【CAMP HACK】日本最大級のキャンプ・アウトドア・ニュースマガジン - キャンプハック


知る人ぞ知るKingCamp(キングキャンプ)とは?コスパ抜群のアイテムを見逃すな!

0

中国発のメーカーで、今や世界46か国で取り扱いのあるグローバルメーカー「キングキャンプ」。日本に来たのは2019年と新しく、実店舗での取り扱いも少ないのですが、そのお値段を聞いてびっくり!  アイテム数が豊富なうえにコスパも抜群。これからキャンプを始める方、アイテムを買い足したい方、必見です!

yuri


アイキャッチ出典:Instagram by @ryo2142

知る人ぞ知るキングキャンプとは?

出典:Instagram by @kingcamp_jp_official
キングキャンプは2002年中国で設立され、中国国内80都市に500店舗もある大人気ブランド。元々有名ブランドのOEM工場だっただけあって、商品の作りの細かさにこだわりあり!

現在は、キャンプ・登山・レジャー用品を中心に1,000以上のアイテム数を保持しています。

公式ECではうれしい3つの特典も!

全商品送料無料

出典:KingCamp
公式ECサイトはなんと全商品送料無料! 日本では実店舗販売がまだ少ないため、送料無料で気軽に買えるのはうれしいところ。気になっていた商品1つから気軽にポチっとできちゃいます。

インスタフォローで500円オフ

出典:KingCamp
元々手にとりやすい価格なうえにさらにうれしいサービスも。公式インスタグラム(@kingcamp_jp_official)をフォローすると、501円以上で使える500円オフクーポンがもらえます。

店長のオススメ商品が安い

出典:Instagram by @kingcamp_jp_official
なんと毎週厳選された店長のオススメ商品が、期間限定で10%オフになります。狙っていたものがタイミングよく安くなるかもしれないので、毎週要チェック!

キャンプ道具をすべて揃えても総額15万円以内!?

これからキャンプを始めたい人、キャンプ道具を一式そろえるとお金がかかりますよね。なんとキングキャンプで揃えると、総額15万円以内で一式そろえられます。(マストアイテムである、クーラーボックスだけ取扱いがないのが残念ですが……)

まずはキャンプを始めるマストアイテムをピックアップ。

ベルテント KT2010

出典:KingCamp
見た目も可愛いワンポールのサーカス型テントも、キングキャンプだと10万以内買えちゃいます。天井が高いうえに大人6人がゆったりできる広々としたサイズ感。ファミリーキャンプもおまかせです。しかも上部には煙突穴もついているので、冬にはテント内で薪ストーブも楽しめます!

ベルテント

展開サイズ:4m×4m×2.7m
収納サイズ:90×36×32cm
重量:33.6kg
内容物:テント本体×1/鉄筋ペグ×33/収納袋×1


キャンプテーブル KC2016

出典:KingCamp
ロースタイルでもハイスタイルでも使えるように、高さが45cm、52cm、65cmに調節できます。天板は4つに折れるので、収納時には小さくでき持ち運びにとても便利。 さらにメッシュの物入れがついているので、テーブルの上がいっぱいになったときにさっと置けたり、食器を収納して、食事の際にすぐに取り出すことができます。

組み立てしやすいです。しっかりした造りなので、多少重いですが、安定しているので、それがいいです。テーブル板の汚れも落ちやすく、温もりがあります。 テレワーク中のパソコン作業台として、また、週末はバルコニーでBBQするのに使ってます。(公式サイトのレビューより)

キングキャンプ アウトドアテーブル KC2016

展開サイズ:100×65×45/52/65cm(高さ3段階調節)
収納サイズ:112×18×12
重さ:6.8kg
耐荷重:80kg


チェア KC1908

出典:KingCamp
背中全体をすっぽり覆うほどの高い背もたれつき。まるでハンモックに包み込まれるかのような安心感とくつろぎを感じられるチェアです。枕もついているので、座っているうちについうとうとしてしまいそう。 5,000円ほどで買えて、こんなコスパがいいチェアは見たことない……絶対買いです!

163cm 60kg と小柄な体格ですが、体がすっぽりと収まり、足もしっかりと地面につく非常に安定感と安心感のあるチェアです。しっかりしたフレームと肘掛があるのが高評価ポイントです。慣れれば1-2分で組み立てられるのでとても便利。バイクツーリングの必需品になりました。(公式サイトのレビューより)

キングキャンプ チェア KC1908

展開サイズ:約66×59×95cm
収納サイズ:46×18×12cm
重量:約1.45kg
耐荷重:約150kg


シュラフ KS2001

出典:KingCamp
シュラフを選ぶ際、一番大切なのはスペックですよね。このシュラフは、快適温度6℃、最低使用温度2℃を推奨していますが、この温度帯の他メーカーのシュラフだと、大体30,000円ぐらいするので、3割以下の値段でゲットできます。

しかもゆったりめに作られているので、衣類を着込んでも動きやすく快適です。

横幅も広いので、ゆったり寝られます。体感は人により異なりますが、寝袋に入って暫くすると、ポカポカし室温1℃でも暖かく寝られました。ゆったりなので、中に薄手の毛布を入れれば、更に暖かく寝られると思います。この値段のクラスだと、チャックが噛んでストレスがある物が多いですがこの寝袋は、中から寝袋を上に押すと、チャックが簡単に開きました。夜中にトイレで慌てていても、簡単に開くのは優秀です。(公式サイトのレビューより)

キングキャンプ 寝袋 シュラフ KS2001 

展開サイズ:長さ(200 + 30)× 幅92 cm(一人用ゆったりサイズ)
収納サイズ:48 ×Φ 22 cm 
重量:1.8 kg 
使用温度目安:快適温度: 6℃ 最低使用温度:2℃ 極限温度: -13℃


ランタン KA2107

出典:KingCamp
LEDタイプなので、ガソリンやガス缶を持っていく必要がなくどのような天候でも安定して使えます。アルカリ電池を使用することも、リチウムイオン電池を使用して充電タイプとして使うこともできる優れもの。

マイクロUSB充電ポートがついているので、ケーブルを使えばランタンから携帯に充電もできます。電気が使えない非常時には、アルカリを使用できるので、防災対策としても役立ちます。

キングキャンプ LEDランタン KA2107

サイズ:12.6×23cm
重量:477g
連続明かり時間:約8時間(high)約75時間(low)


基本を揃えたらワンランクアップ!あるとうれしいアイテム集

ここまでは、キャンプに行くのに欠かせないアイテムを紹介しました。マストアイテムを揃えたら、次はワンランクアップしたアウトドアライフを過ごせるグッズをゲットすべし。マストアイテムに続き、コスパ最高アイテムの宝庫ですよ。

関連記事