マイアミ浜オートキャンプ場をチェック!!予約必須のキャンプ場

琵琶湖の湖畔に広がるマイアミ浜オートキャンプ場。今回はブログや口コミから見える人気キャンプ場の素顔をご紹介。天気に限らず予約状況が満席のケビンや、各テントサイト、トイレなど、マイアミ浜オートキャンプ場のリアルな情報をチェックしましょう!


アイキャッチ画像出典:マイアミ浜オートキャンプ場

ブログから見る!マイアミ浜オートキャンプ場とは?

マイアミ浜オートキャンプ場
出典:なっぷ
今回ご紹介するのは、琵琶湖の美しい情景を一望できるマイアミ浜オートキャンプ。高規格なキャンプ場として人気があり、女性や小さな子供、キャンプ初心者の方でも安心して利用できる設備が整っています。キャンプ用品がなくてもレンタルすることが可能なので、キャンプデビューを考えている方にもおすすめです。

とは言うものの、設備面はやはり気になりますよね。マイアミ浜オートキャンプ場を知るためには、やはり実際に出かけた方のリアルな声を見るのが一番です。まずは実際にマイアミ浜オートキャンプ場に行かれたキャンパーさんのブログを覗いてみましょう。

ブログから見る!マイアミ浜オートキャンプ場の設備について

3月7日(土)〜8日(日)やっと我が家の初キャンプに行って来ました!このキャンプ場は、 高規格のキャンプ場ですが、この時期はオフシーズンで、サイト代はハイシーズンの半額以下になります(^^)で!今回は、 水道とシャワー室が付いたAサイトを利用しました。とてもキレイに整備されたキャンプ場で、サイトの前は琵琶湖、眺めもバッチリです♪(出典:おふたりさん

場所も、毎年恒例。マイアミ浜オートキャンプ場です。雨降ったから人が少ないかと期待したけれど、全然。今年もにぎわっていました。みんなで火起こし。その間に、子どもたちは水遊び。ザブーン。大はしゃぎ。気持ちよさそう。外で食べるって、美味しいなー。(出典:スマーフ no ひとりごと。

久しぶりの高規格キャンプ場でした。野洲市にあるマイアミ浜オートキャンプ場。琵琶湖も間近に見られて大きな波の音を聞くことが出来ます。Aサイトには各サイトにシャワー室が完備されてた!!!夏にファミリーで来るには最高なのでは。(出典:愛しのルイス&フィーゴⅡ

マイアミ浜オートキャンプ場の設備の充実ぶりと、なんといっても琵琶湖の絶景に皆様リピートして訪れている方が多いのも納得ですね。ハイシーズンを避けてお手頃価格で高規格サイトを利用するのもいいですね!

基本情報

営業期間:通年営業
定休日:なし
施設タイプ:ケビン、区画サイト
住所:滋賀県野洲市吉川3326-1
電話番号:077-589-5725
アクセス:名神高速・栗東ICより20km、車で約40分。
駐車場:利用者用駐車場あり(サイト内へ乗り入れ可能)、2台目から¥1,000/台(ただし、管理棟前 駐車場に駐車)
詳細はこちら

琵琶湖の独り占め!マイアミ浜オートキャンプ場のケビンを紹介

マイアミ浜オートキャンプ場のケビン
琵琶湖の湖畔に立つ、アメリカの西海岸をイメージしたようなおしゃれなケビン。デッキテーブルに椅子、さらに流しまで付いています。ケビンの中でも特に人気なのが、湖畔に立っている「ヴィラマイアミ」。海のような琵琶湖を眺めながら、ケビンでバーベキューなんて贅沢ものです。シーズン中は天気に限らず満室が続くそうなので、予約は早めがオススメです!

どのケビンもエアコン完備。「ヴィラマイアミ」と「マイアミケビン」だと、手ぶらでもキャンプが楽しめるように、寝袋、や調理器具からタープ、バーナーグリルや焚火台など、キャンプ用品も付属しています。

ケビンの料金・予約

【ヴィラマイアミ】
・1泊7,100円より
・デイキャンプ(日帰り)6,100円より

【マイアミケビン】
・1泊6,100円より
・デイキャンプ(日帰り)5,100円より

【カリフォルニアケビン】
・1泊4,100円より
・デイキャンプ(日帰り)4,100円より

マイアミ浜オートキャンプ場のケビンはどうだった?口コミチェック

4回ほど色んなシーズンに利用しています。ここはシーズン料金の設定があるので、普段は利用料金が高いケビンやヴィラも冬場は比較的リーズナブルな料金で利用できるのでおすすめです。設備も整っており、管理棟まで行けば暖かい便座のお手洗いも利用できます。ヴィラにはキャンプグッズが一式装備されており、手ぶらキャンプもできます。(出典:なっぷ

