アプリ限定で20万円分のAmazonギフト券をプレゼント!
LEDキャンドルライト

LEDキャンドルライトおすすめ10選!ダイソー・ニトリもコスパ◎

2022/09/01 更新

LEDキャンドルライトのおすすめを厳選! 自宅やキャンプでの雰囲気作りに抜群のキャンドルランタン。安全面から子供がいても使いやすいですよね。今回は選び方の解説と、定番~100均系プチプラまでおすすめ商品をご紹介!

目次

アイキャッチ画像出典:楽天市場

手軽に癒しの雰囲気を味わえるLEDキャンドル

キャンドル

出典:PIXTA

ゆらめくキャンドルの炎には心を癒してくれる効果がありますが、火を扱うとなると気を付けなければいけないことも多いですよね。そこで手軽に使えるのがLEDキャンドルライト!

LEDキャンドル

出典:楽天市場

本物のキャンドルライトに近い雰囲気を演出できるだけでなく、とっても実用的でもあるんです。

・火を使わないので火事の心配もなく、子どもが触れたり倒しても安心
・外でも室内でも、好きな場所で使える
・本物のように減ることがないので、長く使える

リモコンやタイマー機能が付いているものも!

LEDキャンドル リモコン付き

本物のキャンドルと比べて安心で手軽、さらに何回でも使えるというのが主なメリットですが、その上最近では離れた場所から操作できるリモコン対応のものや、タイマー機能がついたものなど様々なタイプがあります。

この記事では、そんな便利なLEDキャンドルについて詳しくご紹介。まずは選び方からチェックしていきましょう!

LEDキャンドルの選び方① 材質

LEDキャンドル

出典:楽天市場

LEDキャンドルの材質には、本物のロウや樹脂系、プラスチックにガラスなど様々な種類がありますが、リアル感を求めるなら価格は高めですがロウが最適。

プラスチック製LEDキャンドル

出典:楽天市場

一方プラスチックは見た目の雰囲気にはやや欠けるものの、ロープライスのものが多くコスパの高さが魅力です。

ガラス製LEDキャンドル

出典:楽天市場

ガラス製ならプラスチックより高級感があり、価格も手ごろなものが揃っていますよ。このように材質によって雰囲気は大きく異なるので、選ぶ際に着目してみると良いでしょう。

選び方② 電源の種類

電池式

LEDキャンドル電池式

LEDキャンドルなので当然電源が必要になるわけですが、その種類は主に2つ。まずは電池式です。切れてしまっても予備電池を用意しておけば、自宅はもちろん屋外でも使い勝手がよく手軽ですね。

バッテリー式

LEDキャンドルバッテリー式

電池交換の必要がなく繰り返し使用できるのがバッテリー式。価格は電池式に比べて高めですが、長期的にみればコストを抑えることができます。フル充電すれば長時間使えるので、キャンプやアウトドアでの実用性も高いですよ。

選び方③アロマや防水など特殊な効果があるかどうか

ハーバリウムとしても楽しめるLEDキャンドル

出典:楽天市場

LEDキャンドルの中には本物のロウのキャンドルのように香りを楽しめるタイプもあります。アロマオイルを数滴垂らして良い香りを漂わせるディフューザータイプや、ハーバリウムなら華やかな見た目も楽しめますね。
防水性能のあるLEDキャンドル

そして水に濡れてしまいがちなシーンでも安心して使える防水タイプも。お風呂やアウトドアといった場面で使いたい場合は、防水性能のあるLEDキャンドルを選んでおくと良いですね。

ここからはおすすめのLEDキャンドルを電池式とバッテリー式に分けてご紹介。選び方のポイントと合わせてチェックしてみてくださいね!

おすすめの電池式LEDキャンドル

ルミナラ キャンドル型LEDライト バーチピラー3.5x6 

●サイズ:直径88x高166mm
●材質:樺材・ワックス・底面ABS樹脂
●連続点灯時間:約600時間

LEDキャンドルの人気ブランド「ルミナラ」。火を使わない本物のキャンドル”として、炎のゆらぎとリアルな質感が忠実に再現されています。
カバノキの樹皮を巻いたボタニカルバーチウッドは、独特の質感が魅力。アウトドアシーンにもとけ込みやすく、空間を上品に演出します。

ルミナラ リモコン10ボタンタイプ

 

専用リモコンは別売り。離れたところからでも操作が簡単です。

蝋製 LEDキャンドルライト 3本+リモコンセット

●サイズ:S:10×7.6cm M:12.7×7.6cm L:15.2×7.6cm (3個セット)
●素材:本物の蝋

S、M、Lの3サイズのキャンドルと専用リモコンがセットになったお得な商品。本物のロウ製で、本格的な機能を備えながらもリーズナブルな価格。炎型チップの搭載により、ゆらめくキャンドルの灯りを再現しています。

LEDティーライトキャンドル

●サイズ:直径約3.9cm × 高さ約4cm
●重さ:1個 約11g
●タイマー機能:4時間、8時間自動OFFタイマー

専用リモコンが付属のティーライトキャンドルセット。リモコン操作で「自動タイマー」「明るさ調節」「ゆらぎ調整」など細かい設定ができます。素材はプラスチックですが、キャンドルホルダーなどに入れて使うことで雰囲気を変えて楽しむことができます。

