CAMP HACK[キャンプハック]


燻製器を自作しよう!初心者におすすめ100均素材で簡単・安価にできるアイデア5選

0


■燻製の方法

燻製の方法左がスモークチップを火で炙る熱燻、右がスモークウッドに直接着火し燻す温燻
出典 : SOTO

熱燻……バーナーなどの熱源を使い、食材を炙りながら燻製する方法。燻製器の中を高温(80~120℃ほど)で数分~2時間ほどで仕上げることができ、食材はかなり水分が残りジューシーな仕上がり。ウッドチップの使用が適しています。

温燻……30~80℃ほどの温度で、1~2時間燻煙する方法です。食材は程よく水分が抜け、できあがりもやわらかく仕上がります。直接火を着けるスモークウッドが適しており、熱源がいらないので手軽に楽しめます。

冷燻……低い温度でじっくりと燻す方法です。燻製時間は数週間に及ぶものも。食材の水分を飛ばすので、保存食作りに適しています。上級者向け。

汚れは落とすことはできますが、匂いは簡単に落ちません。そのため、ふだん使いの鍋ではなく、燻製用の器具を準備しましょう。その点でも100均素材なら気軽に購入することができていいですよね。それでは100均素材を上手に使った自作燻製器のアイデアを紹介します!

段ボールなら燻製スペースも広々!

燻製しているイメージ蓋を閉めて燻製すれば、こんなにおいしそうなスモークチーズのできあがり
出典 : 段ボール箱で燻製

必要な道具は、段ボール、バーベキュー用網、カッターのみ。段ボールの側面に切り込みをいれ、バーベキュー用網を差し込むとっても簡単な自作方法です。

ポイントは段ボールの開口部よりも大きなバーベキュー網を用意することですが、網が小さければ棒を渡してその上に網を置いてもOK。しかも一度にたくさんの食材を燻製することができるのでおすすめです。

ただし段ボールで燻製を行う場合は、熱源のいらないスモークウッドを使用すること。食材によっては油がスモークウッドに垂れて着火することも。火の扱いにはくれぐれも注意してくださいね!

総額400円で揃ってしまう自作燻製器

100均DIY 燻製器の材料 底の深い「片手鍋」と、お菓子作り用の「粉ふるい」「スポンジ型」、そしてフタの4点。これらすべてが100円均一ショップで手に入る道具たち。

100均グッズで燻製器を自作 底に燻製チップを敷いて、その上に粉ふるいを乗せます。

100均グッズで燻製器を自作 燻製チップの上に粉ふるいを そしてこの上にフタをすればあっという間に煙の回る空間がしっかり広い燻製器の完成です。

100均グッズで燻製器を自作 粉ふるいに蓋をすれば完成 ガッチリとハマるわけではなく揺れには弱いので、しっかり見守りましょう。直径18cmほどで食材を置くのは粉ふるいなので深さはありません。ですのでこれは小物の燻製器として活用できそうです。

関連記事