CAMP HACK[キャンプハック]


オーラを感じる!ため息出るほど美しい「カフラシル」の魅力とは?

0


他と違う!カフラシルならではの魅力って?

1.軽量&耐風性への工夫

highspec
出典:LOCUS GEAR
カフラシルは定員4人のサイズ感でありながら、重量わずか740g(幕体のみ)。さらに確かな強度を発揮するための工夫「エクストラ・タイアウト」にも注目。

エクストラ・タイアウトとは、荒天時にシェルターの耐候性をより向上させるためリッジライン上に設けられた補強付きのガイライン(張り綱)接続ポイントです。
エクストラ・タイアウトに接続したガイラインを経て適切にペグダウンされシェルターの姿勢とテンションが保たれることにより耐候性能をより強化します。(出典:LOCUS GEAR

2.あらゆるアウトドアスタイルに対応

yama カフラシルは軽量で携帯性抜群・ワンポールで設営簡単・強度も抜群と、どんなシーンでも使える条件が三つ揃い!ゆえにバックパックキャンプやツーリング、デイキャンプにも適しています。

今年は、違うキャンプスタイルでもやりたいと思い、購入しました。
①九州の離島(壱岐、五島列島、屋久島)でバックパッカーキャンプ
②連泊でキャンプ場を1泊ずつ 泊まる移動キャンプ。
③急なキャンプ&お気軽キャンプ
④坊がつるで軽量なカフラシルをリビング兼用で使う
⑤オートキャンプ場でないキャンプ場(中瀬、田代原など)で利用する
これまでのスタイルと違った色々な場面で活躍しそうです。(出典:nana to camping

3.独自性を追求できる

gentei 受注生産制かつハンドメイドのため手元に届くまで時間はかかりますが、そのぶん「自分だけのギア感」が高まるというもの。幕自体のカラーは三色から、さらにジッパーも二色から選択可能という驚きのきめ細やかさ!過去にはツートンカラーなど、限定色が発売されたこともあるようです。

シルエットも美しくここにもこだわりを感じる。その美しさは他ブランドでは真似できないものと個人的には感じている。そして、僕の購入理由の最も大きな要因でもあります。
軽量で強い素材のもの(シルナイロン、タイベックなど)を中心に使用するなど生地にも開発者の強いこだわりを感じます。またオリジナル以外のカラーにも対応してくれます。(出典:Ken-z Outdoor Life Blog

みんなカフラシルでオーラ出してる!

これぞ完っ璧な張り姿!一日中眺めていても飽きなさそうです。

@kiyobongがシェアした投稿


フロアサイズは280×280cm。ストーブにコットもおさまる広さで、肌寒い季節でも外遊びができそうです。

関連記事