ボタニカ ラウンドジェルライト ブルー

●サイズ:高さ7.3×横幅7.4cm×奥行9.4cm
●重量 : 280g

キャンドルのようにゆらめくLEDが内臓されたアロマジェルライト。底面にスイッチが付いた電池式タイプです。ほんわりとアロマが香るので、ちょっとした香りの演出にもピッタリ。容器がガラスなので持ち運びにくいですが、雰囲気のある空間を演出できる商品です。

ブルーノ LEDランタン

●サイズ:W160mm×H270mm×D115mm(サイズはハンガー含まず)
●素材:ブリキ、ガラス
●重量:365g

キャンドルではないですが、キャンプの雰囲気を演出する商品として、こちらのLEDランタンもおすすめ。ブリキとガラスで作られた温かみのあるデザインで、明るさ調整のできる優しい色合いの照明が空間をお洒落に演出します。

おすすめのバッテリー(充電)式LEDキャンドル

Olier LED電球ライト 炎のライト (2個セット)

15cmのピラー型LEDキャンドル2個とリモコン、充電ケーブルがセットのLEDキャンドル。本物のロウとゆらめく炎がリアルに再現されており、室内でもアウトドアでもキャンドルタイムが楽しめます。

PChero 無炎充電式LEDキャンドル USB充電式

充電式で置き場所を選ばず、玄関や窓際やリビングテーブルの上、ベッドサイドなど様々な場所で使えます。

充電式LEDキャンドル ほたる

●サイズ(約) 直径:3.4cm 高さ:2.2cm 充電ケーブル長さ:60cm
●点灯時間:満充電で約8時間 充電時間:約2時間〜2.5時間程度 製品寿命:約25,000時間

ロウでコーティングされた充電式のLEDキャンドル。 本体をひっくり返すと電源が入り点灯します。 やさしいくゆらぐ灯りは本物のローソクのよう。お気に入りのガラスコップをキャンドルホルダーとして使用できます。

ソーラー電子キャンドル ライト 6個セット

●材質:ABS
● サイズ:7.5x5.8cm

ソーラー充電&防水機能の付いた、キャンプでも使いやすいLEDキャンドル。日中に外に置いておくだけで充電してくれるのも便利なポイントです。2色のカラー展開があるので、雰囲気による使い分けも可能。

キシマ LEDソーラーガーデンライト

●サイズ :140φ・170H  スティック使用時/140φ・ロング485H/ショート330H
●素材 : スチール・ガラス・プラスチック
●防水等級:IPX3

ソーラー充電式のLEDランタン。防水規格IPX3を取得しており、多少の雨であれば問題ない防水性を持っています。ランタンタイプにも切り替えができるので、家の庭やキャンプでも活躍する使いやすいアイテムです。

プチプラだって負けてない!ダイソーやニトリも優秀

「いきなり高いのを買うのはちょっと心配…」という方には、手始めにリーズナブルな商品を導入してみてはいかがでしょうか。

「ダイソー」は豊富な種類とコスパが魅力!

 LEDキャンドル ダイソー

撮影:筆者

100円ショップ「ダイソー」はとにかく種類が豊富! 電池式タイプがメインで、一部200円以上の商品もあります。大きさや点灯時間などが異なる商品がいくつもあるので、購入前にしっかりチェックしておきましょう。

欲しいアイテムが選びやすい「ニトリ」!

インテリア販売店の「ニトリ」では、お手頃価格で品質の高い商品を購入できます。種類も多く、店舗へ行けば実物を見て選べるのも嬉しいポイント。

揺れるLEDキャンドル(S/M)
揺れるLEDキャンドル ニトリ

ロウを使用した本格的なLEDキャンドル。炎がゆらめく雰囲気を楽しめます。
サイズ:幅8×奥行8×高さ13cm
重量:200g
素材:パラフィンワックス・ポリスチレン
電源:単3乾電池×2個
連続点灯時間(目安):150時間
価格:Mサイズ/1,102円(税抜) Sサイズ/925円(税抜)
ニトリ 揺れるLEDキャンドル(S/M)

LEDキャンドル4Pセット

LEDキャンドル ニトリ
出典:ニトリ

プラスチック素材の電池式LEDキャンドル。キャンドルホルダーに入れて使うのがオススメです!
サイズ:幅3.8×奥行3.8×高さ3.8cm
重量:約20g
素材:ポリスチレン
電源:リチウム電池
価格:277円(税抜)
ニトリ LEDキャンドル4Pセット

家で、キャンプで、くつろぎの時間を。

LEDキャンドル

キャンドルの雰囲気を手軽に味わえるLEDキャンドル。火を使わないので火事やヤケドの心配がない、電池やバッテリー式なので場所を選ばず繰り返し使える、など実用的なメリットがたくさんです。

ひとえにLEDキャンドルといっても特徴や機能・形状はさまざまなので、自分にぴったりなアイテムを見つけてみましょう!家でもキャンプでも、LEDキャンドルで癒しのひとときを過ごしてみませんか。