コロンビアのリュックが使える!アウトドアに持っていきたい12選

コロンビア(Columbia)は、70年以上続く老舗のアウトドアブランド。デザインやカラーリングが豊富で、日常使いができるアイテムも数多く展開しています。今回はキャンプや登山など、アウトドアで活躍するコロンビアリュックを容量別に紹介します。


アイキャッチ出典:楽天

コロンビア(Columbia)ってどんなブランド?

コロンビアのリュックで通学する学生
出典:楽天
1938年、アメリカ・オレゴン州で創設されたコロンビアは、当初からスポーツウェアブランドとして発展してきました。途中、存続の危機に直面しながらも、画期的でオリジナリティあふれる商品を発売し、現在まで約80年もの歴史がある老舗ブランドです。

コロンビアからリリースされているリュックは、タウンユースできるものから本格的なアウトドア向けのバックパックまで幅広く展開。リュックひとつに込められたテクノロジーや機能性はもちろん、目に生えるカラーやプリントのデザインが多いのも特徴のひとつです。実用性に優れ、個性豊かなコロンビアのリュックをご紹介します。

コロンビアの新作リュックは「X-LARGE」とのコラボ

コロンビアとX-LARGEのコラボリュック ストリートブランド「X-LARGE(エキストララージ)」とコロンビアのコラボレーションが実現。普段使いできるうえ、容量も28Lあり、ちょっとしたアウトドアでの使用も可能です。コロンビアの定評ある機能性はそのままに、エキストララージのファッション性も兼ね備えた使えるリュックです。

【X-LARGE×Colombia】GRAND BAY SP XL BACKPACK

黒地にホワイトで刺繍されたエキストララージのロゴがポイント。逆J型にファスナーが開口し、中身も取り出しやすい設計となっています。ノートPCの収納も可能。

ITEM
XLARGE×Columbia GRAND BAY SP XL BACKPACK
●容量:28リットル
●素材:ポリエステル100%
●サイズ:高さ52×幅25×マチ19(cm)
●カラー:ブラック

【24L以下】コロンビアのアウトドアリュック4選

まずは容量24リットル以下、普段使いがメインのリュックをご紹介。この容量は大人はもちろん、お子さま用としても使えるアイテムです。コロンビアのリュックにはお子さまに持たせても安心な機能も搭載、充実しています。

リフレクター付き、夜道でも安全!《エステスマウンテン》

リフレクター搭載、夜道でも安心なリュック。A4サイズが収納できるので、折り目を付けずに持ち運びができます。また、メッシュのサイドポケットが付いており収納性にも優れています。

ITEM
【Colombia】 ESTES MOUNTAIN 12L
●容量:12リットル
●素材:ポリエステル
●サイズ:高さ34.5×横幅24.5×マチ8.5(cm)
●カラー:3色

大きいかなと思いましたが、胸の前で止められる様になっていて、3歳の孫でも大丈夫でした。イエローの色が、写真で見るよりちょっとくすんでいて、もう少し明るい色だと良かったなと思いました。でも息子夫婦にも喜んでもらえ良かったです。


おしゃれな柄で荷物もしっかり収納できる《プライスストリーム》

色鮮やかでおしゃれなプリントが特徴的なキッズ用バックパック。夜間でも安心なリフレクター機能や本体内部のポケットも充実しており、使い勝手の良いリュックです。

ITEM
【Columbia】PRICE STREAM 13L
●容量:13リットル
●素材:ポリエステル
●サイズ:高さ35×横幅25×マチ11(cm)
●カラー:3色

大人から子どもまで使える《プライスストリーム スクエア》

容量20リットル、大人も子どもも使えるバックパック。雨や泥をはじくオムニシールド加工を施しており、背面は蒸れにくいメッシュ状の生地を採用しています。

ITEM
Columbia プライスストリームスクエア
●素材:ポリエステル
●サイズ:高さ42cm×横幅29cm×マチ16cm
●容量:20L

使い勝手のよいコンパクトなバックパック《ハインズ スパイア パッカブル》

本格的なバックパックタイプですが、容量は使い勝手のよい21リットルとコンパクトサイズ。重量も軽量なので、持ち運びにも便利です。

ITEM
【Columbia】 Hines Spire Packable Backpack 21L
●容量:21リットル
●素材:ナイロン
●サイズ:高さ39.5×横幅26×マチ15.5(cm)
●カラー:1色

