CAMP HACK[キャンプハック]


パタゴニアのレインウェアを着て登る人達

雨が降ってもしっかり弾く!パタゴニアのおすすめレインウェア8選

0

パタゴニアのレインウェア特集。タウンユースから登山まで!雨の日でも安心して着られるパタゴニアのレインウェアを厳選しました。ゴアテックス以外の防水・透湿性の素材H2Noや、レインウェアの選択方法など!購入前に知っておきたい豆知識を紹介します。

maya


押さえておくべき!パタゴニアのレインウェアについて

パタゴニア レインウェアを着ている男性 パタゴニアのレインウェアには、H2Noと呼ばれる、防水・透湿・耐久性の基準として採用している規格があります。小雨や豪雨時でのシミュレーション、表面に高圧で水を押し当てて耐久性を測るなど、業界で最も過酷なテストを受けて、見事通過したレインウェアにのみがリリースされています。

ゴアテックスじゃない!パタゴニアのH2No

パタゴニア レインウェアのH2No 水をはじくレインウェア パタゴニアのレインウェアの中では、ゴアテックスの位置付けにあるH2No。主に3タイプあるのでご紹介します。

●2層構造のH2Noパフォーマンス・スタンダード・シェル
こちらは完全防水性・防風雨・透湿性を備えたウェアの規格。撥水性のあるシェル素材+防水・統一性のあるメンブレン(膜)を張り合わせた2層仕立て。
●2.5層構造のH2Noパフォーマンス・スタンダード・シェル
撥水性のあるシェル素材+防水・透湿性のあるメンブレンを貼り合わせ、外側の保護バリヤーにより、内側に裏地が不要なデザイン。独特の起伏したパターンを使用しているので、防水性バリヤーを摩耗から守ります。
●3層構造のH2Noパフォーマンス・スタンダード・シェル
水分を弾くシェル素材+防水・透湿性メンブレンを超軽量なニットの裏地に貼り合わせています。素肌に快適で、極限の天候下での長期間の使用にも適しています。

関連記事