最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
ツーリングの様子

お盆シーズンの高速代を少しでも安く!首都圏ツーリングプランってホントにお得?

2022/09/02 更新

お出かけするチャンスのお盆シーズンは「高速代」が高くついてしまいますよね。その値段を少しでも安くするためのお得情報「ドラ割」の首都圏ツーリングプランをご紹介!本当に安くなるのか、ETC割引の方が安かったりしないのか、素朴な疑問を解決しよう!

目次

アイキャッチ画像出典:PIXTA

知ってると得する「首都圏ツーリングプラン」って?

ツーリングの様子

出典:PIXTA

7月14日より、東関東道・館山道、東北道・常磐道、関越道・上信越道・東北道、東名・中央道の各コースで、二輪車限定の連続2日間乗り降り自由で2500円という「首都圏ツーリングプラン」が販売されました。

これは二輪車用ETC車載器を搭載していて、事前に申し込みをすれば何度でも申し込みできる特別プラン。いわゆる「ドラ割」「速旅」の一種なのですが、ほかのドラ割とは異なりお盆シーズンも利用可能。

首都圏ツーリングプランは、ツーリング需要を喚起して、首都圏一円の観光地の活性化を図ると同時に、二輪車の利用形態を把握するという目的もあります。そのため、ほかの割引とは違って、あえてお盆の混雑期にも利用制限を設けていません。一方、期間は11月30日までとして、それを拡大する予定は今のところないんです(NEXCO東日本 関東支社 広報課)

まずは利用例をチェック

川口JCTから宇都宮ICまで高速道路を利用し、その後、日光いろは坂を楽しんで、草津温泉で一泊。碓氷軽井沢ICから練馬ICで帰宅する場合。平日の昼間では5420円なのですが、 首都圏ツーリングプランなら2500円。なんと約54%もの割引となるんです。休日割引や深夜割引は30%割引なので、この差は大きい! また、高速道路はちょこちょこ出入りすると割高になるんですが、気軽に1〜2区間のみ利用なんてこともできるのはうれしいですね。

利用の仕方は簡単

NEXCO東日本、中日本の公式WEBサイトに申し込みページがあるので、そこに利用日、名前、連絡先のほかに、ETCカードの番号と有効期限、二輪車のナンバーなどを登録するのみ。おもしろいのは、「ジャパンライダーズ宣言」も確認するということ。あらためて“無茶せず、安全な運転をする”と肝に銘じて申請することになります。

1 / 3ページ