CAMPHACK

ルーフボックスTHULE TouringLを載せてみた!気になる積載問題3点を検証!

0

ルーフボックスTHULE-TouringLを購入し、車に積載してみてわかったメリット・デメリットを検証しました。実際どのくらい載せられるのか、積載の難点とコツについても詳細にお届けしています!車内が狭いとお悩みの方、ルーフボックスおすすめですよ。

ふじ やすこ

キャンプ道具収納に最適なルーフボックスは?

thule-2016-2017_jap_ts-9 出典:ABE SHOKAI
キャンプ道具が増えるにつけ、車載量と持っていきたいギアのアンバランスに悩む方も多いかと思います。かくいう筆者もその一人。載せてみたらとっても便利なルーフボックス。取り付けから荷物の収納までその使用感についてリポートします。

様々なブランドから出ているルーフボックス。キャンプ道具を収納するという目的から考えると、ボックスの高さが重要になってきます。その点を考慮して代表的ブランドのルーフボックスの中で高さのあるモデルを列挙してみました。

①INNO WEDGE 665

全長2050㎜、全幅840㎜、全高400㎜、容量400l、最大積載量50㎏、製品重量23.5㎏、左右両開き。


INNO WEDGE 665

各2色


②TERZO AEROGT 450

全長1930㎜、全幅860㎜、全高410㎜、容量450l、最大積載量75㎏、製品重量23.5㎏、左右両開き。

③THULE Touring L

全長1960㎜、全幅780㎜、全高430㎜、容量420l、最大積載量50㎏、製品重量15㎏、左右両開き。




この3つを比較検討した結果、③THULE Touring Lの製品重量がダントツに軽い!と分かり、車のルーフにある程度の重量を乗せることを考えるとルーフボックス自体が軽いものがいいのではないか、という結論を下しTHULEのものを購入しました。

THULE Touring Lを車に載せてみた

まずは車にバーを取り付けます。
我が家の車はルーフレールがついているので、そこにフットの足を掛けるようにしてまず置きます。くるくるとねじを回す要領でフットをルーフレールに締め付けていきます。
バー2本が平行に、車に対して垂直になるように位置を調整します。このとき、2本のバーの間隔は特に指定がない場合は700㎜以上開けるようにしましょう。

バーを取り付けたらルーフボックスを乗せます。ルーフボックス内の溝に取り付け用のグリップを差し込みダイヤルを回してバーに固定していきます。

関連記事