LED LENSER(レッドレンザー)おすすめヘッドライトを厳選!

2019/03/04 更新

レッドレンザーのおすすめライト15選!ヘッドライトやP7.2、T7Mといった代表ライトも紹介します。レッドレンザーは高品質なライトをリリースするブランド。リーズナブルなものから最高級のものまで掲載!アウトドアや普段使いまでカバーできますよ!


アイキャッチ出典:LEDLENSER

レッドレンザーのおすすめを厳選!

レッドレンザーのロゴ
出典:LEDLENSER
レッドレンザーで観察をする男性
出典:LEDLENSER
レッドレンザーはヘッドライト、フラッシュライト(懐中電灯)の専門メーカーであり、ドイツ、イタリア、日本、中国、スイスに拠点を持つグローバル企業です。その質は高く評価され、これまでに200を超える国際的なデザイン賞を受賞しています。

また、アスリートによるプロチームによる厳しいフィールドテストを行っていて、それは商品開発にもフィードバックされています。これからそのレッドレンザーのおすすめライトを紹介します!

レッドレンザーのヘッドライトおすすめ5選

【XEO19R】

全てのフィールドに対応できるように開発されたヘッドライトのフラッグシップモデル。最大光束は驚きの2.000lm!もちろん防水機能付き。そして、専用電池ではUSBをつなげば携帯なども充電できますよ。
ITEM
レッドレンザー XEO19R
●サイズ:全長405mm/ヘッド直径38.2mm
●本体重量:478g
●使用電池;専用バッテリーパック
●照射距離:最大300m 最低100m
●連続使用時間:最大20h 最低4h
●最大光速:2000lm
●その他機能:左右個別点灯可能

【デザイン】二つ目になりましたがいつものLED LENSER社製品同様かっこよいです。
【明るさ】2000ルーメンは眩し過ぎて見ていられないぐらい強力です。



【H14R.2】

今までのヘッドライトよりも本格的に使用したいユーザーのために開発されたモデル。転倒時の明るさの調節や、点滅スピードの調節を可能にしています。あまりの明るさに周りがびっくりすること間違い無し!
ITEM
レッドレンザー H14R.2
●サイズ:全長115mm ヘッド直径37mm
●本体重量:340g
●使用電池:専用電池
●照射距離:最大300m 最低70m
●連続使用時間:最大35h 最低6h
●最大光速:1000lm
●その他機能:バッテリーインジゲーター機能

バッテリーが思った以上に長持ちします。
明るさも抜群です。
一度使うと他のヘッドライトは使えないですね。


【SEO7R】

最先端のテクノロジーを使用し、周囲の明るさを感知して明るさを自動調節。そのおかげで手元を見るときに明るすぎて目がくらむ事が軽減されますよ。電池も単4アルカリ電池が使用可能。
ITEM
レッドレンザー SEO 7R
●サイズ:全長158mm ヘッド直径29mm
●本体重量:93g
●使用電池:専用電池パックまたは単4形アルカリ電池×3本
●照射距離:最大130m 最低40m
●連続使用時間:最大20h 最低5h
●最大光速:220lm
●その他機能:単4アルカリ電池使用可能

メーカー保証5年間付いてました。防水パッキンがめくれていたので、メーカーに問い合わせしたら、初期不良だという事でAmazonで交換しますとの事。Amazonに連絡したら、メーカー担当者を聞かれました。メーカー担当者を明示したところ、新品交換してくれました。初期不良交換の場合は、メーカー担当者名を必ずメモする事をお勧めします。
凄く明るくて、軽くて凄く良いものです。パナソニックのBF-AH30の倍ぐらいの明るさがあります。絶対的にお勧めします。


【SEO5】

スペックだけでなく、見た目もおしゃれなヘッドライト。不意の転倒を防ぐためのスイッチロック機能付きなので安心してザックに入れておけます。バッテリーケース一体型なので防水機能もバッチリ!
ITEM
レッドレンザー SEO 5
●サイズ:全長158mm ヘッド直径29mm
●本体重量:105g
●使用電池:単4アルカリ乾電池×3本
●照射距離:最大120m 最低40m
●連続使用時間:最大25h 最低7h
●最大光速:180lm
●その他機能:赤色5mmLED×1

LED LENSERは2台目、H7からの買い換えです。
H7は約2年使用しましたが当時としては驚異的な明るさで、しかも安価。
一度使用すると夜間登山には欠かせないものとなりました。
星野撮影をしますので赤色灯つきを別に持って行っていたのですが、今回赤色灯内蔵のSEO5に買い換えとなりました。
バッテリーケース一体型となり、H7の最大の弱点であった防水性も強化され、悪天候時の信号など山でも安心して使用できます。


