【試してみた】皮パリのチキンやホットサンドも!ベーコンプレスが使えるぞ

BBQやキャンプ料理の幅をグッと広げてくれる「ベーコンプレス」に再注目!今までベーコンだけの器具だと思っていましたが意外や意外。色んなレシピを可能にしてくれる便利な調理ギアでした!その活用例とプレスの種類、そして管理の方法までご紹介します。


アイキャッチ画像提供:筆者

ベーコンプレスは日本のキャンプで流行るのか?

キャプテンスタッグやロッジから鋳鉄製のプレスが販売されています。ミートプレス、ベーコンプレスなどと呼ばれている重みのあるプレートで、日本ではレア・アイテムですが、アメリカの家庭にはかならずある調理器具なんだとか。

ITEM
キャプテンスタッグ  グリルミートプレス
●サイズ(約):外径170×高さ85mm
●重量(約):1.2kg
●材質:本体:鋳鉄、ハンドル:鉄(クロムめっき)


ITEM
ロッジ グリルプレス
●サイズ:直径19.0cm
●重量:2.1kg
●素材:鋳鉄、鉄


ITEM
ピッグ ベーコンプレス

【試してみた】適度な重みが食材に均一にかかる魅力!

ただ、ホテルやレストランでお目にかかるカリカリベーコンが簡単にできるすぐれものですが、ベーコンのためだけに数千円の出費はちょっとためらってしまいますよね。そこで、使い方をあれこれ試してみました。


THEアメリカンなカリカリベーコンがつくれる

img_8829
撮影:筆者
まずは、王道のベーコン。フライパンやスキレットにベーコンを並べて、プレスを載せて加熱。たったこれだけでフリル状にならずパリッと焼き上がります。生姜焼きなど、反り返りやすい肉・魚にも使えそう。

2-img_8845
撮影:筆者
焼き上がったベーコンは、キッチンペーパーに載せて軽く脂を取り除くとこの通り。カリカリベーコンになりました。キャンプでもホテルっぽい朝食を作れるんですね。

チキンをプレスするとさらに美味しく!

3-img_8808
撮影:筆者
次はチキンのグリル。肉厚のチキンは、ふたをすると火が通りやすいんですが皮がしんなりして、縮んでしまいます。かといってふたなしでは火が通りにくい。ちょっと熱に偏りがありましたが、プレスを使うと早く火が通り、皮がパリッ。

プレスでパンの楽しさを広げる

4-img_8862
撮影:筆者
ホットサンドメーカーはホームメイドのパンがはみ出してしまうのが悩みの種でした。でも、プレスなら食パンよりも大きなパンや楕円形など、いろいろなパンでホットサンドを作れます。

5-img_8874
撮影:筆者
具が厚めでも大丈夫。ただし、ホットサンドメーカーのように縁が圧着されないので、ひっくり返すときはターナーでやさしく扱いましょう。底が波形になっているグリルパンなら、パニーニっぽくなりますね。

ヘルシーな「かたやきそば」に変身

6-img_8997
撮影:筆者
では、バーベキューの締め料理、焼きそばをプレスするとどうなるのでしょうか? ちょっと油を多めにしてほぐした麺の上にプレスを載せるとかたやきそばのようになりました。

7-img_9018
撮影:筆者
とろみを付けたあんをかけると、それっぽく仕上がります。本格派のかたやきそばは麺を揚げていますが、こちらはちょっぴりカロリーオフ。

押さえながら焼くことで広がるメニュー

From PIXTA
出典:PIXTA
プレスが活躍する場面はほかにもあります。

手持ちのベーコンプレスは、10年ほど前にアメリカのスーパーで購入したもの。$10.95でした。購入してみたものの、ベーコンにしか使えておらず、場所をとるし、もったいないと感じていたのも事実。昨今アウトドアブランド各社からプレスが発売されるようになり、改めてそのポテンシャルを探ることにしたのですが、今まで家庭ではできないと諦めていた料理が簡単にできるというのはうれしい発見です。

From PIXTA
出典:PIXTA
また、こうして試してみると、ポテトガレット、今治風の焼き鳥(鉄板に焼き鳥を載せて、コテでプレスしながら焼く)、皮目をカリッと焼き上げる魚のポワレにも使えそうだとわかります。ポテトガレットやポワレは、通常、ターナーで押さえながら焼くのでバーナーの前につきっきり。プレスがあれば食材の上に置くだけでよく、ほかの食材を切ったり、調味料を用意したり、次の作業に取りかかりながら焼き上がりを見極めることができますね。


ベーコンプレスの管理の仕方

9-img_8803
撮影:筆者
当然ですが、プレスより一回り大きなスキレットや鉄鍋を使います。チャーシューなど塊肉の煮物を作るときの落としぶたとしても使えそうですが、鉄製品ですので塩や酸に触れたあとはなるべく早く洗い流す必要があります。

8-img_8821
撮影:筆者
使用後の手入れは、ほかの鋳鉄製品と同じ。洗剤は使わず、お湯で汚れを落としてからしっかり乾燥させます。薄くオイルを塗って保管しましょう。

思った以上に使える「+α」に最適なギアかも

img_8861
撮影:筆者
ベーコンプレス、ミートプレスと呼ばれる鋳鉄製のプレス。朝食からディナー、そしてBBQまで、思った以上に幅広く使えます。スキレットやグリルのサイズにあったプレスを用意して、キャンプ料理をもっと手軽に、おいしく仕上げてみてはいかがでしょう。

関連する記事

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
大森弘恵

フリー編集者、ライター。〔おひつじ座 × A型 × 我が道をいくライオン〕

公式プロライター

  • たけだバーベキュー
  • YURIE
  • 平 健一
  • 写風人
  • Takamatsu Misato
  • SAM & 沖田雅生
  • 小雀  陣二
  • A-suke
  • 長谷部 雅一
  • 八幡 暁
  • 風森 美絵
  • カノウ ヒナタ
     

    LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

    最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!