犬とキャンプを安心&楽しく過ごすための注意点とポイントまとめ

犬とキャンプへ出かける際は、さまざまなことに注意が必要です。そこで、愛犬とキャンプを安心&楽しく過ごすためのポイントを紹介します。マナーやキャンプ場の選び方、夏キャンプの注意点、犬が快適に過ごせる方法など情報満載でお届け!


アイキャッチ画像出典 : RUFFWEAR

愛犬と一緒にキャンプを楽しむためには

今年こそは愛犬と一緒にキャンプを楽しんでみませんか?大好きな飼い主さんと一緒にアウトドアで過ごす時間はワンちゃんもきっと楽しいはずです!

しかし愛犬とキャンプを楽しむためには、いくつか気をつけたいことがあります。こちらの記事では愛犬とキャンプを楽しむためのポイントを紹介します。

キャンプに行く時期を考える

春夏秋冬いつの時期でも愛犬と一緒にキャンプを楽しめますが、夏はちょっと要注意。「暑さ」「人」「虫」の3点にとくに注意しましょう。

暑さに注意!
ご存じの通り犬は暑さが苦手です。キャンプ場によってはサイトに日陰がないところもあるので、タープなどで日陰を作り、直射日光が当たらないよう工夫しましょう。



夏のキャンプ場は人が多い!

夏のキャンプ場はいつもより多くの人が利用しています。そんな中のキャンプでは犬も落ち着きませんし、キャンパーの中には犬嫌いの人も当然います。犬が過ごしやすいよう配慮するとともに、ほかの利用者の迷惑にならないよう心がけましょう。

夏のフィールドには害虫がいっぱい!
アウトドアフィールドはフィラリアを媒介する蚊のほか、ダニやノミも生息しています。出かける前にフィラリア予防薬を必ず飲む、ダニやノミの駆除薬を投与しておく、犬にも使える虫除けスプレーなどを用意して愛犬を害虫から守りましょう。

犬と楽しくキャンプできるキャンプ場選び

キャンプ場は「ペット不可」「ペットOK」「ペット歓迎」の3タイプに分けられます。「ペット不可」のところは当然キャンプへ連れて行くことはできません。「ペットOK」のキャンプ場は、連れてきてもいいけれど、いろいろ条件がありますよ、というスタンスです。なかには場内のお散歩禁止というキャンプ場もありますので、予約時に確認しておきましょう。



おすすめは「ペット歓迎」キャンプ場!


ドッグランを走る犬
出典 : 八ヶ岳わんわんパラダイス

ペットキャンプ初心者におすすめしたいのは「ペット歓迎」のキャンプ場です。このタイプのキャンプ場は犬専用の設備が備えられていたり、利用しているキャンパーも犬連れが多かったりと、何かと犬連れキャンパーにやさしい環境になっています。

また愛犬と宿泊するなら、ドッグランが付いたサイトやコテージがおすすめ。宿泊エリアが柵で囲われていて、ノーリードで過ごすことができるのです。ワンちゃんも自然の中を走り回れるので、のびのび過ごせますよ。

キャンプ場内での過ごし方

では実際にキャンプに出かけた際、どのような点に注意して愛犬と過ごせばいいのでしょうか?場内での基本的なマナーを紹介します!

場内をお散歩するときは…

キャンプ場内を犬と散歩
出典 : National Trust

もちろんリードは必携です。リードを1mほどにし、自分の脇を歩かせるようにしましょう。もちろん人のサイトに進入するのはNGです。おしっこをしてしまった場所には水をかけるなど、日常で行っているマナーもお忘れなく。

無駄吠えに注意!

ペット連れではないキャンパーが最も気になってしまうのが犬の吠える声。ほかの利用者の迷惑にならないよう、無駄吠えの元となる行為は控えましょう。

よくあるのが犬だけをサイトに残して出かけてしまうという行為。犬は不安を感じて吠え続けてしまうことも。出かける時は犬も一緒に、がマナーです。

ペット入場不可のエリアには入らない!

ペット入場不可
出典 : HARDIN-SIMMONS UNIVERSITY

キャンプ場にはペット入場不可のエリアがあります。チェックインの際にきちんと確認して、入場不可のところには入らないようにしましょう。主に管理棟、炊事棟などの共用エリアは入場不可のところが多いようです。多くの人が利用するエリアなので気をつけたいですね。


犬も人も安心なキャンプサイトでの過ごし方

犬はもちろん、人間も安心してキャンプサイトで過ごせるようひと工夫してみましょう。こちらでは犬連れキャンプの安心・快適なサイト作りの基本を紹介します!

犬が落ち着ける場所を作ろう!

犬がリラックスできる場所
出典 : RUFFWEAR

まずは犬が落ち着ける場所作りを。人通りが少なく、飼い主の顔を確認できるところがベストです。いつも使用しているゲージやタオルなど、犬が落ち着けるものを使用すると安心感も高まります。

係留は専用アイテムを使ってしっかりと!
犬をきちんと係留する
出典 : Trend Hunter

係留する際は、専用の道具などを使ってしっかりと。テーブルやチェアの脚、テントやタープのポールに繋いでしまうと、犬の動きで倒壊してしまう恐れもあります。同じく火を使うキッチンからは離しておきましょう。

長く頑丈なペグとカラビナを使ってドッグアンカーを自作するのも手ですが、犬の力に負けないように工夫しましょう。

就寝時は犬の近くに

就寝は犬の近くで
出典 : LLC llama2boot

眠るときはテント内やテントの前室などに入れ、犬が安心して眠れるようにしてあげましょう。夜は野生動物が近づくこともあるので、外につなぎっぱなしはNG。慣れている犬の場合は、車の中を就寝場所にしてもいいですね。ただし車内が暑くならない冬の時期に限ります。

犬も飼い主も安心で楽しいキャンプを!

愛犬とのキャンプは楽しいものです。いろいろと注意点はありますが、安心してフィールドで過ごすためにも今回紹介したポイントを心がけてみてくださいね。また「誰もが犬好きというわけではない」ということもお忘れなく。

自然たっぷりのフィールドで過ごせるキャンプは愛犬もうれしいはず。一緒に安心、楽しいキャンプを楽しみましょう!

Camping With Dogs!

愛犬と一緒にキャンプを楽しもう!

関連する記事

s3284214
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • 長谷部 雅一
  • SAM & 沖田雅生
  • 八幡 暁
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE
 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!