CAMP HACK[キャンプハック]


2018年ロゴス展示会

2018年ロゴスのニューアイテム展示会速報!あの定番焚火台がさらに進化!!

0

ロゴス2018年新製品速報!毎年たくさんの新製品を発表するロゴス。2018年は250以上の新製品をリリース予定です!はたして紹介しきれるのか!?というボリュームの魅力満載の新商品たちをお見せします!

CAMP HACK編集部


※今回紹介しているアイテムは開発中のものであり、仕様や価格、発売日が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

※全て税抜き価格で表記しております。

ロゴスの展示会は驚きの連続!

ロゴスの展示会
2017年9月上旬、ロゴスの展示会に行ってまいりました! この時期はどのアウトドアブランドも展示会を催しており、アウトドアメーカーは2018年の準備を着々と進めております。

一日の間で、展示会をハシゴすることも多々あり……疲労は隠せません。しかし、ロゴスの展示会はそんな疲れを吹き飛ばす内容になっていました!

なんと新商品は250点以上!

そうなんです。数がとんでもないことになっています。もちろん、数だけではないんです。ユーザーのことを真摯に考えた「MAJIME(マジメ)LOGOS」と銘打って、かゆいところに手が届き、こんなの欲しかった! と言いたくなるようなアイテムたちのラインナップでした。

今回は数ある新作の中でも、気になったところを一部紹介します。さあそれでは、ロゴスの本気を見ていきましょう!

アップデートされたバーベキューグリル「eco-logosave」

eco-logosave チューブグリルプラスL

eco-logosave
一見普通のバーベキューグリルにも見える「eco-logosaveシリーズ」はよくよく見ていくと、非常に考えられた使い勝手のいいグリルたちでした!

eco-logosave
炭というのは、床についた状態だと燃焼効率が落ちるんです。それを考慮して底網が付属されていて、炭が底上げされる状態になります。側部には空気穴が開いており、空気が底から入り込んで、燃焼効率がアップ。さらに、この逆台形型にも秘密があって、炭が少なくても使える仕様になっています。

そして、筆者が一番嬉しいポイントと思ったのが、このアルミのカバー。これはお掃除らくちんカバーといって、付属品でもあるし、別売りでも用意されるそうです。バーベキューを何度もしていると、油汚れや焦げ付きがグリルに付着して、ベトベトしたものになってしまいますよね。それを回避するのがこのシート。汚れたら取り換えられるし、いつでも大切なバーベキューグリル本体を清潔に保つことができます!

BBQお掃除らくちんカバーL(2PCS)630円と財布にやさしい価格なのも、嬉しいポイント。バーベキューグリル本体はOPEN価格です。

関連記事