CAMP HACK[キャンプハック]


ガジェットモード

完全予約制!昭島に佇む米軍ハウスのギアショップ「ガジェットモード」

0

雑誌「HUNT」とのコラボレーション企画第14回。独自の目線で仕入れを行っているアウトドアギアショップ「ガジェットモード」を取材した内容を紹介しています。完全予約制ながら、多くのアウトドア愛好家が足をのばしているその秘密に迫っています。

HUNT編集部


有名無名問わず、独自の目線でセレクト

2 倉庫は米軍住宅をリノベーションしたもの。右の方が店主の波多野さんで、左の方が買い付けを担当している竹沢さん。
東京・昭島の地に予約制のアウトドアギアショップがある。……と聞くと少し敷居の高そうだが、この店に一歩踏み込めば、ゆるくて可愛いヨーロピアン・ヴィンテージの世界が待っている。

モリパーク アウトドアヴィレッジが出来たことで活気づいている東京・昭島。奥多摩のフィールドへもアクセスしやすいこの土地に、ガジェッドモード昭島店はある。ここは通常、中央林間にあるガジェットモード本店の倉庫として利用されているが、同店舗で扱っていないアウトドア用品を販売する為、2年前から予約者限定で営業を始めた。

店主の波多野さんは、もともと川越でアメリカンヴィンテージの雑貨店を経営されていた人物。

「長年お店を続けていくうちに、落ち着いたヨーロッパ系の雑貨を扱いたくなって。前のお店をたたんで、5年前、中央林間にガジェットモードをオープンさせました」
3 アメリカはRAY-O-VAC社製のハンターフラッシュライト。60年代のもので単一電池8本で稼働。カラーリングもデザインも秀逸。だが、既にSOLD OUT。
ガジェットモードは、中央林間の『フラットハウスカフェ』の中で営業を開始。ここは、取り壊されそうになっていた米軍ハウスを改築した建物で、カフェを中心に仲間内でシェアしている。お客さんはカフェに来る人の客層と殆ど同じで、大半が女性。それに合わせて、ヨーロッパのアンティーク・テーブルウェアを中心にラインラップしている。

そんな女性向けのアイテムが多かった同店が、アウトドアグッズのお店を始めたのは、現在買い付けを担当されている竹沢さんとの出会いがあったからだ。

「竹沢さんはイギリス在住で、もともと蚤の市で雑貨の買い付けをやっていたんです。彼と出会って話を聞いているうちに、ヨーロッパのアウトドアギアの魅力に興味を持ってしまって。それで男っぽいモノも増えていったのもあり、ちょうど昭島に米軍ハウスを手に入れたのもあり、営業を始めてみたんです」

関連記事