CAMP HACK[キャンプハック]


最強アウトドア素材「G-1000Ⓡ」

最強アウトドア素材「G-1000Ⓡ」に夏向きのAirが仲間入り

0

「G-1000Ⓡ」というアウトドア素材を知っていますか?様々な素材がありますが、フェールラーベンが開発したこの素材はまさに最強と呼べる代物。その最強素材に、夏用の軽量タイプ「Air」が新しく仲間入りしたとあればアウトドアマンなら見逃せません!

CAMP HACK編集部


アイキャッチ画像出典:フェールラーベン

世界最強の素材が生まれた経緯

焚き火が燃えている キャンプでは、焚き火のそばにいても穴が開きにくいコットン製のウエアが人気です。肌触りがよくて、通気性がいいので春〜夏キャンプではとっても重宝しますよね。でも、コットンは濡れると重くなるし、乾きにくいというやっかいな性質があり、なかなかやっかいな素材でもあるんです。

グリーンランドワックスを塗る男性 このことに注目したフェールラーベンは、1965年にG-1000Ⓡ素材を開発。コットン35%+ポリエステル65%を高密度で織り上げ、さらにミツロウとパラフィンから生まれたグリーンランドワックスを含ませることで撥水性、耐摩耗性アップ!

極寒のグリーンランドを1000km走破する“スカンジナビア探検隊”のためのバックパック&テント作りから得た意見をもとに、G-1000Ⓡ素材のウエアを開発したそうで「世界最強の素材」とも呼ばれるに至りました。

G-1000Ⓡ G-1000Ⓡの強度はデニムの4倍とも言われており、長く着用して風合いのいいウエアに育てることができるんです。

関連記事