CAMPHACK

老舗アウトドアセレクトショップ『ハウディー ドゥーディー』。その成り立ちに迫る

0

雑誌「HUNT」とのコラボレーション企画第15回。神戸を中心に全国に店を構える「ハウディー ドゥーディー」をHUNT編集部が取材した内容をお届けします。

HUNT編集部

ヴィンテージルアーと鹿と洋服。

01
入舩 郁也さん 兵庫県神戸市出身。2000年にアパレルショップを始めて以来、ファッションブランドの設立、飲食店経営など、多角的な方面で活躍。時計修理技師の父の姿を見て、モノを大切に使うことの重要性や、資源の有効活用について考える事も多く、その理念を商品作りに反映させている。http://merican-hq.com/
入舩郁也さんが代表を務めるメリケンヘッドクォーターズは、洋服屋を4店舗、飲食店を2店舗構え、加えて2つのファッションブランドを展開している企業。これだけ店を多角展聞していると、店を転がしているイケイケの会社かと思われるが(誰も思っていない?)、そんなことは無く、むしろ、社会貢献を会社のテーマとし、人にも、洋服にも、自然環境にも真摯に向き合っている、一本筋の通った企業なのである。

それまでアパレルの企画として働き、洋服の企画をしていた入舩さん。彼は2000年に脱サラし、生まれ育った神戸・元町に、フィッシング&ハンティングの世界観をファッションに落とし込んだセレクトショップ『HOWDY DOODY』を開いた。

その20㎡程度の小さな店には、国内外からセレクトしたカジュアルウェアが販売されており、至る所に入舩さんの趣味でもあるヴィンテージルアーがディスプレイされている。
02 アムコのヴィンテージ・タックルボックスに収められた、入舩さんの釣り道具(一部)。彼は、ヴィンテージヘドンの中でも、ウッドからプラスチックに変わった時の1940〜50年代のものや、ミッドセンチュリーの時の、スペースチックなものがお好きなのだという。
「その当時、趣味なのか仕事なのか、僕はアメリカに滞在して、コレクターの家に行ったり、僻地のショップまで行って、珍しいヴィンテージルアーを買い付けてたんです。それで、どっちがついでか分からない状態で、洋服も仕入れては店で販売していました」

入舩さんは当初からオリジナル商品を展開していたものの、当時はヴィンテージルアーの販売がメインだったという。しかし、次第に店も繁盛し、2008年にブランドを立ち上げた頃からは、もっとファッションを提案しようと、現在のように洋服主体の品揃えになったのである(とは言え、その品揃えは健在)。

関連記事