CAMP HACK[キャンプハック]


ナノパフジャケット

パタゴニアのナノパフ徹底解剖!ジャケット、フーディからベストまで

0

ナノパフはなぜこんなにも愛されるのか? パタゴニアが生んだ人気の化繊インサレーションの魅力を深堀り! ジャケット、フーディ、ベスト、パンツ、スカーフなど、使い勝手が良いナノパフシリーズのアイテムを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ヨシダ コウキ


アイキャッチ画像出典:Instagram by @patagonia.nagoya

パタゴニアのナノパフとは?

パタゴニアのナノパフフーディ ナノパフとは、アウトドアブランドのパタゴニア(Patagonia)が開発した化繊インサレーションです。

2009年に「ナノ・パフ・プルオーバー」が登場して以来、機能やデザインのアップデートが続けられ、登山やキャンプを楽しむ人の定番ウェアとして浸透しています。

ナノパフの特徴としては、以下のようなポイントが挙げられます。
1. 濡れても保温力が落ちない
2. 軽量かつコンパクトに収納可能
3. 中間着でもアウターでも使える
4. 洗濯機OKでメンテナンスが楽
5. 充実した修理サービスを受けられる

ポイント1:濡れても保温力が落ちない

パタゴニアのナノパフジャケット
出典:Instagram by @patagonia_osaka
保温力が高い素材として羽毛が知られていますよね。ナノパフには「プリマロフト」と呼ばれる、アメリカ軍が寒冷地の防寒着に採用していた人工羽毛が使われています。

プリマロフトは保温性に優れ、柔らかく軽い、まるで羽毛のような素材なのが特徴。さらに、羽毛にはない撥水性を兼ね備えています。

羽毛は濡れると保温性を維持することができないため、濡れてしまったら羽毛が乾くまで待たなければなりません。しかし、プリマロフトは、濡れても高い保温性が保たれます。

つまり、急な天候の変化に対応しなければならないアウトドアシーンでもうってつけ!

雨や雪に濡れても、保温性を維持できるナノパフは、アウトドアシーンでの使用に適しています。

ポイント2:軽量かつコンパクトに収納可能

収納したナノパフジャケット
出典:Instagram by @patagonia.hiroshima
ナノパフシリーズの軽量さを、主な製品を例に紹介します。
・メンズ・ナノ・パフ・フーディー:363g
・メンズ・ナノ・パフ・ベスト:227g
・ウィメンズ・ナノ・パフ・パーカ:369g

このように、どのような形のウェアでも全て軽い作りになっています。

さらに、軽量さに加えてコンパクトに収納できるため、持ち運びにも便利です。片手で収まる大きさにウェアを収納することができます。

収納する時は、内側ポケットに収納するだけなので、収納するための袋を別で持ち運ぶ必要がないのも魅力です。

ポイント3:中間着でもアウターでも使える

パタゴニア ナノパフ
出典:Instagram by @patagonia.kyoto
ナノパフシリーズは、軽量で動きやすい設計のため、中間着として着用しても動きの邪魔になりません。

さらに、保温性に優れており、耐水性や防風性の高さからさまざまな気候に対応可能で、アウターとしても役立ちます。

ナノパフシリーズは中間着としてもアウターとしても、使用シーンに合わせて柔軟に使うことができる機能を兼ね備えているのです。

ポイント4:洗濯機OKでメンテナンスが楽

洗濯
出典:PIXTA
アウトドアシーンでもタウンユースでも気になるのが汚れ。

プリマロフト素材を使用したナノパフシリーズは、洗濯機の使用が可能。中性洗剤を使用し、弱流水コースで洗うだけなので、自分で簡単にメンテナンスできます

※参考:パタゴニア「製品のお手入れ方法

こまめに洗うことができ、クリーニングに出さなくても良いのは魅力的ですね!

ポイント5:充実した修理サービスを受けられる

ナノパフのほつれ
出典:Instagram by @patagonia.nagoya
パタゴニアでは、自社製品の修理も行っています。

修理箇所と同じ素材、または同じ素材がない場合は類似素材を使用し、強度や機能性を保てるように最善の修理をしてくれます。一つひとつのウェアを長く着用できるように配慮されたサービスですね。

※参考:パタゴニア「修理サービス

修理の受付は、直営店に直接持ち込む方法とパタゴニアリペアサービスまで郵送する方法があり、状況に合わせて依頼しやすい方法を選ぶことができます。

ナノパフはこんなシーンで使える!