コロンビアネイビーの色が気に入りました。折りたたんでコンパクトに持ち運べるので不意の荷物にも便利です。パッカブルとあって軽いのもいいですね。


【25L以上】コロンビアのアウトドアリュック4選

容量25リットル以上のリュックは普段使いはもちろん、ちょっとしたアウトドアまで対応できる大きさ。普段持ち歩く荷物が多めの方にはちょうどよい容量でしょう。また1泊くらいの泊りや日帰りのアウトドアなど非常に重宝します。

トレッキングにも適した本格仕様《キャッスルロック》

ダブルジッパーで大きく開く開口部、小物収納に便利なポケット機能も搭載しており非常に使い勝手のよいバックパック。落ち着いたマルチカラーで、6色展開です。

ITEM
【Colombia】CASTLE ROCK 25L
●容量:25リットル
●素材:ポリエステル
●サイズ:高さ46×横幅28×マチ19(cm)
●カラー:6色

背中が当たる面はただメッシュというだけでなく湿気を逃がしやすい形状になっていて、さらに底板ならぬ背板?(カバン内部から見た背中の当たる部分)がかなりしっかりしていました。レインカバー付きで軽くて重宝しそうです。良い品だと思います。


PC、タブレットスリーブ搭載《トゥモローヒル》

PC用とタブレット用のスリーブを搭載したタウンユース向けのバックパック。フロント部分にプリントされたコロンビアロゴにはリフレクタープリントを採用しており、機能性も充実。

ITEM
【Columbia】 Tomorrow Hill Backpack 25L
●容量:25リットル
●素材:ポリエステル、ナイロン
●サイズ:高さ52×横幅28×マチ18(cm)
●カラー:3色

使いやすくて満足出来た。上部にあるポケットがとくに使い易いし、背負っても身体にしっくりきてる。


コロンビア独自の撥水テクノロジー搭載《サードブラフ EX》

オムニシールド加工が施されたバックパックで、撥水・防汚なうえに止水ファスナーも搭載。ウィンタースポーツのシーンでも活躍してくれます。

ITEM
【Colombia】THIRD BLUFF EX BACKPACK 25L
●容量:25リットル
●素材:ポリエステル
●サイズ:高さ51×横幅30×マチ17(cm)
●カラー:2色

スクエアタイプのスマートなデザイン《サードブラフ 28L》

28リットルの大容量なので、収納力は抜群。オムニシールド加工を採用しており、急な雨や汚れからも守ってくれます。スクエア型のシンプルなデザインなので活躍の幅も広がりますね。

ITEM
【Columbia】Third Bluff 28L
●容量:28リットル
●素材:ポリエステル
●サイズ:高さ50×横幅28×マチ19(cm)
●カラー:10色

形状が四角く、A3が余裕で入ります。A3書類や図面を持ち運ぶ方にはぴったりです。ただポケットは最小限なので星4つで。


【30L以上】コロンビアのアウトドアリュック4選

30リットル以上の容量があるリュックは主に登山などのアウトドア向けになりますが、通学などの普段使いにもおすすめです。日帰りの登山などのアウトドアシーンでも大活躍してくれます。

快適な背負い心地のショルダーハーネス搭載《ワンダーウェスト》

シンプルなデザインで幅広いシーンで使える30リットル容量のバックパック。長時間背負っても快適さを保ってくれるショルダーハーネスは通気性も抜群です。

ITEM
【Columbia】Wonder West 30L Backpack
●容量:30リットル
●素材:ポリエステル、ナイロン
●サイズ:高さ52×横幅29.5×マチ17(cm)
●カラー:3色

夫の日帰り登山用に購入しました。過不足ない大きさでシンプルな形が使い易いです。背中が密着して熱くなるのを心配しましたが、適度に背中から浮く感じでした。色も良いですし、夫も気に入っています。


ポケット多数で収納力◎《ブルーリッジマウンテン》

フロントのカンガルーポケットやボトムの大型ファスナーポケット、内部のポケットなどポケット機能が充実したバックパック。レインカバーも付いているので本格的なアウトドアにもおすすめです。

ITEM
【Colombia】Blueridge Mountains 30L Backpack
●容量:30リットル
●素材:ポリエステル
●サイズ:高さ51.5×横幅29×マチ20(cm)
●カラー:6色

少し重いかな?でもしっかりしてる分荷物の重さを感じずに背負えます。


シンプルながら個性的なデザインが特徴《スチュアートコーン》

等高線が描かれたブラック、デニムを基調としたブルー、エスニック柄のネイビーの3パターン展開。個性的なデザインを求めている方にはおすすめのバックパックです。

ITEM
【Colombia】STUART CONE 30L Backpack
●容量:30リットル
●素材:ポリエステル
●サイズ:高さ58×横幅28×マチ18(cm)
●カラー:3パターン

