CAMP HACK[キャンプハック]


【体験レポ】破れてしまったチェアをスノーピーク修理サービスに出してみた | 2ページ目

0


スノーピークの修理サービスに出してみた

img_7886
提供:編集部
fireshot-capture-535-%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%b9-%ef%bd%9c-%e3%82%b9%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%af-%ef%bc%8a-snowpeak-https___www-snowpe
出典:snowpeak
まずはネットで「スノーピーク 修理」と検索。そしたら「オンライン修理受付」のページが出てきました。

ここでまず気付いたのが、オンライン修理受付を利用するには、スノーピークのポイントカード番号が必要ということ。自分は登録していなかったので「愛用しているローチェアが直るなら」との思いでパパっとアカウント登録完了。

スノーピーク ウェブサイト
出典:snowpeak
マイページにはセール情報や再入荷情報などが自動的に入ってくるので、これだけでも十分登録の価値ありな内容。

修理申し込みの手順

スノーピーク 申し込み手順
出典:snowpeak
まず手順ですが、まとめると下記のようなシンプルな行程。まずは修理に出す製品について入力していきエントリー。上の写真のようにカテゴリーを選び、今回はローチェアなので「ファニチャー」を選択。

続いて購入時期や、使用頻度について聞かれます。これはどれだけ使い込んでいるのか判断するための情報なので、出来る限り正しい情報を入れることをおすすめします。

修理の手順

1. 修理エントリー
2. 引渡し方法を選択する
3. 製品を預ける
4. 決済
5. 製品が送られてくる

スノーピーク 修理手順
出典:snowpeak
そして依頼するアイテムの不具合の状態を選びます。今回は大きく穴が割くように空いてしまったので生地の「破れ/裂け」を選択。

もし写真が撮れるようなら、アイテムの画像を撮って送ることも可能。ここでしっかり状況を伝えておけばスムーズに金額や修理期間を診断してくれます。
スノーピーク 修理手順
出典:snowpeak
日中の連絡先や返送先の住所を入力したら、希望の修理金額を選びます。修理の相場が分からなくても同ページに参考金額が書いてあるので迷わずに入力することができます。

この時は「5cm程度の穴・破れは2,000~5,000円」とあったので、修理金額の上限を5,000円と設定しました。
img_7403
提供:編集部
情報の入力を完了したらエントリーシートをプリントし、製品と一緒に集荷に来てくれた配送業者に渡します。こちらから送るパターンと、店舗へ持ち込むパターンでもエントリーシートは同封させます。

しばしローチェアとはお別れ。この待っている期間もマイページからステータスは確認することができ、着荷・お見積り・納期のご連絡・修理開始・配送などのタイミングで連絡をくれるように設定することも可能です。

見積もりの連絡がきた

ほどなくしてスノーピーク側から修理にかかる料金の見積もりの連絡が。

修理費用に関しては製品の状態により変わるということで、今回の費用に関しては控えさせていただきますが、想像以上にお得な費用で対応してくれました……!

では、気になる仕上がりは?

修理後のローチェアはすっかり別人に!

関連記事