【NEO】

カラフルでおしゃれなヘッドライト。とても軽量でジョキングなどでも苦になりません。後部バッテリーボックスの赤色視認灯のおかげで「見える」そして「見つけてもらえる」安心感がありますよ!
ITEM
レッドレンザー NEO
●サイズ:全長156mm ヘッド直径65mm
●本体重量:88g
●使用電池:単4形アルカリ電池×3本
●照射距離:最大10m 最低10m
●連続使用時間:最大40h 最低10h
●最大光速:90lm
●その他機能:赤色5mmLED×1灯

いろいろなレビューを見てから購入しましたが問題ありませんでした。
いままでトレラン用のヘッドライトを使用していましたが重量があるためマジックテープ等で帽子などにこていしていました。本商品は軽量でランニングには負担に感じません。


レッドレンザーのライトおすすめ10選

【P7.2】

世界的に大人気だったP7をベースに人間工学を取り入れてアップグレード。その結果スイッチはレスポンスよくかつ大きめのサイズに改良されました。グローブを着けていても扱いやすくなりましたよ。
ITEM
レッドレンザー P7.2
●サイズ:全長130mm ヘッド直径37mm
●本体重量:175g
●使用電池:単4形アルカリ電池×4本
●照射距離:最大260m 最低100m
●連続使用時間:最大25h 最低1h
●最大光速:320lm
●その他機能:ローズンブラック加工

レンズと持ち手の接続部が前後にスライドするように出来ており、これで配光をワイドにしたりスポットにしたりすることができます。
肝心の光はLEDらしく白色、ムラもなく綺麗でくっきりとした丸になります。
点灯パターンはテールスイッチで切り替え、Hi→Low→消灯の順です。また、どの点灯モードでも、軽くテールスイッチを押すと、押している間だけ最大出力で点灯します。
ライトは持った感じ、サラサラしてます。また持ちては凹凸が付いているので滑りにくくなっています。


【T7M】

ライトに護身用のストロボまで付いているハイエンドモデルになります。しかもそれだけでなく、エンドキャップがメタル製。これがいざとゆうときにガラスクラッシャーに早変わり!
ITEM
レッドレンザー T7M
●サイズ:全長131mm ヘッド直径37mm
●本体重量:180g
●使用電池:単4アルカリ電池×4本
●照射距離:最大280m 最低100m
●連続使用時間:最大35h 最低2h
●最大光速:400lm
●その他機能:ガラスクラッシャー付き

400ルーメンはブーストモード
130%
の明るさで、パワーモード
100%
は約307ルーメンです
コンスタント出力モードで100%が2分間持続→次の5分間で60%までダウンし電池が無くなるまで持続
ノーマル出力モードで100%が2分間持続→次の5分間で50%までダウンし25分間持続、その後15%までダウンし電池が無くなるまで持続



【X21R.2】

これぞ最高峰のハンディライト!最高速は3.000lm、最高照射距離は700m、バッテリー寿命は最高40時間。スポットだとかなり遠くまで届き、ワイドにすると綺麗な円形に照らしてくれますよ。
ITEM
レッドレンザー X21R.2
●サイズ:全長405mm ヘッド直径95mm
●本体重量:1300g
●使用電池:専用充電池
●照射距離:最大700m 最低150m
●連続使用時間:最大40h 最低3h
●最大光速:3000lm
●その他機能:エマージェンシーモード

一年位前、X21を興味本位で買いその明るさに驚愕しつつも、意外に実用的に使え
(夜のタイヤ交換や三脚に固定し夜の屋根の雪下ろしの照明に)重宝しておりました。
で今回X21R.2を偶然にも発見したので購入。
本当のに3200ルーメンあるのかと半信半疑でまず日中の障子戸におおわれた、天気の良い室内で点灯したら、
室内が明るいのに明るい??凄いと思いつつ夜まで待ち点灯。


【M17R】

Mシリーズの中でも最も大型。そしてパワフルなハイエンドモデルになります。驚きなのは独自開発されたイットリオン電池。驚異の充放電回数、わずか3.5時間の高速充電など様々な機能を可能にしています。
ITEM
レッドレンザーM17R
●サイズ:全長300mm ヘッド直径53mm
●本体重量:740g
●使用電池:専用充電池
●照射距離:最大450m 最低250m
●連続使用時間:最大36h 最低5h
●最大光速:850lm
●その他機能:Transportation Lock

