CAMPHACK

穴場のキャンプ場を発見!大自然を満喫したい人の理想郷「菅沼キャンプ村」

0

有名キャンプ場がひしめく群馬県。北軽井沢や榛名湖など、誰もが聞いたことがある施設が点在しています。そんな中、昨年にオートキャンプを解禁したことで注目度が上がっているキャンプがあります。それが、「菅沼」に隣接する湖畔キャンプ場です。

本州No. 1の透明度をほこる湖「菅沼」の湖畔キャンプ場

dsc_3793
菅沼(すげぬま)は、群馬県利根郡にある清水沼・弁天沼・北岐沼の3つの湖の総称。2007年に出版された「日本のおもな湖沼」によると、本州でもっとも透明度の高い湖として掲載されています。

6246854898251 そんな菅沼に隣接し、大自然に囲まれた場所にあるのが、今回ご紹介する「菅沼キャンプ村」です。

菅沼キャンプ村 基本情報

住所:群馬県利根郡片品村大字東小川 4655-17
電話:0278-58-2958
アクセス:関越自動車道 沼田IC下車 約70分
駐車場:有(サイト内へ乗り入れ不可)
営業期間:シーズン営業( 5月1日より10月20日まで)期間中無休
チェックイン 14:00 チェックアウト 10:00
カード決済:カード利用不可
立地環境:湖/林間 サイトの地面:土
料金:バンガロー「シラビソ」(2~6人用):10,000円+税、バンガロー「シャクナゲ」(2~10人用):15,000円、バンガロー「アスナロ」(10人用):18,000円+税、デイキャンプ:300円+税

※上記金額に施設管理費として1泊1名70円が別途かかります

60年もの歴史ある”老舗の施設”に誕生した新キャンプ場

dsc_3878
菅沼キャンプ村が創業したのは1954年。施設自体は60年以上の歴史がある名所ですが、バンガロー泊以外のキャンプ場ができたのはつい昨年のこと。まだまだ若いキャンプ場ですが、ロケーションの素晴らしさから、じわじわと認知され始めている”穴場スポット”です。

施設に入ると、オレンジ色のアジのある管理棟があります。キャンプ場へ着いたら、まずはここで手続きをしましょう。

dsc_3847
管理棟横には、「牧水清水」という湧き水があります。歌人・若山牧水の「みなかみ紀行」で詠われたとされる名水です。

取材時にひと口飲ませてもらったら、まるで氷に冷やしていたかのような冷たさ! 暑い夏には体に染み渡ること間違いなしです。キャンプ利用者だけでなく、登山客もこの水を水筒に入れて持っていくとか。

では、この菅沼キャンプ村はどんなところが魅力なのか? 5つに絞ってご紹介していきます。