湖畔にあるキャンプ場で、景色が思う存分に楽しめました。
大阪から車で向かったのですが、、琵琶湖大橋を渡った近くという、わかりやすい場所にありました。私たちは夏場に利用したのですが、エアコン付きのヴィラに宿泊したので、快適に過ごすことができました。部屋から外に出るとテラスになっていたので、夜には仲間とテラスで風にあたりながら、ゆっくりと過ごすこともできました。温水シャワーやコインランドリーなどの設備もありますので、清潔に気を配りながら、キャンプをすることができます。(出典:なっぷ

今回利用するのはAサイトの一角にひとつだけあるこのヴィラマイアミです!!キャビンですがサイト自体がめちゃめちゃ広い!!当然、サイトが広いのでタープも張れます!!サイト奥のこのドアを通ってサイト前の湖へ!みんな水着に着替えて貝殻探し♪(出典:コミブロ

ケビンにはタープ、テーブル、チェア、ランタンにバーナーグリルなど設備が充実しているので手ぶらで思いっきり楽しめますね!サイトも広々していて快適に過ごせそうです。ケビンから琵琶湖を一望できるなんて贅沢な時間を過ごせますね。

高規格なサイトに注目!マイアミ浜オートキャンプ場のテントサイトを紹介

マイアミ浜オートキャンプ場のテントサイト
出典:なっぷ
マイアミ浜オートキャンプ場には、ABCの3種類のテントサイトがります。それぞれのサイトによって特徴があるので、見ていきましょう!

マイアミ浜オートキャンプ場Aサイト

マイアミ浜オートキャンプ場Aサイト
Aサイトはマイアミ浜オートキャンプ場の中でも、個室付き温水シャワーと炊事棟、洗い場がついた高規格なサイト。サイトごとに車を止めることができます。琵琶湖で遊んだあとに、すぐにシャワーを浴びられる嬉しいですよね。サイトは松林に囲まれているので、夏でも快適に過ごすことができます。

予約していたのは温水シャワー、炊事場がついているAサイト。一つのサイトごとに車を一台停められ、シャワーの個室と洗い場がついています。ホース付きの蛇口を含めて二つあるのが嬉しい。網や食器を洗い、ホースでバーベキューグリルを洗えたので便利でした。(出典:24歳で起業・未経験からWEBディレクター・マーケッターの道

サイト内に温水シャワー、洗い場があるので、とっても便利。流石、高規格ですね
サイトのすぐ前は松林があってその先には、すぐ琵琶湖 最高ですね
暑くなったら、すぐに浸かりに行ける最高のロケーション(出典:おかっぱのブログ

【Aサイトの料金】
●トップシーズン
・1泊8,200円
・デイキャンプ(日帰り)5,100円
●ハイシーズン
・1泊8,200円
・デイキャンプ(日帰り)5,100円
●オンシーズン
・1泊7,100円
・デイキャンプ(日帰り)4,600円
●バリューシーズン
・1泊5,100円
・デイキャンプ(日帰り)4,100円
●オフシーズン
・1泊3,000円
・デイキャンプ(日帰り)3,000円

マイアミ浜オートキャンプ場Bサイト

マイアミ浜オートキャンプ場Bサイト
有名雑誌のグラビア撮影にも起用されたサイト。広大な琵琶湖を眺めながら優雅なキャンプを楽しむことができます(場所によります)。サイトは電源サイト。コインシャワーが隣接しているので、目の前の琵琶湖で遊んだあとは、すぐにシャワーを浴びれてスッキリできます。サイト専用の共同炊事棟があります。

AサイトとCサイトの間にあるのがBサイトです。サイトを選べばテントから琵琶湖が見えますよ。我が家が多く利用しているのがBサイトです。料金はAサイトより安いですよ。(出典:Kutikomi

Bサイトには、AC電源と水道がついています。水道は、立水栓ではなく、地面に蛇口があるタイプなので、調理とかには、あまり向かないかも。手を洗ったり、鍋などの容器に水汲みをするなら、使えますね。サイトからびわ湖方向の眺めです。眺めは大事ですからね~。松林のすぐ向こうはびわ湖です。今回、私は利用しなかったんですが、シャワーは、管理棟とBサイトにありました。(出典:ナゼナニ

【Bサイトの料金】
●トップシーズン
・1泊7,100円
・デイキャンプ(日帰り)4,600円
●ハイシーズン
・1泊5,100円
・デイキャンプ(日帰り)4,100円
●オンシーズン
・1泊5,100円
・デイキャンプ(日帰り)4,100円
●バリューシーズン
・1泊3,000円
・デイキャンプ(日帰り)3,000円
●オフシーズン
・1泊2,500円
・デイキャンプ(日帰り)2,500円

