CAMP HACK[キャンプハック]


【3kg以下限定】軽量コットの最有力候補3メーカーを調査してみた

0


軽量コットといえば外せない「サーマレスト」

軽量で通気性抜群!「サーマレスト ラグジュアリーライト メッシュコット」

img_7310
出典:THERMAREST 384858
出典:Youtube
軽量コットと聞いてサーマレストが浮かぶ人も多いのでは?R・L・XLの3サイズ展開で、レギュラーサイズでも縦の長さは183cmありながら、重量わずか1.6kg!

携帯性を追求する方に最適です。脚が多いぶん手順も多く設営に少し時間がかかりますが、慣れてしまえば簡単。

mesh2
出典:モチヅキ
下からの冷気をより強力にシャットアウトしたいなら、オプションのコットウォーマーを敷くのがおすすめです!

mesh3
出典:THERMAREST
さらにオプションとして、シェルターとサンシールドの取り付けも可能。特にシェルターは夏場の虫対策におすすめです。

透明度が高いメッシュで視界を邪魔せず、サイドには大きな出入り口があり出入りもラクラク!

口コミをチェック!

座面は標準のやつとメッシュで迷ったが、標準のやつは冬でも使えるがバリバリ音がうるさいようなので冬は対策をするとしてメッシュを選択とりあえず寝心地は最高です。(出典:Amazon

他のコンパクトコットにありがちなグラグラは皆無です。実に安定しています。組み立ては慣れれば2分以内にできます。撤収は生地から貫通ポール抜くとき、やや抵抗感があるのでやや時間がかかります。
山岳テント慣れしている一般体系の人ならRサイズで十分だと思います。(出典:Amazon

更に軽量&コンパクト!「サーマレスト ラグジュアリーライト ウルトラライトコット」

ultra1
出典:THERMAREST
こちらはR・Lの2サイズで、それぞれ縦の長さは183cm・196cm、重量は1.249kg・1.42kgと、いずれも2kg未満と超軽量。

軽いだけでなく独自のボウフレームテクノロジーでクロスバーが身体に触れず、地面の凸凹も気にならない快適な寝心地です。

ultra2
出典:THERMAREST
メッシュコットと同様に、ライトコットにもシェルターとサンシールドの取り付けが可能。パワフルに熱を反射するサーマキャプチャー・コーティング処理がされているため、日差しをシャットアウト。また防水性もあるので、多少の雨ならコット内で凌げます。

口コミをチェック!

数千円で購入できるキャンピングベッド・コットも数ある中で非常に高価な部類ですが、とにかく携帯性を重視するなら現時点ではこれが最有力候補だと思います。(出典:Amazon

持ち運びが簡単で、軽量なので荷物の量を減らすことができます。設営には少し時間がかかりますが慣れてしまえば苦になりません。設営すると生地の部分はしっかりと張りがあります。身長172cm、体重70cmの私には問題なく使用できました。(出典:Amazon

サーマレスト ラグジュアリーライト メッシュコット レギュラー(R)

●サイズ:61×183cm
●収納サイズ:46×18cm
●重量:1620g
●素材:70Dポリエステルリップストップ、耐水性1500mmウレタンコーティング、ナイロンメッシュ、アルミ



サーマレスト ラグジュアリーライト ウルトラライトコット ラージ(L)

●サイズ:66×196cm
●収納サイズ:44×13㎝
●重量:1420g
●素材:超軽量ポリエステルリップストップ、アルミ、プラスチック



関連記事