CAMP HACK[キャンプハック]


【固形燃料】エスビットと100均のコスパ検証!自作方法も紹介

0


エムジートレイル ドーム型固形燃料用ゴトク

ドーム型形状を採用しているのでしっかり防風効果を発揮。小型で携帯性が抜群ながら使用時の安定感もあるので登山やツーリングの時には揃えておきたいアイテムです。

エムジートレイル ドーム型固形燃料用ゴトク

●<span class="a-list-item">サイズ:直径135/高さ50㎜</span>
●重量:150g
●<span class="a-list-item">素材:ステンレス</span><br />


スマイリースマイル ポケット固形燃料用ストーブ

エスビット製の固形燃料のサイズに合わせて作られたストーブ。エスビット製のほか、100均で販売されている固形燃料にもサイズがベストマッチのものがあります。

スマイリースマイル ポケット固形燃料用ストーブ

●収納サイズ:10×7.7×2.3㎝
●重量:105g
●素材:鉄(亜鉛メッキ)


固形燃料を比較!ダイソー/100均の固形燃料の実力は?

固形燃料と鍋
提供:SiSOLAB
固形燃料で気になるのが各社固形燃料の火力、火の持ち(持続性)、コスパ、ですね。代表的な4つの固形燃料を比較した場合、それぞれどんなメリット、デメリットがあるのか見てみましょう。

ダイソー カップ入

固形燃料とタイムウォッチ 100均で買えるのダイソーの固形燃料です。

■1個25g、3個入りで100円
■400㏄の水の沸騰まで5分50秒
■燃焼時間は14分40分

ススが多少出るのが気になるという声が多いですが、廉価な製品にしては実用に問題なしの燃焼性能です。

エスビット

エスビットの固形燃料 固形燃料の代名詞といえるエスビット。

■1個14g、6個入りで600円
■400㏄の水の沸騰まで9分41秒
■燃焼時間は13分20秒

こちらの結果ではススは少な目で、軽量な分燃焼時間は短め。ですが重さに対しての燃焼時間はダイソーよりも優秀です。1個14gという軽さは、荷物に限りのあるハイカーやソロキャンプには大きな魅力ですね。

キャプテンスタッグ

キャプテンスダッグの固形燃料 アウトドアブランドのキャプテンスタッグ製固形燃料。

■1個30g、6個入りで550円
■400㏄の水の沸騰まで10分30秒
■燃焼時間は37分

他に比べると火力が弱く、沸騰までの時間が長いのが難点ですが、持続性に強い結果が出ています。固形燃料を使って多くの料理を行いたい場合などには最適ですね。

ダイソー パック式

パック式の固形燃料
提供:SiSOLAB
100均のダイソーで入手可能な固形燃料の第2弾。

■1個27g、4個入りで100円
■500㏄の水の沸騰まで約7分
■燃焼時間は約13分弱

火力も持続性も備わっており、かなり優秀なのがこちらのジェル系固形燃料。エスビットに軽量性は敵いませんが、十分過ぎる性能ということが分かりますね。

関連記事