焚き火をシンプルに、快適に楽しめるおすすめ焚き火道具&活用テク

キャンプでは暖を取るにも料理をするにもこれからの季節に外せないのはやっぱり焚き火! 今秋より発売されたコールマンの注目焚き火台「ファイアーディスク」の魅力を中心に、薪への確実な着火テクニック、そのほかの焚き火道具との組み合わせ活用テクニックを紹介します。


    売り切れ続出の「ファイアーディスク」ってどんな焚き火台なの?

    直火風の焚き火が楽しめると今話題のコールマン・ファイアーディスクとは、直径約45cmの円形で、約1.6kgという驚異的な軽さのステンレス製焚き火台。

    _mg_5536
    収納ケースから取り出し、本体裏側の脚を3本広げるだけ、数秒でセッティングは完了!使用時は約φ45cmほどの大きさで、キャンプ場で販売されている薪がちょうどよく収まるくらい。ファミリーキャンプにちょうどいいサイズといえるでしょう。

    _mg_5545
    専用の収納ケースが付属。ケース内の容量には余裕があるので、ファイアーディスク本体のほか、焚き火小物を一緒に入れることもできそうです。持ち手は肩掛けできる長さがあるので、多少重量が増しても持ち運びに不自由しないでしょう。

    ファイアーディスクについてもっと知りたい方はこちら!

     

    コールマン担当者直伝! 焚き火の楽々着火法

    コールマン担当者・阿部さんに、ファイアーディスクを使っての焚き火の着火手順を教えてもらいました。これさえ読めば、はじめて焚き火にチャレンジする人でも安心!

    ①焚き火の下準備

    _mg_5551 ※写真のファイアーディスクは、何度か使用したものになります
    キャンプサイト周辺に落ちている乾いた枝を拾い集めます。キャンプ場で販売している大きな薪は、皮部分を剥いでおくと着火の際に有効です。

    ナタがあれば、大きな薪を1/4サイズくらいに割っておくと着火がスムーズに行えます。細い枝、少し太い枝、細く割った薪、大きな薪といったように、焚き火台の前にサイズごとにまとめておくと作業は楽になります。


    ②着火の準備と燃焼しやすい薪の組み方

    _mg_5518
    まず、一番細い枝をふわりとファイアーディスクの底に置き、その上に少し太い枝を配置します。
    _mg_5525
    そのまわりに、細く割った薪を井桁型に配置します。「組みやすく、空気の通りがよいこの組み方がおすすめですね」と阿部さん。さあ、これで着火の準備は完了です。

    ③着火!そして立派な焚き火が完成!

    _mg_5532
    スマートな着火でおすすめなのがガストーチ。阿部さんいわく「マッチやライターでももちろんいいですが、風があるときは着火が難しくなります。このようなガストーチがあれば、風の影響なくスピーディーに着火ができます」。
    _mg_5536-2
    ファイアーディスクはお椀状なので、下部には十分な空気の取り入れ口が確保されています。そこで阿部さんは「この構造を活かしてよく燃えるように、この薪の組み方を選びました」。立派な焚き火着火の仕上げに、大きな薪を組んでしばらくすればすべての薪に火がうつります。

    ④火を落ち着かせるなら薪を崩す

    _mg_5537
    井桁型をキープしたままだと火の勢いがよく、薪の燃え尽きも早いので燃焼を落ち着かせるならこのように「川の字」に並べるなどし、空気の取り入れを少なくしましょう。


    実践的なキャンプ&焚き火スタイル解説

    焚き火の場所は、テントやタープから十分な距離を!

    _mg_5574
    キャンプでの焚き火をする場所の基本は、火の粉が飛んで穴開きの恐れがあるため、テントやタープから十分に離れて、かつ風下に配置しましょう。

    優雅で快適な焚き火をサポートするアイテムの数々

    _mg_5523
    阿部さんがセレクトした快適焚き火道具一式。ファイアーディスクのほか、焚き火を囲むファイアープレイステーブル、ダッチオーブンやケトルを吊り下げできるファイアープレイススタンドは合わせてセッティング。

    調理には焚き火料理と相性のいいダッチオーブンを。焚き火スペースの周囲にはちょっとした物置きに重宝するコンフォートマスター バンブーサイドテーブル、長時間焚き火の前でリラックスでき、穴開きの心配がないコンフォートマスター キャンバススリングチェアを設置します。焚き火の熱から手首まで守ってくれる牛革製のソリッドレザーグリルグローブⅡ、ラフに薪を持ち運べる薪バッグなどなど。
    _mg_5599
    セッティングが終わったら、あっという間に火が暮れてきました。長い夜のはじまりです。焚き火を眺めつつ、お酒を飲みつつ、のんびりと食事を作ります。

    焚き火とダッチオーブンのいい関係

    _mg_5628
    鋳鉄製のダッチオーブンは、焚き火をしながら時間をかけて調理をするのに向いていますし、なにより焚き火によく似合う! このようにフタの上に燃えている薪を置くことで、上火のオーブン効果でロースト料理が楽しめます。

    炎を囲む、超実用的で快適なスタイル

    _mg_5645 ファイアーディスクを囲むようにセットできるファイアープレイステーブルのおかげで食事はできるし、調理もしやすい!
    _mg_5634
    ファイアープレイステーブルの内側の4隅にしっかりと収まる、安定感抜群のファイアープレイススタンドも合わせれば、ダッチオーブンやケトルなどを吊り下げて調理ができます。

    便利な焚き火道具を手に入れて、極上の焚き火時間を!

    _mg_5566
    焚き火ってハードルが高いのかな? と思っていた人も、今回の道具セレクトやテクニックを実践すれば、バッチリ快適な焚き火をできちゃいます。便利な焚き火道具を手に入れることで、よりシンプル&スマートに。さあ、焚き火とともに、秋キャンプを存分に楽しみましょう!

    焚き火キャンプをもっと充実させたい方はこちら!

     

    撮影協力
    花はなの里オートキャンプ場
    千葉県富津市上648
    ℡.0439-65-5126

     

    sponsored by コールマン

    CAMP HACK 編集部

    CAMP HACK運営&記事編集担当。少しずつキャンプの回数も増えていき、いまは月2~4回ほど全国のキャンプ場を訪問中。今年はテントから色んなギアを新調して、新しいスタイルに挑戦したい。

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!