エアライズのメリット・デメリットと、匹敵する登山テントを紹介!

ARAIテントのエアライズ総合まとめ紹介!エアライズは登山において標準装備といっていいテントです。実際使ってみた方のメリットデメリットはあるのでしょうか?ほかに選択肢のテントも含めて、エアライズを総合紹介します!


出典:楽天

エアライズは登山テントのスタンダード!

エアライズ-1
出典:楽天
登山でよく目にするのは、登山用品を多数展開する”アライテント”ですよね。なかでもエアライズシリーズは、軽量かつ丈夫なので長年多くの人に支持されています。

エアライズは、通常3シーズンの使用をベースとしていますが、オプションを併せることで4シーズン対応できます。まずはエアライズの種類を見てみましょう!

【アライテント エアライズ2(2人用)】

エアライズシリーズの2人用テント。フライシートはテント全体を覆うフルフライタイプです。カラーは視認性の良いオレンジと、フィールドに溶け込みやすいフォレストグリーンの2色。「張り綱」「ペグ」「シームコート」「リペアチューブ(緊急フレーム補修用チューブ)」がセットになっています。
ITEM
アライテント エアライズ2(2人用)
●重量:1550g
●サイズ:設営時/間口130×奥行210×高さ105cm、収納時/本体30×15φcm、フレーム/38cm
●素 材:本体/28dnリップストップナイロン、フライ/30dnリップストップナイロンPUコーティング、シート/40dnナイロンタフタPUコーティング、フレーム/NSL9フェザーライト
登山を始めて3年、初めて、テントを購入しました。着荷後ワクワクしながら組み立ててみましたが、初めてでも驚くほど簡単にできました。 出典:楽天

【アライテン エアライズ1(1人用)】

1人用テント。他サイズと同様に、主要な縫製部分はすべて専用のシームシーリングテープで防水加工されています。またテントの強度を向上するための重要な張り綱も装備。
ITEM
アライテン エアライズ1(1人用)
●重量:1360g
●サイズ:設営時/間口100×奥行205×高さ100cm、収納時/本体29×14φcm、フレーム/38cm
●素材:本体/28dnリップストップナイロン、フライ/30dnリップストップナイロンPUコーティング、シート/40dnナイロンタフタPUコーティング、フレーム/NSL9フェザーライト
非常に軽くて小さく、組み立ても簡単です。湿度が高い日に多く使ったのですが、本体とフライシートに通気口が付いていますので、上手く使えば結露をかなり防げます。価格分の価値は十分あると思います。 出典:Amazon

アライテント エアライズ3(3人用)

3人用テント。オールシーズンにわたって快適に使用できるように冬用の保温用外張、カヤライズ、DXフライなど豊富なオプションが用意されています。多様なフィールドで快適に使用することができます。
ITEM
アライテント エアライズ3(3人用)
●重量:2070g
●サイズ:設営時/間口185×奥行220×高さ115cm、収納時/本体39×16φcm、フレーム/38cm
●素材:本体/28dnリップストップナイロン、フライ/30dnリップストップナイロンPUコーティング、シート/40dnナイロンタフタPUコーティング、フレーム/NSL9.6フェザーライト
記憶にあるのは15年前、家族で登山した時に初めて使用。その後素材に変更があり、僅かに軽量化されたけど基本設計は変わらない。その為フレームやフライなど、必要な所だけ購入できる。これって凄いこと !使用後はメンテをしっかりとやって(完全に乾かす)大事に使っているので、未だに現役だ。 出典:Amazon

エアライズ使用者が語るメリット・デメリットは?

エアライズのメリットは?

なんといっても信頼性が違います。商品来てすぐ、五色ヶ原でテン泊してきましたが、設営、撤収が早く出来ました。グラウンドシートもいい感じです。全く結露、しみ込みがなかったので。9月下旬です。(出典:楽天

先日は犬連れキャンプで使用。悪天候が予想されたのでオートキャンプ用のテントではなく、こちらを持って行ったが正解だった。おそらく、オートキャンプ用のテントでは無理と思える暴風雨の中、僅かな雨漏りだけで乗り切り、山岳テントの実力を再認識。(出典:Amazon)

エアライズにそもそもデメリットはある?