【P7R】

こちらはPシリーズのハイエンドモデルになります。最大光束1.000lm、最大照射距離210mのスペックでボディはわずか158mm。これなら大きさを気にせずにキャンプに山に持ち運べますね!
ITEM
レッドレンザー P7R
●サイズ:全長158mm ヘッド直径37mm
●本体重量:210g
●使用電池:専用充電池
●照射距離:最大210m 最低40m
●連続使用時間:最大40h 最低2h
●最大光速:1000lm
●その他機能:Focus Lock

【F1R】

超小型のFシリーズ。小型でもF1Rの最高光束は1.000lm!ボディには軍用基準に準拠している硬質アルマイト加工が表面に施されています。耐食、耐摩耗頑丈さも他のライトに引けを取りませんよ!
ITEM
レッドレンザー F1R
●サイズ:全長115m ヘッド直径30mm
●本体重量:120g
●使用電池:専用充電池
●照射距離:最大160m 最低20m
●連続使用時間:最大60h 最低3h
●最大光速:1000lm
●その他機能:Low Battery Warning

【P5R.2】

Pシリーズにはスタイリッシュ性と最高のパフォーマンスが込められています。P5R.2は姉妹品よりもわずかに大きくなりましたが、重量はさらに軽く設計されています。このサイズなら気軽に持ち出せますね!
ITEM
レッドレンザー P5R.2
●サイズ:全長117mm ヘッド直径26mm
●本体重量:75g
●使用電池:専用充電池
●照射距離:最大240m 最低50m
●連続使用時間:最大12h 最低4h
●最大光速:270lm
●その他機能:Focus Lock

【P7QC】

商品名に書かかれているQCとはクアトロカラー。4色のマルチカラーLEDを搭載しています。それぞれの色に適している使い方ができます。まさにアウトドアに適したマストアイテムですね!
ITEM
レッドレンザー P7QC
●サイズ:全長133mm ヘッド直径37mm
●本体重量:175g
●使用電池:単4形アルカリ電池×4本
●照射距離:最大60m 最低20m
●連続使用時間:最大20h 最低3h
●最大光速:220lm
●その他機能:プリズムディフューザー搭載

思った以上に明るいです。ノーマルのP7.2と違い拡散光ですから、照明代わりになるかも。



【TT】

Tシリーズは過酷な使用を想定されて設計されたシリーズ。信頼性が高く、表面には手になじみやすいローレット加工が施されています。グリップ性、耐水性、耐衝撃性と優れており、キャンプなどアウトドアにぴったり!
ITEM
レッドレンザー  TT
●サイズ:全長16mm ヘッド直径32mm
●本体重量:132g
●使用電池:単4形アルカリ電池×3本
●照射距離:最大220m 最低25m
●連続使用時間:最大25h 最低3h
●最大光速:280lm
●その他機能:ロールプロテクション

質感良し
転がり防止よし
光が少し狭いかな
ワンクリックでオンオフ出来ていい
買って損なし


【D14.2】

Dシリーズはウォータースポーツを楽しむ人のために開発。水深60mまで耐えることができます。世界中のプロフェッショナルの声から作り出されたライト。これならキャンプの川遊びにもぴったりですね!
ITEM
レッドレンザー D14.2

シンプルイズベストのLEDLENSER

レッドレンザーをつけて夕食を楽しむ登山家
出典:LEDLENSER
今でも進化し続けるレッドレンザーのライト。機能性が高く無駄を省いたシンプルなデザインは世界中に多くのファンやリピーターがいます。

それは世界各国の素晴らしいアスリート8名の協力で、実際のフィールドの情報を常に集め、そして製品にしっかりとその情報をフィードバックしているからです。堅固なボディに確かな品質。まさに小さな巨人ですね!

 

LEDLENSER where the light is simple and sturdy!!

ライトは質実剛健なLEDLENSERで!!

紹介されたアイテム

レッドレンザー XEO19R
サイトを見る
レッドレンザー H14R.2
サイトを見る
レッドレンザー SEO 7R
レッドレンザー SEO 5
レッドレンザー NEO
サイトを見る
レッドレンザー P7.2
サイトを見る
レッドレンザー T7M
サイトを見る
レッドレンザー X21R.2
サイトを見る
レッドレンザーM17R
サイトを見る
レッドレンザー P7R
サイトを見る
レッドレンザー F1R
サイトを見る
レッドレンザー P5R.2
レッドレンザー P7QC
サイトを見る
レッドレンザー  TT
サイトを見る
レッドレンザー D14.2
サイトを見る

関連する記事

レッドレンザーと山小屋
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
安保 直紀

野生動物撮影の旅に行きたくて仕事を辞め、キャンピングトレーラーを引っ張って北海道へ。その後フリーカメラマンに転身。旅にはいつも愛犬と家族が一緒です。次の撮影旅の行き先を考えている毎日です。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!