【取材してみた】クーラーボックスがキャンプスタイルを決める?

クーラーボックス取材!静岡県のキャンパーの聖地「ふもとっぱらキャンプ場」で見えた、いまのキャンパーのスタイルとは?クーラーボックスは大きさがあるものだけに、買い物として失敗したくありませんよね。これからキャンプをされる方、キャンプをしている方にも参考になるキャンパー5名を紹介します!


クーラーボックスに注目すべきは、今なんです!

From PIXTA
出典:PIXTA
梅雨も本格的になってきましたね。うだるような夏は、もう目の前。そして、街の暑さから解放されるキャンプ本格シーズンも、もう目の前です。

夏にこそ万全の準備で挑みたいのが、クーラーボックス。そこで今回はCAMP HACK編集部が、静岡県はキャンパーの聖地、『ふもとっぱらキャンプ場』でクーラーボックスの取材をしてきました!

いまのキャンパーはどんなクーラーボックスを使用しているのか? そして、そのキャンパーの方々はどんなキャンプスタイルをしているのか? さあ、見ていきましょう!

名わき役のヴィンテージ・クーラーボックス

img_6657
撮影:編集部
最初に紹介するのは、ヴィンテージクーラーボックスのアクセントがおしゃれ感を演出している愛知県出身のねじさん。真ん中に見えるこちらのクーラーボックスは、オークションで購入したアイテムとのこと。主役ではなく、名わき役なのは、どこに理由があるのでしょうか?

img_6641
撮影:編集部
この風合いが気に入ってご購入を決めたとのことですが、使い込まれている適度なヨゴレがいいですね!

img_6642
撮影:編集部
オール金属ではなく、木の天板が温かみを演出しているのがこのクーラーボックスの良いところ。ヴィンテージアイテムそのものは存在感があるけど、このクーラーボックスは「浮きすぎない、でも主張はバッチリ」という名わき役の特徴を備えているように感じました。

img_6643
撮影:編集部
ねじさんは、snowpeakのソフトクーラーボックスも併用されていました。こちらには飲み物を収納。取り出す頻度が高くて、飲み物を出し終わったらたたんで持ち運びできる、という実用性の高さを買っているんだとか。クーラーボックスの2つ使い、参考になります!

保冷力を極めた!?コールマンクーラーボックス

img_6786
撮影:編集部
ご家族でキャンプを楽しまれていた神奈川県・澤幡さんのサイトにお邪魔しました! シンプルさとカラフルさのバランスが高いサイトですね。

img_6770
撮影:編集部
「このクーラーボックスは今日が初使用なんです」とは澤幡さんの談。現在は廃盤になっていますが、コールマンのアルティメイトエクストリームクーラー(必殺技みたい……)です。まさに最強の保冷力を持っているクーラーボックス。

真ん中に貼られたMAROTOOLSという文字に注目してください。これはMAC TOOLSという工具メーカーと澤幡さん愛犬のMAROをもじって、入れた文字なのだそう。ちょっとした工夫がオリジナル感、所有感をアップさせますね。

img_6772
撮影:編集部
さらに、ここがワンポイント! ホームセンターで購入したゴムパッキンを蓋とかみ合うように這わせています。「これをやると保冷力が増す気がします」と澤幡さんは仰っていましたが、たしかにコールマンのクーラーボックスの蓋はパッキンがありませんし、効き目がありそうに見えますね!

夏の気温だったこの取材日、このコールマンの最強クーラーボックスの保冷力に大満足をされていました。現在コールマンでは保冷力の高さに定評があるエクストリームクーラーというハードクーラーをリリースしていますので、機能面を重視される方はチェックしてくださいね。

家族大人数なら、二個使いがいいかも!

img_6680
撮影:編集部
取材に応じてくれた@sorapapa2530さんは、5人家族。いまや定番にもなりつつある、YETIのクーラーボックスを2つ使用されていました。

img_6674
撮影:編集部
YETIのクーラーボックスも保冷力は抜群! この壁の分厚さは特筆するものがあります。キンキンに冷やしたいお酒類は小さいほう、多少ぬるくても大丈夫なジュースなどは大きいクーラーボックスに入れて、使い分けているそうです。

やはり小さいクーラーボックスはすぐ冷えてくれるので、これから購入される方、一つしか持っていない方などは、この使い方、参考になりますね。

img_6690
撮影:編集部
サイトもスッキリして、おしゃれ! 奥のほうにクーラーボックスが見えますが、決して主張しない色が統一感を出しています。

クーラーボックスを選ぶときはサイト全体の見栄えも頭の片隅に入れておくと、@sorapapa2530さんのようなスッキリとしたサイトを作ることができるのかもしれません。

2色使いでお目立ちサイトの完成!?

img_6703
撮影:編集部
USAコールマンの記念モデルを所有されていたのは、@kensan07さん。淡い赤と青の組み合わせが古き良きアメリカを思いださせてくれて、懐かしい気持ちにさせてくれますね。(行ったことはありませんが)

img_6704
撮影:編集部
とまあ、そんな冗談はさておき。@kensan07さんは赤と青のギアを多数所有されていました。このロッキングチェアも、赤と青のストライプ。

img_6705
撮影:編集部
赤と青のジャグ。ちょっとしたヨゴレやへこみも、このカラーリング、このフォルムだと使い込まれた感じが出て、アジになってしまいますね。

img_6706
撮影:編集部
極め付けは、赤と青が印象的なHEIMPLANETのテント! テーブルなどは木製で統一しつつ、クーラーボックス、チェア、ジャグ、テントは2色使いをすることで、キャンプ上級者を印象づけてくれます。

しかし、@kensan07さんはキャンプを初めてなんと一年! そんな風には全く見えないテントサイトに、驚きを隠せませんでした。

どこへでも!連泊でも!派には必携のクーラーボックス

img_6720
撮影:編集部
こちらのクーラーボックスは、埼玉県からお越しの@mottocampさんのキャンプサイトに、どっしりと座っていました。持ってみると、重たいんですよ。なぜなら……

img_6721
撮影:編集部
ガス式のクーラーボックスなんです! 「着火するのが一苦労ですよ」と話してくれた@mottocampさん。ガス式のクーラーボックスはドメティックというメーカーも有名ですが、こちらはAileron(エルロン)製のもの。火を使って冷やすというのは不思議な感覚もしますが、CB缶とOD缶を使えるスグレモノです。

img_6724
撮影:編集部
中身を触らせてもらいましたが、バッチリ冷えていました。多少乱雑にものを入れ込んでも、家庭用クーラーのように冷やしてくれることでしょう。遠出&連泊派は検討してみては?

あなたは何重視?クーラーボックスは、それに合わせて。

img_6773
撮影:編集部
今回CAMP HACK編集部が取材を通して、今のキャンパーさんたちは目的意識が強いということを感じました。ヴィンテージアイテムに囲まれ、最強機能を重視し、大小2個を使いこなし、2色で統一感を出し、どこへでも出かける。そんなキャンパーのスタイルがクーラーボックスから見えた取材でした。

これからクーラーボックスを買われる方、買い替える方、買い足す方。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

I found it! Variety campers style!!

見つけた! キャンパーたちのスタイル!!

関連する記事

img_6681
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • SAM & 沖田雅生
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE
 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!