パタゴニア ナノパフ
出典:Instagram by @patagonia.futako
ナノパフは使いやすい機能を兼ね備えているため、さまざまなシーンで活躍します。ナノパフの魅力が活かされるシーンをいくつか紹介します。
1. 登山
2. キャンプ
3. 街着

1. 登山

出典:PIXTA
ナノパフの魅力は、濡れても保たれる保温力と、軽量でコンパクトに収納できるため持ち運びに便利なことです。

荷物が多い登山シーンでは、場所をとらずに防寒着を持ち運べることは大きなメリットです。

天候の変化に応じて脱ぎ着することも多いので、基本的にはコンパクトに収納できればできるほど、使用しない時に重さのストレスを感じることがなく、気軽に持ち運ぶことができると言えます。

さらに、雨や雪の多いシーンでは、ナノパフの高い保温性のメリットが活かされます。例えば、急な天候の変化で雨や雪が降ってきても、ナノパフシリーズを使用することで体を冷えから守ってくれるでしょう。

マイクロパフジャケット 持ち運びに関して、より軽い化繊インサレーションがほしい場合は「マイクロ・パフ」シリーズ、フリースなら「R2ジャケット」もおすすめです。

マイクロパフとナノパフは見た目は似ていますが、マイクロパフの重量は235gとナノパフよりも軽いのが特徴。より軽さを求める人におすすめのウェアと言えます。
メンズ・マイクロ・パフ・ジャケットの詳細はこちらウィメンズ・マイクロ・パフ・ジャケットの詳細はこちら
R2ジャケット R2ジャケットはフリースでありながらも、軽量でコンパクトに持ち運び可能です。その着心地は、まるで毛布に包まれているような肌触り。

毛足の長い素材が高い保温性を維持します。中間着としてだけではなく、寒さが本格的になる前の好天時であればアウターとしても十分な効果を発揮するでしょう。
メンズ・R2ジャケットの詳細はこちらウィメンズ・R2ジャケットの詳細はこちら

2. キャンプ

キャンプの様子
出典:PIXTA
キャンプシーンでは、寒暖差が激しく、昼は暑かったのに朝夜は寒い、なんてことはよくありますよね。そんな時でもナノパフがあればさっと羽織って寒さから身を守ることができます。

急に天候が変わった場合もダウンを使用した場合、濡れてしまったら、乾くまで保温力が減少するので寒さに耐えなければなりません。

しかし、ナノパフを使用することで、濡れたとしても保温力を維持し、寒さから身を守ることができます。

荷物が多くなりがちなキャンプも、ナノパフシリーズであればスペースをとらずにコンパクトに持ち運べるため、荷物の中に気軽に入れておけます。

ナノエアジャケット アクティビティを行う場合は「ナノエア」シリーズもおすすめです。ナノパフと同様、防寒性や防水性に優れています。

さらに、通気性もよく、汗で蒸れにくいのも特徴。機能性に加えて、ストレッチが効いていることで、柔らかい着心地を実現しています。

アクティビティを行う時には、着用していて動きの邪魔にならずストレスを感じないのが魅力です。
メンズ・ナノエア・ジャケットの詳細はこちらウィメンズ・ナノエア・ジャケットの詳細はこちら

3. 街着

出典:PIXTA
さらにナノパフシリーズは形がシンプルなものも多く、タウンユースとしてもカジュアルな着こなしができるデザインです。

中綿がありながらも厚すぎないため、見た目もすっきり着こなせます。アウターとしてだけではなく、インナーとしても使用できるので、活躍シーンが幅広いです。

タウンユースとして使用する場合は、ナノパフ1枚でも十分な保温力を発揮するでしょう。軽量なので、さらっと着こなすことができ、長時間着用していても疲れません。

ダウンセーター 気温が低い真冬などに、ナノパフよりもさらに暖かさを求める場合は「ダウン・セーター」もおすすめです。

表面の生地が多少の雨や雪を弾く加工がされているため、登山やキャンプほど急な天候の悪化が少ないタウンユースであれば保温性を十分に保ち、問題なく使用できるでしょう。

ダウンセーターの内側ポケットに収納することができるので、持ち運びも便利です。

簡単に出し入れができるので、体温調節のために気軽に持ち歩くことができるのも魅力です。
メンズ・ダウン・セーターの詳細はこちらウィメンズ・ダウン・セーターの詳細はこちら

ナノパフシリーズのアイテム一覧

ナノパフシリーズには、以下のようにさまざまなアイテムがあります。
・ナノ・パフ・ジャケット
・ナノ・パフ・フーディ
・ナノ・パフ・パーカ
・ナノ・パフ・ベスト
・ナノ・パフ・パンツ
・ナノ・パフ・フーディ
・ナノ・パフ・スカーフ
・ナノ・パフ・イヤーフラップ・キャップ
・ナノ・パフ・ミット
・ナノ・パフ・プルオーバー
・ナノ・パフ・ビビー・プルオーバー
・ナノ・パフ・ハイブリッド・ジャケット

次に、それぞれの商品について詳しく紹介していきます。

関連記事