CAMP HACK[キャンプハック]


豪雨にも余裕で耐えられる!?傘ブランド「ユーロシルム」がキャンプでも大活躍

0


  1. 滑りにくい「高密度EVAハードフォーム」製のグリップ

ユーロシルムの傘のグリップ ユーロシルムの傘の特徴として、グリップの素材が他のものと異なることが挙げられます。このEVAハードフォームは、衝撃吸収性素材として靴やPCケースなどで使われています。

ユーロシルムでは、これを高密度化することで、ソフトな触り心地はそのままに強度を高めました。手が濡れても傘が滑り落ちないようになっているのもうれしいポイントです。
  1. 耐水性に優れたデュポン社製の「撥水テフロン加工」

ユーロシルムの傘 耐久性のあるフレームにくわえ、強い雨にも耐えられるキャノピー(天蓋)にも注目。折りたたみ式の傘には、デュポン社が提供する撥水加工を施し、強い雨でも防ぐことができます。

グリップエンドに「コンパス」が内蔵

ユーロシルムの傘のグリップエンド アウトドアシーンでも使えるように設計されているユーロシルムの傘には、グリップエンドにコンパスが内蔵されているシリーズがあります。底を天井に向ければ、方向がわかるということなんです!

収納袋に「カラビナ」が付属

ユーロシルムの傘の収納袋 カバンから傘を取り出しするのは面倒と思っている人も多いと思います。

ユーロシルムの収納袋には、そんな手間をかけさせないようにカラビナが付属。ウエストやバッグの紐にかければ、手軽に傘が取り出しできますよ!

ところで、「ユーロシルム」とはどんなブランド?

ユーロシルムの傘 そんな頑丈でデザインにもすぐれたユーロシルムは、1919年にドイツで創業したアンブレラメーカー「エベルハルト・ゲーベル(EBERHARD GOBEL)社」が手がけるオリジナルブランド。

90余年の歴史をもつファミリー企業で、素材選びからデザイン開発まで徹底した職人気質の姿勢でモノ作りをしています。

ユーロシルムの定番&人気製品

ここで、ユーロシルムからどんな傘が販売されているのか、代表的なアイテムをご紹介します。

スイング ライトフレックス

スイング ライトフレックス ユーロシルムの定番アンブレラ。長さ64cmにして重量は207g! 折りたたみ傘よりも軽いのがポイントです。

グラスファイバーのフレームはよくしなり、風を受けても折れない設計になっています。肩がけできるストラップもあり。

ユーロシルム スイングライトフレックス


DAiNTYオートマチック

DAiNTYオートマチック 人気の高い自動開閉機能がついた折りたたみ傘。片手で簡単にオープン・クローズすることができます。収納すると、22cmと手のひらに収まるサイズまでコンパクトになるのも特徴です。

ユーロシルム DANTY オートマチック



関連記事