CAMPHACK

はじめて女子ソロキャンプをやってみた〜準備編まとめ〜

0

女性がソロキャンプに挑戦!今回は、「準備編」としてキャンプ場選びの基準や荷物の積載方法、道具の選び方などをレクチャー。女子ソロキャンプに興味あるけど、なかなか踏み出せないあなたもぜひ女子ソロキャンプに挑戦してみませんか?

mie kimura

なぜ、女ひとりでキャンプに行くのか?

simg_7079
ファミリーキャンプの経験がある女性は多いと思いますが、「女子ソロキャンプ」の経験がある人はまだまだ少数派だと思います。

私がソロキャンプに行く様になった理由……それは、家族とのキャンプ経験を経て少しずつ積み重ねたスキルと自信を生かしたくなったからでした。

“自分自身の力だけでどこまでいけるのだろうか?” 道具を選び、キャンプ場を決め、献立を考えて、その日を想像する……ソロだからこそ感じることのできるキャンプの醍醐味を、私はその経験から感じています。

あなたも女子ソロキャンプにでかけてみませんか?

女子ソロキャン的!キャンプ場選びのコツ

女性だけで、しかもソロもしくはグループでキャンプをしたくなったとき、まず頭を悩ませるのが「どこのキャンプ場に行こう?」ではないでしょうか。

女子ソロキャンプでのキャンプ場選びの決め手とは何か、考えてみましょう。

simg_7255
私の場合、最優先させたいのが「行き慣れたなじみのあるキャンプ場」という点です。

何度かキャンプ経験のある場所でなら、その場所ならではの特徴(場所特有の天候、フィールドの状態、水場の位置関係、キャンプ場の雰囲気などなど)を熟知したうえで、安全にキャンプを楽しめることができますよね!

さらに「携帯の電波が通じる」「管理人さん常駐」「夜はゲートが閉鎖される」などの条件が揃えばさらに気持ちよくキャンプを楽しむことができるでしょう。

そんな条件を考慮して、私が今回行くことにしたのは「ふもとっぱらキャンプ場」です。ここなら家族で何度も訪れた場所ですし、時折強風がふくことも経験済みです。どの場所に設営するのかというイメージも事前に湧きやすいですよね。

また、今回は私以外にも女子ソロキャンパーが集まるという話なので、ふもとっぱらのように広いフィールドはまさにうってつけ! ということもあり、こちらのキャンプ場を選んだのでした。

関連記事