最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
後悔しない7つのキャンプ道具

【初心者必見】先輩キャンパーに学べ!後悔しない7つのキャンプ道具

キャンプ初心者向けの道具ガイド!「キャンプ場でよく見るあのグッズって何だろう?」沢山あるキャンプ道具の中でも先輩キャンパーたちが使ってる「共通」のキャンプ道具だけをご紹介。どれも超人気グッズなので性能や口コミなどは間違いなしですよ。

目次

アイキャッチ画像出典:Instagram by @imacan55

先輩キャンパーの多くが持ってる共通ギアとは?

テントサイト

出典:Instagram by @steppy88camp

キャンプ道具を揃えたいけど選択肢が多くて何を買えばいいのか分からない……値段も決して安くはないし買い直しはしたくない……そんなキャンプの入り口に立っているあなたの為に。多くの先輩キャンパーたちが使っている「共通ギア」をご紹介! 既にキャンパーの皆さんも「あ、これ持ってる」といくつか共感してくれるのでは?

その1. ユニフレーム「焚き火テーブル」

ユニフレーム 焚き火テーブルと料理

耐荷重50kg、そして熱々のダッチオーブンをそのまま置けるワンランク上のテーブルです。一度使い出すとその便利さから手放せなくなってしまいます。
ユニフレーム 焚き火テーブルと焚き火

小さすぎず大きすぎず丁度良い大きさで、座って焚き火を囲む時のサイドテーブルにピッタリ。特殊エンボス加工で傷もわかりずらいのが◎。折りたたみ式で車載も圧迫しません。アウトドアテーブルの名品のひとつですね。

ユニフレーム 焚き火テーブル

●サイズ:使用時/約55×35×(高さ)37cm、収納時:約55×35×(厚さ)2.5cm
●材質:天板/ステンレス鋼(特殊エンボス加工)、サイド/天然木、スタンド/ステンレスパイプφ19mm
●重量:約2.3kg
●分散耐荷重:約50kg

その2. SOTO「スライドガストーチ」

SOTO スライドガストーチ

出典:SOTO

会うキャンパーのほとんどの方が持っている名品ガストーチ。先端が伸縮し、狙いやすさ抜群なのが本当に助かるアイテムです。一つ心配なのは小さすぎて無くすことくらいでしょうね。
SOTO スライドガストーチ ガス充填

出典:SOTO

よくある「チャッカマン」のようなものと違う大きな魅力は、ガスを充填できるところ。しかもカセットガスだけでなく、専用アダブターがあればOD缶からの充填もOKです。まだ持ってなければ、ひとつは手に入れておいても損はしないと思います。

ソト スライドガストーチ

●サイズ:幅35×奥行18×高さ110~185mm
●重量:55g
●炎温度:1,300℃
●燃焼時間:約15分
●連続使用時間:1分以内

その3. コールマン「ルミエールランタン」

コールマン ルミエールランタ

明るさを求めて使うというよりかは、雰囲気作りで使う用途がピッタリ。燃焼時の臭いは感じないので料理の側に置いてもOK。キャンドル風の炎の揺らめきがクセになります。
コールマン ルミエールランタン カスタム

撮影:編集部

ルミエールランタンの楽しみ方は炎だけではありません。OD缶をカバーでオシャレにドレスアップして更に雰囲気を良くカスタムできる楽しみも。テーブルランタンの中でも一番人気と言っても過言ではありません。

コールマン ルミエールランタン

●サイズ:約直径7.3×6×18.3(h)cm
●重量:約210g
●燃焼時間:約28~38時間(230g缶使用時)
●付属品:プラスチックケース
●使用燃料:LPガス

その4. イワタニ「カセットフー マーベラス」

イワタニ カセットフー マーベラス

出典:Iwatani

グリーンとオレンジが有名ですが、実はマイナーチェンジした「マーベラス」。新型はシャンパンゴールド一色で、ハンドルが固定式となり、点火つまみが横に移動しました。
イワタニ カセットフー マーベラス 収納