問題があるとすれば、アライ、エスパース、ダンロップ、パイネ(製造はアライです)が山岳テントの多くのシェアを占めているため、シーズン中の人気山岳のテン場では自分のテントと他人のテントが判らなくなることぐらいでしょうかね。(出典:Amazon

購入時にシームコートを自分で塗らないといけない点が不満点として挙がりやすいのですが、よっぽどの雨量でない限りは不要です。私は悪天候は縦走しないので特に気になりませんが、逆に言うと悪天候時でも強行する方にとっては難点かもしれません。まぁそれでも一度塗れば終わりですが。(出典:Amazon

エアライズの総合評価は…?

エアライズはまず設営が簡単です。山でのテント泊は、どんな場所やどんな天候の下で設営するのか、そのとき次第。そんな環境の中、フレームをスリーブに通すだけなのでスピーディで簡単に設営できます。また軽量でコンパクトなので、初心者や女性でも問題ありませんね。

季節に合わせたオプションが用意されているのもポイントで、真夏には涼しく風通しの良いフルメッシュのカヤライズ、雪山用の保温用フライなど、オールシーズン快適に過ごす事が可能です。

主要な縫製部分はシームシーリングテープで防水加工されており、雨の時でも安心。
しかし、これらの機能で人気のテントなので、ほかの人と被ってしまうことは多いでしょう。人と被ってしまうのが嫌だという方は、ほかの高性能のテントを選んでくださいね。

エアライズのサイズの選び方は?

エアライズ-2
出典:楽天
軽量であることを重視する方は、使用人数に対応したモデルを使用しましょう。
しかし、荷物をテント内に入れると少し窮屈に感じるかもしれません。基本的には使用人数のワンサイズ上を使用するのが快適でおすすめです。

エアライズに匹敵する登山テントも存在する!

%e3%83%80%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%83%e3%83%97
出典:Amazon
初めての登山テントを選ぶ際に、間違いないのはエアライズですね。でも、エアライズはとても人気なので、他の登山者と被ってしまうことも多いと思います。被ってしまうことが気になる方は、他社製のテントも見てみましょう!

【モンベル ステラリッジ テント2 本体】

多くの登山家やアウトドア愛好家から支持され続けてきた「ステラリッジテント」。フライシートは別売りですが、開口部ジッパーは上下両方から開けることができるため、外の様子を確認したいときも全開にする必要がありません。インナーポケット付きで、小物の収納にも便利。
ITEM
モンベル ステラリッジ テント2 本体
●インナーサイズ:全高105×幅130cm(間口95cm)×奥行210cm
●収納サイズ:本体/約径14×約31cm、ポールバッグ/約径5×約41cm
●総重量:1.61kg
●素材:本体/30dnバリスティックナイロン・リップストップ(通気撥水加工、難燃加工)、フロア/30dnバリスティックナイロン・リップストップ(耐水圧1,500mmウレタンコーティング)、ポール/7001超々ジュラルミン(アルマイト酸化皮膜加工)

【ニーモ タニLS 2P】

優れたベンチレーション機能や広い内部空間を保ちながら十分な強度と軽量化を実現。シンプルなつり上げ式なので、迷うことなくスピーディに設営することができます。新タイプのコーナーアンカーで、雨天時にはフットプリントとフライシートのみでセットアップし、その後インナーテントを設営することも可能です。
ITEM
ニーモ タニLS 2P
●インナーサイズ:フロア/2.8㎡、前室面積/0.9㎡、室内最大高/104cm
●総重量:1.23kg
●素材:本体/20Dナイロン・メッシュ、フライ/15dnPUナイロン、フロア/20dnPUナイロン
何と言っても軽量です。また,設営も非常に簡単で,女性一人でも可能です(ポールを固定するときに,とても力の必要な製品がありますからね)。ポールも定評のあるメーカーのものを使用しており,剛性も高いと思います。 出典:Amazon

