【CAMP HACK】日本最大級のキャンプ・アウトドア・ニュースマガジン - キャンプハック


2021年最新!おすすめLED懐中電灯15選【災害・アウトドア】

0

おすすめ懐中電灯特集! 今やLEDが主流の懐中電灯は、アウトドアや災害時にも大活躍。ひとつは持っておきたいアイテムですよね。そんな懐中電灯を選ぶときのチェックポイントや、充電式・乾電池式・手回し式など最新おすすめ15選をタイプ別にご紹介!

ヨシダ コウキ


アイキャッチ画像作成:編集部

懐中電灯って、どれでもいいわけじゃないんです!

LED懐中電灯
出典:PIXTA
暗くなってもつけるだけで周りを照らしてくれる懐中電灯は、キャンプや登山・アウトドアなどさまざまなシーンで使えます。もしもの災害時にも1つあるだけで安心ですよね。

LED懐中電灯
出典:(左)ソニー(右)アンカー
ただその種類は様々で、たとえばアウトドアで使うものと災害時に役立つものとでは必要になるスペックや特徴に違いがあるんです。

この記事では意外と知らないけどじつはとても大事な懐中電灯の選び方から、最新のオススメをタイプ別にご紹介します。

懐中電灯を選ぶときの5つのポイント

1:明るさ

LED懐中電灯
撮影:ヨシダコウキ
明るさは懐中電灯を選ぶ際に一番重視するべきと言っても過言ではないポイント。懐中電灯にどれだけの明るさがあるのかを確認する際は「ルーメン」という単位を参考にします。
・10〜50ルーメン:手元を照らす際に便利。周りはうっすら見えるくらい
・50〜200ルーメン:家庭に常備されている標準的な懐中電灯。手元と長距離どちらにも適している
・200ルーメン〜:約50m先まで照らすことができる。逆に手元は明るすぎる場合も

上記からまとめると、災害時に準備するものは、50〜200ルーメン、アウトドア用には長距離まで照らすことができる200ルーメン以上のタイプがオススメです。

出典:PIXTA
懐中電灯 照射範囲
明るすぎると手元や足元を見る際に眩しくて見ることができず、逆に暗いと遠くを照らす際は不便。単に明るければいいというわけではなく、一番出番が多そうなシチュエーションに合った明るさのものを用意すると良いですね。

最近では明るさを調節でき、一本で幅広く使えるタイプも販売されていますよ。

2:持続時間

LED懐中電灯
出典:PIXTA
次にそのくらい長い時間使えるかという点ですが、これは防災用の懐中電灯はとくに重要なポイント。いざというときに電池切れにならないよう、なるべく長時間点灯できるものを選びましょう。
目安
●アウトドア用:6時間以上(1泊2日)
●災害用:10時間以上
持続時間には明るさも大きく影響し、明るければ明るいほどパワーを消費するため短くなります。ランタイムを伸ばすためには、明るさの強弱を調節できる調光機能のあるモデルを選ぶのもひとつです。

3:電源

LED懐中電灯
撮影:ヨシダコウキ
電源は乾電池式と充電式の2種類があり、それぞれのメリットデメリットは以下の通りです。
乾電池式
✓メリット
電源がなくても電池を入れ替えるだけで使うことができる
✓デメリット
乾電池を買う必要があるのでコストがかかる
充電式
✓メリット
充電すれば繰り返し利用できるので、コスパがいい
✓デメリット
バッテリーが切れたら電源がないと充電できない
どちらも一長一短ではありますが、最近では乾電池と充電どちらの電源にも対応している便利なモデルも増えてきました。
LED懐中電灯
出典:PIXTA
災害時用の懐中電灯は、やはり電源が使えないシーンを想定して手回しで充電ができる手動式や太陽光でも充電できる機能があるものがオススメです。

4:照射範囲

LED懐中電灯
撮影:ヨシダコウキ
照射範囲はどれだけの範囲を照らすことができるのかを表しています。周囲を照らしたいのであればランタン型、一点を照らすならペンライト型という具合に、使う用途に合わせて選びましょう。

ペンライトをLEDランタンに ちなみに災害用には、ペットボトルやアルミホイルで傘を作ることで周囲も照らすことができるペンライト型がオススメ。いつでも使えるよう枕元に置いておくにも邪魔になりません。

5:特殊機能

防水機能のある懐中電灯 アウトドアユースなら急な雨や風にも耐えることができる防水・防塵機能があるとなお理想的。防水・防塵に関する規格は「IP規格」という規格で定められているので、参考にして選ぶようにしましょう。

クリップ付きの懐中電灯 中には点灯して異常を知らせることのできるフラッシュライト機能や、金属部分にくっついて電灯の代わりにもなるマグネットタイプなども販売されています。このあたりはシーンに応じて優先したいポイントで選ぶと良いですね。

ちなみに「フラッシュライト」はひと昔前はストロボのような点滅機能を表すものでしたが、最近は懐中電灯そのものを指すワードとして使われることが多くなっています。

LED懐中電灯
出典:dretec
災害用ならテレビやネットが使えなくなったときに情報をキャッチできるラジオ機能や、スマホ充電機能が搭載されたモデルだと安心ですね。

懐中電灯を選ぶポイントがわかったところで、ここからはオススメ15選を紹介します!

関連記事