大容量なうえにフォトジェニック!今年のキャンプに必要な車とは?

こだわり道具を駆使するおしゃれキャンパーが増えている一方で、車もこだわって乗る人が増えています。特に、写真映えする粋なデザインでありながら、多くの荷物が乗る自動車がキャンプ向き。おしゃれキャンパーの道具を紐解き、それにピッタリな車をご紹介します。


おしゃれキャンパーは道具も車もこだわりが高い!

06c
キャンプ人口が増えてきている昨今。キャンプを経験していくと、「自分な好きなものを揃えたい!」とか「個性のあるものを使ってみたい!」という気持ちになってくることでしょう。なかでも、統一感のある魅力的なサイトを展開する「おしゃれキャンパー」は、どこもかしくも目を見張るポイントばかり!

しかし、彼らをよく観察すると、車にもかなりこだわりがあるようです。彼らが使っている道具の共通点を参考にし、どんな車が良いのか? そのポイントも含めてご紹介します。

写真映えするサイトに必要なキャンプ道具とは?

ロッジテントや大型ティピーテント

o5o0154
まるで家のようなデザインが特徴のロッジテントや、テント中央に1本のポールを入れ、円錐型のデザインが特徴のモノポールテント。なかでも大型でどっしりと構えた佇まいのテントは、遠くから見ても目立ちます。


多彩な焚き火道具

4z7a0017
焚き火台やトライポッド、ローテーブル、さらには軟鉄を使用したシックなデザインのものなど、焚き火を楽しめる道具が次々に登場しています。焚き火で調理をする人も増加中! キャンプサイトにこれらが揃っていると、つい目がいってしまいます。

料理をおいしくする調理器具

img_0028
一緒にでかけた家族や友人、ときには隣のサイトの方と意気投合し食事を共にする、なんてことも。そんなときに隣のサイトの方がこだわりのダッチオーブンを使っていたり、強火からとろ火まで使えるコンロがあったり。さまざまな道具を駆使しそれに盛り付けられた料理を見ると、ついスマートフォンのカメラ機能を起動させてしまいます。

しかし、揃えたところで悩みも増える……

前述したテントや焚き火道具、調理器具以外にも、テーブルやチェア、クーラーボックス、シュラフ、キッチン台など、キャンプに必要な道具はたくさんあります。

これらを持っていくためには積載量が重要。おしゃれキャンパーには、フォトジェニックさと積載を考えたSUVがおすすめです!

行く人が増えれば、大容量の車を使う必要がある

dsc_9604
友だちや家族など、複数人でキャンプをするとなれば、必然的にその人数分の道具を持っていかなければなりません。また、テントは大人数が寝られるもの、もしくは数点を持っていく必要がでてきます。

そうとなれば、車も大容量を収納できるものが必要となります。「たくさん揃えたのに、車が小さくてあまり道具が入らなかった……」という事態は避けたいですよね。

これらもしっかり収納できる「シボレー キャプティバ」とは?

72
大容量のきャンプ道具を載せられて、なおかつ写真映えするような秀逸なデザインの車が欲しい!  そんなワガママに応えてくれるのが、今回ご紹介するミドルサイズSUV「シボレー キャプティバ」です。なぜキャンプにおすすめなのでしょうか?


最大1,577Lまで拡大可能!広いラゲッジスペース

3
「シボレー キャプティバ」のトランクは、後列をすべてフラットにすると最大1,577Lの広さを確保することができます。テントやタープだけでなく、折り畳み自転車やザックも収納可能! キャンプ場でいろんなアクティビティを楽しみたい人は注目すべきポイントです。

3列7人乗りのシートで自由にスペースを確保できる

captiva-movp-bicycle-space-980x600-with-arrow
3列7人乗り最大のメリット。それは、シートアレンジがしやすい点にあります。このおかげで、ソロキャンプのときは最後列を倒し、大人数でのキャンプのときはすべてフラットにするなど、用途によって使い分けることができます。

こだわり抜かれ、洗練された外装

6
“真剣”にキャンプをしたいからこそ、道具だけでなく車もおしゃれなものにこだわりたい! 「シボレー キャプティバ」は、そんな願いを叶えてくれる車。端正なフロントフェイス、クローム仕上げのドアライン、立体感のあるボディサイドなど、外観のあらゆる部分にこだわりを持って仕上げられています。

また、オフロードでの走行でボディ下部にダメージを与えないようスキッドプレートを装着したり、機能はそのままにスポーティな印象を与えるデュアルクロームエキゾーストを採用したりと、車体の細かいディテールにも配慮がされています。

日常もキャンプも快適にしてくれる車を選ぼう!

01b
ワンランク上のキャンプ道具を揃えて、気合いを入れて思いっきりキャンプを堪能してもらいたいですが、同時に車にも目を向けて新調してもらいたいです。たくさんの荷物が入りながらも洗練されたデザインの「シボレー キャプティバ」は、まさにそれを実現する車。ぜひ実際に見て触れて試乗してください!

【キャプティバスペック一覧】
ハンドル位置:右
全長×全幅×全高:4,690×1,850×1,790mm
エンジン種類:直列4 気筒DOHC、総排気量:2,382 cc
最高出力(SAE):123kW(167PS) / 5,600rpm
最大トルク(SAE):230N・m(23.4kg・m)/ 4,600rpm
トランスミッション:6速オートマチック(ドライバーシフトコントロール付)
タイヤサイズ:235/ 50R19、使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
乗車定員:7名
車両本体価格(円):3,790,000~(税込)

シボレー キャプティバの詳細はこちら!

 

Sponsored by CHEVROLET

CAMP HACK 編集部
CAMP HACK 編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!