コールマンのティピー型テント「エクスカーションティピー」を張ってみた!

CAMPHACK×LANTERNの連携記事企画!実践派アウトドアメディアサイトLANTERN編集部がセレクトした、キャンプギアや特集記事、キャンプ場記事をCAMPHACKで紹介します。


LANTERN編集部が設営してみた!

Lantern コールマン エクスカーションティピー
ティピー型テントと言えば、設営が簡単で収納サイズもコンパクト。ただし、雨の時は雨除けがなくテント内に雨水が入りやすいというデメリットも。そんなデメリットを解消するティピー型テント「エクスカーションティピー」。今回は3名~4名用の325を実際にLANTERN編集部が設営してみました。

エクスカーションティピー/325 製品詳細

【サイズ】
インナーサイズ:約 325×230×200(h)cm
収納時サイズ:約 φ16×60cm
重量:約 6kg
【素材】
フライ/75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU 防水、シームシール)
インナー/68Dポリエステルタフタ(撥水加工)
フロア/75Dポリエステルタフタ(PU 防水、シームシール)
ポール/(メイン)スチール約φ19mm (フロント)FRP 約 φ11mm
【耐水圧】
約 1,500mm(フロア:約 1,500mm)
【付属品】
付属品:ペグ、ロープ、収納ケース
※ハンマーは付属しておりません

定員:3~4人用
希望小売価格 19,800円(税別)

それでは設営してみましょう!

Lantern コールマン エクスカーションティピー
収納サイズは約6kgで肩に掛けたサイズ感はこのくらい。非常にコンパクトです。

Lantern コールマン エクスカーションティピー
中身は、フライシート、インナーテント、スチールのメインポール、FRP製のフロントポールが各1本。あとはペグ、ロープです。※ペグハンマーは付属しません。

Lantern コールマン エクスカーションティピー
まずは、インナーテントを広げます。今回は使用していませんが、別売りのグランドシートがあれば、下からの湿気をしっかりブロックできます。

Lantern コールマン エクスカーションティピー
対角線上にペグダウンしていきます。

Lantern コールマン エクスカーションティピー
ペグダウンする箇所はわずか6カ所。ティピー型テントにしては非常に少なくて楽ですね。

Lantern コールマン エクスカーションティピー
続いてメインポールを組み立てます。メインポールはスチール製でしっかりしていました。

Lantern コールマン エクスカーションティピー
インナーテントの中心にメインポールをセットします。

Lantern コールマン エクスカーションティピー
インナーテントの床面中心には、ポールを差し込むゴム製のストッパーが。これでしっかり固定されます。

Lantern コールマン エクスカーションティピー
続いてフライシートを被せます。

Lantern コールマン エクスカーションティピー
インナーテントのペグにフライシートについているゴム製のリングを引っかけます。

Lantern コールマン エクスカーションティピー
あとはフロント用のポールを組み立てて、入り口に前室を作ります。

Lantern コールマン エクスカーションティピー
フライシートの黄色いバンドからでているピンをフロントポールに差し込みます。

Lantern コールマン エクスカーションティピー
フライシートとフロントポールを面ファスナーで固定します。

Lantern コールマン エクスカーションティピー
前方と後方にある入り口部分をペグダウン、さらにガイドロープを付けペグダウンすれば完成です。

Lantern コールマン エクスカーションティピー
前室があるのでティピー型テントのような円すい形ではなく、前面がフロントポールで前に押し出されています。

Lantern コールマン エクスカーションティピー
入り口を開けるとこのように前室が。直接テント内に雨が吹き込むことを防いでくれますし、ちょっとした荷物置きスペースにもなりますね。

その他機能紹介

Lantern コールマン エクスカーションティピー
とんがり屋根にはベンチレーション用の小窓が3つ。

エクスカーションティピー
中から見るとこんな感じです。ファスナーで閉じたりメッシュにしたりと開閉ができます。

Lantern コールマン エクスカーションティピー
テント下部にもベンチレーション用のメッシュ窓が付いてます。下から上へ風が抜けるので、テント内の熱い空気を外へ逃がし、結露もしにくくしてくれます。

Lantern コールマン エクスカーションティピー
小物など入れるメッシュポケットも付いています。その他に、コード引き出し口、ランタンハンガー、ストームガードも付いています。

エクスカーションティピーには210という1~2人用のテントもあります。

エクスカーションティピー/210 製品詳細

Lantern コールマン エクスカーションティピー【サイズ】
インナーサイズ:約 210×150×170(h)cm
収納時サイズ:約 φ17×50cm
重量:約 4kg
【材質】
フライ/75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU 防水、シームシール)
インナー/68Dポリエステルタフタ(撥水加工)
フロア/75Dポリエステルタフタ(PU 防水、シームシール)
ポール/(メイン)スチール約φ19mm (フロント)FRP 約 φ9.5mm
【耐水圧】
約 1,500mm(フロア:約 1,500mm)
【付属品】
付属品:ペグ、ロープ、収納ケース
※ハンマーは付属しておりません

定員:1~2人用
希望小売価格 13,800円(税別)

編集部まとめ

設営が簡単なティピー型テント。インナーテントの形状を変え、フロントポールを追加することで前室を作りました。

結果、雨が吹き込みやすいという弱点を補いながら、設営の手間を多くするどころかペグダウンする箇所も少なく済んでしまうという、初心者やソロキャンパーにはとてもありがたいテントではないでしょうか。

お値段も手頃でナイスです。

【LANTERNのおすすめ関連記事】
編集長も愛用するティピーテント。人気のメーカー8社を紹介。設営が簡単で初心者にもおすすめ!
【ニュートラルアウトドア・GEテント】新ブランドのおしゃれテントと30人のグループキャンプ
人気のカマボコテント!3つの魅力と2017年の人気カマボコ型テント2+1を紹介
LANTERNはこちら

Lantern

キャンプ情報メディア「ランタン」は、現場で役立つキャンプ術、キャンプ用品のレビュー、アウトドア関連のイベント情報などをお届けします。独自取材の体験レポートやキャンプスタイル、地方の魅力を発信するコンテンツもお見逃しなく!

 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!