色、軽さ、大きさがとてもよかったです。欲を言えば、荷物が少ない時用に中に仕切りや、ペットボトルを入れるメッシュポケットみたいなのがあれば完璧でした。


ハイドレーションシステム搭載の本格派向け《イーティーオーピーク》

小屋泊まりの登山などに使えるバックパック。容量調節が可能で、ハイドレーションシステムも兼ね備えた本格派向けです。雨蓋は容量調節が可能な上下可動式。

ITEM
【Columbia】ETO Peak 35L Backpack
●容量:30~35リットル
●素材:ナイロン
●サイズ:高さ60×横幅27×マチ20.5(cm)
●カラー:3色

コロンビアだけじゃない!一緒にチェックすべきブランド3選

ここまでコロンビアに絞って紹介をしてきました。しかしリュックを買おうとしているなら、コロンビアに限らずチェックしてほしいアウトドアブランドをご紹介。コロンビアと比較して解説しますので参考にしてくださいね。

少し割高、だけどオシャレ!THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)

ノースフェイスのBCヒューズボックス ザ・ノースフェイスはアウトドア用品を展開してきたブランド。世界で初めてドーム型のテントを開発するなど、アウトドアのジャンルでは幅広く商品をリリースしています。リュックに関しては容量や耐久性を追求し、ラフに使えるものを提案。代表的なモデルは「ホットショット」シリーズやボックス型のシルエットが特徴的な「BCヒューズボックス」シリーズ。デザインやカラーリングが非常におしゃれなモデルが豊富です。

ノースフェイスの「BCヒューズボックス」は30リットルの容量で大体11000円から販売されています。一方コロンビアの30リットル容量の「ワンダーウェスト」は大体9000円からの販売。ノースフェイスは少々割高です。

リュック好きはぜひチェック!GREGORY(グレゴリー)

グレゴリーのリュックを背負った男性
出典:GREGORY
グレゴリーは創業当時からリュックやバックパックに特化して進化してきたブランド。リュックと言ったら外せないブランドとも言えます。グレゴリーの大定番と言えば「デイパック」シリーズ。カラーやプリントの種類も豊富で普段使いに着目して改良されたモデルです。

グレゴリーの「デイパック」は大体10000円台から販売されており、コロンビアの25L容量「キャッスルロック」と比べてみると大体8000円台からと、グレゴリーは少しお高めになっています。しかしリュックに特化してきたグレゴリーの品質は間違いありません。

高い……だけど機能性&デザイン文句なし!Patagonia(パタゴニア)

パタゴニアのリュックを背負った男性
出典:Patagonia
パタゴニアはアウトドアウェアから展開したブランド。アパレルのイメージが強いパタゴニアですが、アウトドアに関連するアイテムを数多くリリースしています。なかでもリュックやバックパックは積み上げてきたノウハウが生かされた高品質なものばかり。また、カラーリングは目に映えるものが多いのも特徴的です。

パタゴニアのリュックで代表的なモデルは「アーバー・パック」シリーズ。26リットルの容量があり、価格は13000円台から。コロンビアの28リットル容量「サードブラフ」は9000円台からと、容量が2リットル多くてもパタゴニアはお高め設定。予算に余裕のある方はじっくり見てほしいのがパタゴニアのリュックです。

幅広い容量とデザイン・カラーリング展開が豊富なコロンビア

コロンビアのリュックを背負った男性
出典:楽天
アウトドアブランドとして長い歴史を誇るコロンビア。培われた技術やノウハウがぎゅっと詰まったリュックは使いやすいと定評があります。また、他ブランドとのコラボレーションも非常に多く、今後も目が離せないブランドと言ってもよいでしょう。用途に合わせて選べる容量と、個性的なカラーリングやデザインのリュック・パックが豊富にラインナップされています。そのなかから、自分にぴったり合うものを見つけていろいろな場所へ出かけてみてくださいね!

 

Let’s go to various places with Columbia’s backpack

コロンビアのリュックとともにいろいろな場所へ出かけよう!

関連する記事

3つに並んだコロンビアのリュック
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
ryo

アウトドア派の父の影響を受け、幼い頃からキャンプやスキーに親しむ。大人になってもアウトドア好きは変わらず、自然あふれる南の島へ移住。暇があれば海でシュノーケル、写真を撮ることが趣味のアラサー女子です。

公式プロライター

  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ

キャンプスタイル写真

     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!