【ダンロップ VS20テント】

ヒマラヤ登頂のために完成されたVシリーズの機能を受け継いだテント。耐久性を重視しつつ、シンプルで軽量、コンパクトを追及し、オールシーズン対応できます。吊り下げ式で、センターハブ付きポールをセットし、スクリューフックを架ければ簡単に設営できます。
ITEM
ダンロップ VS20テント
●インナーサイズ:205×120×100cm
●収納サイズ:本体/25×15cm、ポール/37×5.4cm
●総重量:1.69kg
●素材:フライシート/30dnポリエステルリップ(PU防水加工)、インナーテント/30dnポリエステルリップ(通気撥水加工)、グランドシート/75dnポリエステルタフタ(PU防水加工)、ポール/DAC-7001S 超ジュラルミン、張り綱/テクノーラ(アラミド繊維)
組み立ても簡単で満足しました。夕方に雷雨の激しい雨が降ってきて、いつの間にか床の下は川の様に水がチャポチャポ流れていましたがテント内には浸水がなく、まるでウオーターベットの様でした。二日目も同じ状態になりましたが、浸水なしです! 出典:Amazon

【プロモンテ VL26テント】

モデルチェンジしたVLシリーズの新モデルテント。過去の修理依頼を分析し、弱点を改善。強度は変わらず、本体の素材と入口の仕様、フライシートもカラーを変更。本体パネルを10デニールのごく薄生地にし、本体ボトムはリップストップ地を使用して破れにくくなりました。
ITEM
プロモンテ VL26テント
●インナーサイズ:間口205×高さ100×奥行120cm
●収納サイズ:本体/径15×25cm、フレーム/径5.4×37cm
●総重量:1.55kg
●素材:フライシート/20dnポリエステルリップ(ポリウレタン防水加工)、インナーテント/10dnナイロンリップ(通気撥水加工)、グランドシート/30dnポリエステルリップ(ポリウレタン防水加工)、ポール/DAC-7001S、張り綱/テクノーラ(アラミド)
性能はいろいろ検討した結果、自分の思うトレッキングにぴったりと思いました。この広さで1.5kg程度でダブルウォール。ばっちりです。 出典:楽天

【スノーピーク テントファル2】

軽量化にこだわったテント。2人用でも、十分な広さがあります、山岳テントとしては珍しく入口がふたつあるため、通気性は抜群で使い勝手◎。もちろん入口は密閉が出来るので、春先や秋でも寒くはありません。
ITEM
スノーピーク テントファル2
●インナーサイズ:幅128×奥行205×高さ100cm
●収納サイズ:本体/径17×33cm、フレーム/11×50cm
●総重量:1.70kg
●素材:フライシート/20dnシリコンポリエステルミニリップストップPUコーティング(耐水圧1,500mm)、インナーウォール/20dnポリエステルミニリップストップ、ボトム/30dnナイロンリップストップPUコーティング(耐水圧1,500mm)、フレーム/ジュラルミンA7001
期待通りで買ってよかったです。女性ですが、組み立て簡単で大人2人でも荷物置ける余裕もあります。 出典:Amazon

迷ったらエアライズで安心!

エアライズ-3
出典:楽天
エアライズは、登山のテント泊に安心のテントです。軽量でコンパクトなので、体力にまだ自信のない方や女性でも安心。何を買ったらよいか迷っている方は、エアライズを選んでおけばまず間違いなし!

ただ他の人と被ってしまうこともあるので、そこが気にならない方はおすすめですよ。

Peace of mind in AIR RAIZ

エアライズで安心!

 

紹介されたアイテム

アライテント エアライズ2(2人用)

アライテント エアライズ2(2人用)

¥47,520 税込

アライテン エアライズ1(1人用)

アライテン エアライズ1(1人用)

¥42,120 税込

アライテント エアライズ3(3人用)

アライテント エアライズ3(3人用)

¥58,860 税込

モンベル ステラリッジ テント2 本体

モンベル ステラリッジ テント2 本体

¥31,536 税込

ニーモ タニLS 2P

ニーモ タニLS 2P

¥61,560 税込

ダンロップ VS20テント

ダンロップ VS20テント

¥42,120 税込

プロモンテ VL26テント

プロモンテ VL26テント

¥47,800 税込

スノーピーク テントファル2

スノーピーク テントファル2

¥50,544 税込

関連する記事

エアライズ-3
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
maya

山が好き、車旅が好き、節約が好き! 旅費節約のためにテント泊を始め、キャンプの楽しさを知る。のんびりキャンプが大好物。快適空間を作るためのギアが少しずつ増え、日々キャンプレベル向上中。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE
 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!