アプリ限定で20万円分のAmazonギフト券をプレゼント!
分離型シングルバーナー

料理の幅が広がる!キャンプには「分離型シングルバーナー」がおすすめ!

2022/08/16 更新

分離型シングルバーナーがキャンプにおすすめの理由と、ガス式を採用した7つのモデルを紹介!分離型シングルガスバーナーを使えば、キャンプ料理の幅が広がります!中にはダッチオーブンが使えるモデルも!要チェック!

目次

アイキャッチ画像出典: ユニフレーム

ガス式の分離型シングルバーナーに注目!

キャンプであると便利な道具と言えば、ガスタイプのシングルバーナー(ソロストーブ)。ガスバーナーの中にもいくつか種類がありますが、今回は「分離型のシングルバーナー」に注目!おすすめのポイントとモデルを紹介したいと思います。

分離型シングルバーナーがおすすめの理由

なぜキャンプに分離型シングルバーナーがおすすめなのか、2つの理由を紹介します!

おすすめの理由1 いろいろな調理器具が使えるから料理の幅が広がる!

スノーピーク ヤエン ストーブ ナギ

出典:Instagram by @taaaaaaaachan

分離型のメリットは「本体とガス缶が離れている」「ゴトクが大きめ&低重心なので安定感がある」ということ。

ガス缶と直結する一体型シングルバーナーの場合、ガス缶爆発の恐れがあるため輻射熱を発生する鋳鉄製品は使用できません。けれど本体とガス缶が十分に離れている分離型なら安心。中にはダッチオーブンが使用できる分離型バーナーも。

またゴトクが大きめに作られているものが多く、低重心なので、大きい鍋やフライパンを使用しても安定した調理を行えます。さまざまな調理道具が使えるので料理の幅も広がりますよ!

ただし使用できる調理器具は製品によって違うので、事前のチェックをお忘れなく。

おすすめの理由2 荷物が減らせる、持ち運び快適!

分離型シングルバーナーは一体型よりも大きめ。そこをデメリットと捉える人もいますが、ツーバーナーと比べたらかなり小さく、持ち運びも快適。前述した通り調理の幅も広いので、ツーバーナーは持ち込まず、分離型シングルバーナーのみという人もいるほど。

グループキャンプで大人数のごはんを一気に作るならツーバーナーが便利ですが、家族でバーベキューを楽しみながらとか、少人数で作りながら食べるなどのキャンプスタイルなら、分離型シングルバーナーもアリですよ!

分離型シングルバーナー7モデルを紹介!

初心者でも扱いやすいガス缶使用の分離型シングルバーナー7モデルを紹介します!

ユニフレーム テーブルトップバーナー US-D

本体直径約20cmとかなり大きめのゴトクは高い強度で仕上げられていて、安定感の高さはピカイチ。なんと言っても耐荷重が約15kgもあり、12インチのダッチオーブンを載せられるのがポイント。大鍋や同社の鉄板も使うことができるので、調理の幅が広がります。

ユニフレーム テーブルトップバーナー US-D

●サイズ:約20×20×高さ9cm(ホースの長さ 約35cm)
●重量:約900g
●最大火力:3900kcal(プレミアムガス)
●燃焼時間:最大火力時約45分(プレミアムガス)

☆2017年5月以降に発売予定の新製品も!

ユニフレームでは超軽量でコンパクトな分離型シングルバーナーを2017年5月以降に発売予定!「セパレートバーナーUS-S」は4本ゴトクのシンプルな作りで、ガス取り付け部をワイヤーにすることで軽量化。耐荷重は約5kgなのでダッチオーブンは厳しいですが、大鍋は安心して使えます。

●収納サイズ:約10×8×高さ10cm(ホースの長さ 約35cm)
●重量:約400g
●最大火力:3000kcal/h(プレミアムガス)
●燃焼時間:約80分(最大火力時・プレミアムガス)

EPIgas APSA-III ストーブ

EPIの分離型バーナー、APSA-III STOVE
出典: EPIgas
EPIの分離型シングルバーナー
出典: EPIgas

EPIに2種類ある分離型シングルバーナーのうち、初心者でも扱いやすいタイプがこのAPSA-IIIストーブ。大きな特徴は自動点火スイッチがガス缶側にあるということ。着火時に安心して操作することができます。また3本ゴトクは回転幅によって、ゴトク系φ14/16cmの2段階に調整OK。

