使用しているので、荷物を置いたときに汚れても拭き取りやすく、メンテナンスしやすいのも嬉しいポイント。

安心の日本品質!

image5-1
素材だけでなく生産工程にも品質を保つ秘訣が! 「Tote Bag」を制作するのは、マウンテンギアやレスキューギアを主に製造する日本のメーカー「キャニオンワークス」が担当。確かな製造技術が必要なレスキューギアを作り続けてきたメーカーだからこその、信頼できる品質ですね。

また、機能面においてもアウトドアブランドならではの心遣いが散りばめられたバッグとなっています。詳細をチェックしていきましょう!

機能に注目!日常からアウトドアまで幅広くカバー

image1-1
バッグの中には嬉しい機能も! 500mlのペットボトルが固定できるクージーが付属されているということ。冷えたペットボトルを入れても、他の荷物に結露などの水滴が付きにくいので安心ですね。濡れた折り畳み傘など、バッグの中で立てて入れておきたいものもここへ。

また荷物が多くなった時にも、インナーが折り返しの蓋になっているので柔軟に対応できますよ。

image5
バッグの背面には、A4サイズのファイルもしっかり入るポケット付き。

image3
旅行のサブバッグとしても活躍できるよう下側のジッパーを開けると、キャリーバッグのハンドルに通し固定できるようになっています。一緒に持ち運ぶ際にも落下の心配がありませんね。

image7
飽きのこないスタンダードなデザインなので、家族でお揃いにするのもよさそうです。1泊2日の旅行であれば、このバッグがあればOK!

インナーには差し色のナイロン生地が使用されているので、お好みのカラーリングを見つけてくださいね! 品質の良さが伝わるバッグの美しさは、毎日に欠かせない一軍ギアになりますよ。

【Tote Bag – White / White Beige】
●表生地:TEIJINパワーリップ®
●裏生地:420デニールナイロン
●底部生地:ターポリン
●持ち手:ナイロンベルト
●サイズ:W:350mm×D:200mm×H:330mm
●重量:850g
●価格:21,600円(税込)
日本製
Tote Bag–Whiteのアイテムの詳細・購入ページはこちら
Tote Bag–White Beigeのアイテムの詳細・購入ページはこちら

【Tote Bag – Black / Gold Beige】
●表生地:2520デニール日本製バリスターナイロン
●裏生地:420デニールナイロン
●底部生地:ターポリン
●持ち手:ナイロンベルト
●サイズ:W:350mm×D:200mm×H:330mm
●重量:1,050g
●価格:21,600円(税込)
日本製
Tote Bag–Blackのアイテムの詳細・購入ページはこちら
Tote Bag-Gold Beigeのアイテムの詳細・購入ページはこちら

※画像の無断転載・複製を固く禁じます。

アイテム情報も満載!CAMP HACKトップはこちらCAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

関連する記事

image6
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE
 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!