CAMP HACK[キャンプハック]


和ギアでキャンプ

【キャンプで日本の伝統工芸の輝きを楽しむ】キャンプ和ギア13選

0

日本の伝統技術を活かした“和ギア”。海外発のキャンプ・アウトドアギアが多い中、日本の伝統や技術などをうまく活かしたギアがあるんです!そんな“和ギア”とともに、一味違ったキャンプを楽しんでみましょう!アウトドア和ギア13点を紹介します!

CAMP HACK編集部

制作者

CAMP HACK編集部

CAMP HACK運営&記事編集担当。ついつい最新ギアを買って試したくなってしまう自称“日本一の散財キャンパー”。家がキャンプ道具で溢れてきたので、「魅せる収納」にリフォームしようか検討中。

...続きを読む
CAMP HACK編集部のプロフィール

日本人だもの。和を感じるキャンプギアでキャンプを楽しもう!

キャンプ 和ギア出典 : Nodate Mug
キャンプ・アウトドアギアというと、その多くが海外で考えられたもの。しかし、日本の伝統や技術などをうまく活かしたキャンプギアがあるんです!日本のよさを感じながら行うキャンプはいつもとは一味違ったものになりそうですよ。そんなキャンプ和ギアをブランドごとに紹介します!

snow peak(スノーピーク)

新潟県三条市に本社を構える人気アウトドアブランド・スノーピーク。同ブランドには日本の自然・アウトドアにマッチする“和ギア”がいくつか出ています。世界に誇る金物の街・燕三条らしいハイセンスでハイクオリティなアイテムは、キャンプだけでなく自宅でも使いたくなってしまうほどの端麗さです。

スノーピーク 酒筒 (さかづつ) Titanium Sake Bottle Titanium

日本の情景によく合う日本酒を、粋に持ち運べる酒筒。すっきりシェイプされた酒筒はお猪口に注ぎやすい形状です。


キャンプやアウトドアでも日本酒を粋に持ち運べる酒筒とお猪口。酒筒はシングルウォール構造で冷えやすく、お猪口は二重構造でお酒の味を適温に保ちます。別売で酒筒とお猪口4つを収納できるネオプレーンケースもあります。

スノーピーク 和武器M

1996年に、携帯分割箸としてリリースされた和武器は、「使い捨てカトラリーは使わない」という明確なコンセプトが受け入れられて、国内外を問わず多くのファンを作りました。2009年、コンセプトはそのままに使い勝手を向上させた大二世が登場します。グリップは転がりづらい角型形状を採用。先端の素材には竹を採用しています。


1996年から発売されているスノーピークのロングセラー。グリップ部はステンレス、先端部は竹素材を採用。2分割してコンパクトに収納でき、付属の収納ケースに入れて持ち歩けます。ファンが多く、キャンプ、アウトドアシーンで首から下げている人をよく見かけます。サイズはMとLの2種類。

スノーピーク グランドオフトン シングル1000

「キャンプ=寝袋」という既成概念から脱却し、かつてない寝心地を実現したアウトドア布団。キャンプでも慣れている布団スタイルで寝れる夢心地アイテムです。



スノーピーク 風呂敷 ソリッドステーク

便利でスタイリッシュな風呂敷!
暖簾のような「絵」
実際に切り絵を作って作りこんだ綿100%のナチュラルな風合いの風呂敷。



スノーピーク 風呂敷 ペグハンマー

便利でスタイリッシュな風呂敷!
暖簾のような「絵」
実際に切り絵を作って作りこんだ綿100%のナチュラルな風合いの風呂敷。




Nodate(ノダテ)

福島県会津若松市の 「関美工堂」から誕生したキャンプ、アウトドア用漆塗りアイテムです。漆塗りというと高級品のイメージですが、じつは抗菌性、耐久性に優れ、とても軽量。そんな漆塗りの特性を生かし、キャンプでも気兼ねなく使えるよう生み出されたのがこのマグとちゃぶ台です。漆は使い込むほどに艶が出るので、経年変化も楽しめますね。

関美工堂() ノダテマグ タナゴコロ

陶磁器・金属器・樹脂器などに比べ、実は多様なメリットに包まれる「漆器」は、数百年もの長きに亘り、花見や屋外イベントなどアウトドアで活躍してきました。しかし、今やどこの家庭でも戸棚の奥でひっそりと出番を待ち続けているマイナーな存在。「漆器」は非常に軽く、上部で携帯性に優れ使い込めば艶が増し、経年進化が楽しめます。割れ・欠け・塗り直しなど修理可能で、さらに抗菌作用もあります。


キャンプ アウトドアギアNODATE mug x Monro KIN-MAKI MUG/アウトドアブランド「Monro(モンロ)」とのコラボバージョンも!オリジナルの”白漆”で仕上げられた風合いとデザインが素敵すぎ!

出典 : Monro
キャンプ アウトドアギアNodate Chabu (ノダテチャブ)/漆塗りのフォールディングローテーブル。2015年改良モデルは脚2枚仕様で構造をシンプル化し、脚の外れ防止のための閂(かんぬき)も装備。天板裏の溝に脚を差し込む仕様。中央に穴の開いたワンポールテント用と通常のちゃぶ台があります。

出典 : ビープレゼ

mont-bell(モンベル)

モンベルから野点セットがリリースされているのをご存知ですか?これはお茶をたしなむ創業者・辰野勇氏の遊び心から生まれた製品。山でもお茶を点てることができればと開発されたそうです。総重量は305gと軽量。茶碗は割れにくいメラミン製、茶せん、茶杓はコンパクトサイズ仕様になっているので、持ち歩くのに苦になりません。キャンプで野点、粋な感じでいいかも!

モンベル 野点セット

コンパクトな携帯用野点セットです。茶せん、茶杓、いずれも携帯性を重視してサイズを小さくした特別仕様。茶碗はメラニン製で割れにくく、アウトドアに最適です。巾着の底部と側面には緩衝材としてスポンジを入れてあります。



野燗炉(のかんろ)

野燗炉とは日本に古くから伝わる炭でお酒を温める道具です。平安時代~江戸時代あたりに誕生したと言われており、箱状のフォルムにお酒を温める穴と炭を入れる炉が付いています。江戸時代の後期には庶民に広がりお花見や行楽などに利用されていたそうですが、時代とともにその姿は消えていきました。その野燗炉を兵庫県のJIPANGWORKSが現代風にアレンジ。熱燗を作るとともに焼く、炙る、炒める、煮る、燻す調理と、それに加えて湯を沸かすことが同時にできます。キャンプサイトで昔ながらの道具で熱燗、シブすぎます!


キャンプ アウトドアギア野燗炉付属品の違う4タイプのセットで販売。右の貯湯部分は熱燗するだけでなく、スープを作ったり麺をゆがいたり。アイデア次第で使い方は広がります。
野燗炉写真はトングや焼き網などが付属する「野燗炉 梅 UME セット」

出典 : 野燗炉

paagoworks(パーゴワークス)

「張りにくさ」を徹底的に解決しようとした結果、手裏剣型のタープが完成。NINJATARPと名付けられたそのアイテムは様々なアレンジが可能。

パーゴワークス SHURIKEN シュリケン



パーゴワークス SHURIKEN シュリケン


アイキャッチ画像出典 : Nodate Mug
 

Wabisabi In Camp!
キャンプで侘びワビを感じよう!

関連記事