【CAMP HACK】日本最大級のキャンプ・アウトドア・ニュースマガジン - キャンプハック


全パパママ必見。経験者が教える『ボーイスカウトで教わる10のこと』

0

キャンプ好き、そして自然で生きるチカラを備えたリーダーシップに溢れた子どもに育ってほしい!そんな願いを持っているパパママたちも多いのでは?そこでおすすめなのが「ボーイスカウト」。今回、実際の経験者がボーイスカウトについて教えますよ。

midori


アイキャッチ画像出典:ボーイスカウト日本連盟Facebook

経験者が教える、ボーイスカウトのこと

ボーイスカウト よく耳にしたり見かけたりすることがあるボーイスカウトですが、実際にはどんな活動をしていて、何が良いのかよく知らない人もいるのではないでしょうか?

筆者はガールスカウト出身ですが、教わったこと、経験は今でも大いに役に立っています。その経験を踏まえ、今回はボーイスカウトについてご紹介します。

そもそもボーイスカウトって何?

ボーイスカウトは世界的な青少年運動のことで、野外活動などを通し社会で活躍する人を育てることを目的としています。

1907年、アウトドアの達人であるベーデン・パウエル氏が、青少年育成のためにイギリスの小さな島で20人の子供達とキャンプを行ったことが始まりで、現在では世界169の国と地域で約4,000万人が加盟しています。

何歳から加入できるの?

ボーイスカウトでは年齢に合わせた教育プログラムを行うために、5つの部門に分けられています。

●小学1年生~小学2年生:ビーバースカウト(小学校就学前の1月から仮入隊可)
友達と仲良く遊び、自然とふれあい、様々なことにチャレンジします。

●小学3年生~小学5年生:カブスカウト
自立心を育てるため、自分で考えて行動し、自分のことは自分でします。

●小学6年生~中学3年生:ボーイスカウト
リーダーシップ、協調性、社会性を養います。積極的な奉仕活動を通し、人の役に立つことの大切さを学びます。

●中学3年生9月~高校3年生:ベンチャースカウト
自分たちの興味に沿って活動計画を立て、報告発表し、成功に対してはアワードが贈られます。協調性、リーダーシップを養います。

●18歳9月〜25歳:ローバースカウト
ボーイスカウトの教育の最終段階で、より自主性に基づいた活動を行います。18歳以上になると指導者として参加することができます。

女の子でもボーイスカウトに加入できるの?

1995年から女の子でも女性リーダーがいる場合、ボーイスカウトに入団することが可能になりました。活動内容は男の子と同じ!

少し抵抗がある場合は、ガールスカウトへの入団もおすすめです。女の子専用に編成された活動内容となっています。

ボーイスカウト出身者がすごい!?

宮川大輔 某テレビ番組でボーイスカウト出身の芸人が集まって、その魅力を語り合っていました。この時出演していた芸人以外にも、ボーイスカウト出身の有名人はたくさんいるのでご紹介します。

関連記事