出典:Iwatani

スタイリッシュな外見のイメージと、取り外し可能な大きな風防、バーナー周りを囲む風防リングの仕様はそのままです。これから買うならもちろん「Ⅱ」がオススメです。

イワタニ カセットフー マーベラスⅡ

●本体サイズ:[収納時] 幅380×奥行329×高さ110mm、[使用時最大] 幅380×奥行329×高さ324mm
●材質:[本体] 鋼板 (粉体塗装)、[トッププレート] 鋼板 (耐熱塗装)、[ごとく] ステンレス、[バーナー] 鋼板 (ニッケルメッキ加工)+ステンレス、[点火つまみ] 耐熱ABS樹脂
●重量:約2.8kg
●連続燃焼時間:約70分


さらに2021年イワタニのアウトドアブランド『FORE WINDS』が新たに生まれ変わり、マーベラスの激シブブラックカラーが登場! こちらも人気爆発な予感です。

FORE WINDS LUXE CAMP STOVE

●使用時サイズ:(約)幅38×奥行32.9×高さ32.4cm
●収納時サイズ:(約)幅38×奥行32.9×高さ11cm
●重さ:約2.8kg
●ガス消費量:約254g/h
●連続燃焼時間:約70分(※FORE WINDSガスノルマル使用時)
●最大発熱量:3.5kW(3,000kcal/h)

その5. スノーピーク「焚き火台」

スノーピーク 焚き火台

焚き火台と言えばユニフレームのファイアグリル、そしてスノーピークの焚き火台がよく比較されます。スノーピークの焚き火台は、設置と撤収がとにかく簡単なのが魅力です。
スノーピーク 焚き火台

大きさがS、M、Lとあり、キャンプスタイルに合わせて大きさを選べるのは嬉しいですね。特にソロキャンパーにはSサイズのコンパクトさは力強い味方です。長くキャンパーから愛されている王道焚き火台です。

スノーピーク 焚火台Mスターターセット

●サイズ:350×350×248mm
●収納サイズ:450×515×32mm
●重量:3.5kg

その6. バウルー「ホットサンドメーカー」

バウルー ホットサンドメーカー

ホットサンドメーカーはいろいろなメーカーから出ているので、お値段の差が激しいアイテム。とりあえず安いもので……と思うと残念な結果になってしまうことも。まず間違いないのがこのバウルーのホットサンドメーカー。

バウルー ホットサンドメーカー

出典:Instagram by @___fami

バウルーが先輩キャンパーたちから愛される理由はその見た目の美しさと、頑丈さ。長く使えるので経年変化も楽しんでみてください。またシングル、ダブルと2種類あるのでお好みの方を手に入れてみてくださいね。フッ素樹脂加工がされているのでお手入れも簡単。プレスも強く耳までパリパリの食感です!

バウルー ホットサンドメーカー ダブル

●サイズ:14.5×35×3.7cm
●本体重量:420g
●素材・材質:アルミダイキャスト、フェノール樹脂、フッ素樹脂

その7. キャプテンスタッグ「鹿ベンチ」

キャプテンスタッグ 鹿ベンチとテーブル

出典:Instagram by @iam_weekend_camper

一台ブームを巻き起こしたキャプテンスタッグのアルミ背骨付きベンチ、通称「鹿ベンチ」。多くのファミリーキャンパーが共通して持っているキャンプ道具です。生地を張り替えたりして柄でオリジナリティを演出する楽しさも。

キャプテンスタッグ 鹿ベンチと七輪と料理

出典:Instagram by @yu_u_ki_30

最近では特にカモフラ柄が人気。類似品はたくさん出ていますが、やはり原点はこの鹿ベンチですね。

キャプテンスタッグ アルミ背付きベンチ

●素材:構造部材/金属(アルミニウム)、表面加工・構造部材/アルマイト、張り材/ポリエステル・肘掛部/天然木
●サイズ:組立(約)幅1040×奥行560×高さ665mm、収納(約)1040×640×厚さ85mm
●重量:(約)3.7kg
●耐荷重:(約)140kg

賢くキャンプギアを集めよう

川辺でアウトドア

出典:Instagram by @imacan55

アウトドアを始めた頃、「キャンプギアとは一つ一つがなぜこんなにも高額なのだろう?」と思ったことはありませんか? 筆者は、最初からこちらを買っておけば良かったと思うことも多々ありました。先輩キャンパーの共通ギアにはちゃんとわけがあるんですね。ビギナーキャンパーの方は是非参考にしてみて下さい。