CAMPHACK

購入前にチェック!中古キャンピングトレーラーの基礎知識&選び方

0

失敗しないキャンピングトレーラー中古車の選び方をご紹介!販売店を多く巡らず賢く選ぶことができます。またキャンピングトレーラーの車検に関する基礎知識を解説します。キャンピングトレーラーの維持費がどれくらいかかるのか、購入前に確認しましょう。

toto7

アイキャッチ出典:インディアナ・RV

探す前に知っておきたい!キャンピングトレーラーの車検について

キャンピングトレーラー 中古 キャンピングトレーラーも車両なので、自動車税も車検も必要不可欠です。一見、お金がものすごくかかりそうに見えますが、実はエンジンを持たないキャンピングトレーラーは意外にも維持費は高くつきません。まずはどれくらいの車検費用がかかるのかをチェックしておきましょう。

キャンピングトレーラーの車検(2年毎)は2万円程度!

トレーラーの車検にかかる費用は、「重量税」「自賠責保険」「検査手数料」主にこの3つです。普通自動車で牽引できるぐらいの重量であれば、車検は2万円程度で収まるので意外と維持費は安く済みます。キャンピングトレーラーは、2年ごとに車検が必要です。では、早速それぞれにかかる費用を細かく見ていきましょう。

自動車税は1万円代

自動車税は排気量で税額が決まります。キャンピングトレーラーはエンジンを持たない「被牽引自動車」に分類されます。「被牽引自動車」の税額は、大体の自治体が10,200円ぐらいで価格を定めています。

重量税は8,200円程度!

普通免許で牽引ができる750㎏以下の場合だと、重量税は8,200円程度になります。1t以上のトレーラーでも、だいたい2万円以下の価格で収まります。

自賠責保険料は4,650円(2年)

キャンピングトレーラーでも車両に属するので、自賠責保険は必須です。ただし、キャンピングカーと違って自走ができないので、保険料は4,650円と比較的安価に設定されています。

検査手数料は18,00円+書類代金100円程度

運輸支局に払う検査手数料。だいたいはこの金額です。また、車検に必要な申請書を購入する必要があり、書類代金は運輸支局によって異なります。(100円代を超えるところはありません)

関連記事