マイアミ浜オートキャンプ場Cサイト

マイアミ浜オートキャンプ場Cサイト
施設の一番奥にある、静かなテントサイト。サイト前には琵琶湖が広がっています。こちらもBサイト同様に電源サイト。混み合っていない場合は、サイトの場所を自由に選べる場合も。

Cサイトは、利用客が割りと少ないので静かなキャンプを楽しみたいなーという方はおすすめです。日陰もありますし、Aサイトより安いですね。サイトを選べばすぐそこが琵琶湖です。景色を眺めながらキャンプが出来ます。デメリットは、結構風が強いです。ですから、風の対策が必要です。ペグは必ずきっちりとして下さいね。(出典:Kutikomi

今回は、キャンプ場の端に位置するCサイトを予約しました。
バリューシーズン1泊3000円ですよ〜。以前泊まったBサイトに比べると
◎トイレがすごく綺麗
◎木があるのでハンモック持参の方向け
◎木陰ができるので夏向け
△サイトを仕切る生垣が低いのでプライバシーが微妙
×管理棟から果てしなく遠い
×湖西道路から近く車の音がよく聞こえる
あくまで個人的な感想です。(出典:家と子供と暮らしのこと。

【Cサイトの料金】
●トップシーズン
・1泊7,100
・デイキャンプ(日帰り)4,600円
●ハイシーズン
・1泊5,100円
・デイキャンプ(日帰り)4,100円
●オンシーズン
・1泊5,100円
・デイキャンプ(日帰り)4,100円
●バリューシーズン
・1泊3,000円
・デイキャンプ(日帰り)3,000円
●オフシーズン
・1泊2,500円
・デイキャンプ(日帰り)2,500円

温泉やスーパーは…?マイアミ浜オートキャンプ場の周辺施設をチェック!

マイアミ浜オートキャンプ場の周辺施設
出典:写真AC
マイアミ浜オートキャンプ場が初心者にもおすすめできる理由として、周辺に温泉やスーパーなどの設備が充実している点が上げられます。キャンプ場に出かける前に、ぜひチェックしておきましょう。

キャンプ場周辺の温泉施設

●みずほの湯
キャンプ場から車で約10分のところにある弱アルカリ性単純温泉です。大浴場、露天風呂、寝湯、サウナなど設備も充実。お食事処やマッサージサロン、キッズコーナーもあります。
料金は大人(中学生以上)平日600円、休日650円。
小人(3歳以上小学生)平日300円、休日350円です。
詳細はこちら

キャンプ場周辺のスーパー

●魚忠ママセンター
車で10分のところにあるスーパーです。お肉や新鮮なお魚、地元のお野菜などが揃います。近江牛もお手頃価格で手に入るかもしれません!
地図はこちら

●ピエリ守山
車で7分のところにあるショッピングモールです。生鮮食品はもちろん、衣類やお薬、パン屋さんなど幅広いお店が入っていて便利ですね。
地図はこちら

●ザ・ビッグエクストラ野洲店
車で9分のところにあるイオン系列のお店です。生鮮食品や直営売場は朝7時からオープンしているので朝食をの材料などを買いに行ってもいいですね。
地図はこちら

夏でも冬でも琵琶湖を思いっきり楽しんじゃおう!

マイアミ浜オートキャンプ場
出典:なっぷ
今回は琵琶湖岸に広がる白砂清松の静かな環境の中にあるマイアミ浜オートキャンプ場についてご紹介させて頂きました。テントサイト、ケビン共に充実した設備が魅力的ですね。サイトによっては風が強い場所もあるようなので対策はきっちりしておきましょう。

目の前に広がる琵琶湖を眺めながらのんびりとアウトドアを楽しんだり、カヌーなどのアクテビティを楽しんだり遊び方はあなた次第です!

 

You can enjoy a view of Lake Biwa from your own site at Miamihama auto camping site

マイアミ浜オートキャンプ場なら、あなたのサイトから琵琶湖が眺められる!

関連する記事

%e7%90%b5%e7%90%b6%e6%b9%96%e9%9b%aa
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
chiyori

5歳の暴君の母ちゃんです!料理、釣り、カメラ、動物、子供が大好き!アメリカ在住時にアウトドアにどっぷりはまり帰国後もバーベキューやらキャンプを楽しんでいます!料理レシピや子連れならではの視点からもお伝えしていきます!

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • 長谷部 雅一
  • SAM & 沖田雅生
  • 八幡 暁
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE
 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!