CAMPHACK

キャンプの積載をもっと拡張したいならヒッチキャリアも便利だぞ

0

キャンプで便利な車の外付け収納「ヒッチキャリア」特集!収納量が足らなくなってきたと思っているキャンパーの方、必見!車のお尻に付けるヒッチキャリアだからこそ助かることとは?注意点は?実際のキャンパーの活用法を覗いてみましょう。

yuko oono

アイキャッチ画像出典:楽天

収納を拡張できる「ヒッチキャリア」が便利!

curt-18145-prius
出典:楽天
キャンプやBBQの荷物で車は満載。となるとあふれた荷物はルーフキャリアに積もうと考えるのが一般的。でも荷物を載せられるのは屋根だけじゃない! 今回は車のお尻にくっつける「ヒッチキャリア」の便利さに注目!

屋根より積み下ろしが楽ちん

車の屋根に荷物の入ったコンテナBOXやバッグを持ち上げて固定するのは意外と重労働。ハイルーフの車だと更に大変ですよね。ヒッチキャリアの高さなら、荷物の積み下ろしも楽な姿勢でできるので楽ちんです!

積載時はナンバープレートが“はっきり”見えるように!

ヒッチキャリアを設置するときには、次に記載するようなポイントに気をつける必要があります。

・ナンバープレートがはっきりと見えること
・ブレーキランプやウィンカーなどの灯火類が見えること
・車両全幅を超えないこと
・車両全長の110%を超えないこと

とくにナンバープレートについては、「地上1mの高さで回転させずに設置し20m離れた位置からナンバー正面に対し、15度及び30度の角度から見ても明瞭に確認できるように」と、細かい規定があるので、注意が必要ですよ!

ヒッチキャリアを使いこなす!積載“以外”のキャンパー実例

それでは、ヒッチキャリアの注意ポイントも踏まえた上で、キャンパーの驚くべき活用法からご覧ください!

関連記事