EPIgas APSA-IIIストーブ

●サイズ:Φ25/22.6×高さ9cm(ゴトク径Φ16/14cm)
●収納サイズ:9.6×10.4×高さ18cm
●重量:425g
●最高出力:4000kcal
230P+カートリッジ使用時)
●燃焼時間:約85分

EPIgas SPLIT ストーブ

EPIの分離型スピリットストーブ
出典: EPIgas
ガス式分離型シングルバーナー特集
出典: EPIgas

EPIのもう一つの分離型バーナーが、機能的でハイカロリーなこちらもモデル。まずチタン製のゴトクは最大10mmまでの高さ調整ができるコントローラーが付属しているので、傾斜のある地面にも対応。

またクッカーの大きさに合わせてゴトク径をφ12.2/14.4cmの2通りに調整可能。さらにゴトク上部にセーフティリングを装着すれば安定感が得られます。最高出力も4200kcalとハイパワー!

EPIgas SPLITストーブ

●サイズ:最大使用時/高さ104×Φ186mm
ゴトク径/Φ144mm
、最小使用時/高さ91×Φ166mm
ゴトク径/Φ122mm

●収納サイズ:8.5×12.1×高さ12cm
●重量:234g
●最高出力:4200kcal (230P+カートリッジ使用時)
●燃焼時間:約65分

スノーピーク ヤエン ストーブ ナギ

直径約20cmの風防が一体となったシングルバーナー。バーナー本体に付属するゴトクを風防にハンギングしてセットすれば風防兼脚となり、フィールドでも安定して使うことができます。ゴトクの高さは2段階あり。本体とは別にコンパクトなイグナイターを標準装備しています。

スノーピーク ヤエン ストーブ ナギ

●サイズ:Φ21.3×高さ10cm、ゴトク径Φ19cm
●収納サイズ:バーナー12.9×5.1×6.2cm、風防ユニット8.3×10×2.7mm、ボトムシート10×9×3cm
●重量:バーナー209g、風防ユニット147g、ボトムシート36g、イグナイタ16g
●出力:2800kcal/h

SOTO シングルバーナーST-301

SOTOの分離型シングルバーナーst-301
出典: SOTO
ガス式分離型のSOTOシングルバーナー
出典: SOTO

燃焼系アイテムに定評のあるSOTOの分離型シングルバーナー。シンプルな3本ゴトクは外径約20cmあり、大きな鍋(直径25cmまで)も使用可能。高さは約8.3cmと低重心なので安定感があるのもポイント。

SOTO シングルバーナー ST-301

●サイズ:幅19×奥行17.6×高さ8.3cm
使用時・ゴトク+点火ボタンのみ)
●収納サイズ:16×奥行10×高さ9cm
●重量:690g(本体のみ
●発熱量:3200kcal/h(ST-760使用時)
●使用時間:約1.4時間(ST-760を1本使用時)

プリムス エクスプレス・スパイダーストーブⅡ

プリムスの分離型シングルストーブ

収納時は手のひらサイズになるコンパクトなバーナー。シンプルでスタイリッシュなフォルムも魅力的です。特徴的な機能としては、バーナーヘッドを囲むように配されたプレヒートパイプ。燃焼熱でガスの気化を促進させ、低温時でも安定した燃焼が続けられます。圧電点火装置はなし。

プリムス エクスプレス・スパイダーストーブⅡ

●ゴトク径:15.6cm
●収納サイズ:8.7×4×8.3cm
●重量:195g
●出力:2400kcal/h(Tガス使用時)
●燃焼時間:約70分(IP-250ガス使用時)

キャンプで手軽に料理を楽しみたい人におすすめ!

ツーバーナーよりコンパクトで持ち運び快適、そして一体型シングルバーナーより多彩な調理器具が使用できる分離型シングルバーナー。ガス式ならセッティングも楽なので、手軽に素早く調理が始められます。料理の幅が広がるアイテムですよ!

 

Separable single burner!
分離型シングルバーナーがおすすめ!