ロールテーブルおすすめ7選!キャンプだけじゃなく家でも活躍ギア

2019/06/18 更新

ロールテーブルおすすめ7選!ロール式天板を採用しているロールテーブルは棒状に収納できるコンパクトさが魅力!良い点だけじゃなく気になる点もしっかりお知らせ。アウトドアブランドからリリースされているロールテーブルからおすすめの7点を紹介します!


アイキャッチ画像出典 : BEAMS

ロール天板式テーブルってなにがいいの?

キャンプテーブルには大きく分けるとロール天板式と折り畳み天板式の、2つのタイプのテーブルがあります。今回こちらの記事で取り上げるロール天板式は、天板を棒状に畳んだり丸めたりして収納するタイプのテーブル。
キャンプ用ロールテーブルのメリット 出典 : BEAMS
このロール天板式テーブルのなにがいいかというと、収納がかなりコンパクトになることです。折り畳み天板のテーブルは折り畳めるとはいえ、表面積がそこそこ大きくなってしまいます。

ロール天板式は収束式チェアのような棒状タイプ。大きなサイズの天板でもロール式で収納してしまえばかなりコンパクトなサイズになるのが大きな魅力です。

ロールテーブルの気になる点

コンパクト収納がロールテーブルのメリットですが、それゆえに気になる点も2つあります。

天板に隙間がある

ロール天板式テーブルのデメリット 出典 : コールマン
ロール式の収納を可能にするため、多くのモデルは複数枚の板状素材をつなげた構造になっています。なので仕方ないことですが、天板に隙間ができてしまいます。

この隙間に汚れが入り込んだり、例えばテーブル上で飲み物が倒れた場合は隙間から足元までこぼれてしまいます。お手入れをちょっと面倒に感じる人も……。

膝があたるものも?座面高さに注意

製品にもよりますが収束式脚フレームを採用しているモデルは、天板下の膝が入る部分にもフレームがあり、膝や腿が干渉してしまうことも。購入時はチェアの座面高も考慮しましょう。

キャンプにおすすめ!ファミリーサイズのロールテーブル7選!

キャンプにおすすめのロールテーブル
リビングで家族の食事に使えるファミリーサイズのロールテーブル8点を集めてみました!それぞれの特徴や違いをチェックしてみましょう!

コールマン ナチュラルウッドロールテーブル(110)

コールマンのナチュラルウッドロールテーブル 出典 : コールマン
コールマンのナチュラルウッドロールテーブル 出典 : コールマン
天板に杉材、脚フレームにアルミを採用した雰囲気のいいテーブル。天板サイズは約112×70cm、高さは脚を取り外すことで40cm/70cmに調節できる2WAY仕様となっています。

温かみのあるウッド天板は、最近流行のナチュラルスタイルにぴったり。ただし天然木なので木の節が現れているなどの個体差があります。収納袋付属。

ITEM
コールマン ナチュラルウッド ロールテーブル(110)
●使用時サイズ:約112×70×40/70(h)cm
●収納時サイズ:約19×20×70(h)cm
●重量:約5.3kg
●材質:天板/天 然木(スギ)フレーム/アルミニウム

天板がウッドなのがいいです。それまではアルミ製のテーブルをメインに使ってましたが、ウッドのほうが暖かみがあっていいです。



プリムス キャンプファイア アジャスタブルテーブルS

プリムス キャンプファイア アジャスタブルテーブルS
出典 : vic2
プリムスのキャンプファイアシリーズのロールテーブル
出典 : vic2
アルミとウッドを組み合わせた天板がシックな雰囲気のテーブル。天板長辺部下のフレームをなくし、すっきりと快適に座れるほか、脚の高さ調節が45~68cm間で無段階にできるのが特徴。ロースタイルからハイスタイルまで好みのリビングが作れます。収納袋付属。
ITEM
プリムス キャンプファイア アジャスタブルテーブルS
●使用時サイズ:90×50.5×45~68(h)cm
●収納時サイズ:Φ 20×90cm
●重量:4kg

シエルブルー ロールトップテーブルL-B

シエルブルーのロールトップテーブル 出典 : シエルブルー
シエルブルーのロールトップテーブル出典 : シエルブルー
ナチュラルテイストでこんな雰囲気のよいオールウッドのテーブルもロール天板方式を採用。天板はベルトでつながっており、くるくると丸めて収納が可能。倉敷帆布を使用した収納袋もおしゃれです。

天板高さは約39cmで高さ調整機能はなし。ロースタイルキャンプのリビングにぴったりのサイズです。

●使用時サイズ:約70×93×39(h)cm
●収納時サイズ:約直径17×長さ97cm
●重量:約5.9kg


ロゴス オートレッグテーブル AL

ロゴスのオートレッグテーブルAL 12070
出典 : Amazon ロゴスのオートレッグテーブルAL 12070の特徴 出典 : Amazon
このテーブルの最大の特徴は、天板の長辺下にフレームがなく、足回りがかなりゆったりしていること。ひざ先にフレームが当たることなく快適です。またフレームを広げると脚が自動で開く構造になっているのでセッティングが簡単。脚部は八の字に開くので安定感もあります。

収納はコンパクトになりますが、長さが122cmとちょっと長め。
ITEM
ロゴス オートレッグテーブルAL
●使用時サイズ:約120×70×70/45.5(h)cm
●収納時サイズ:約18×12×122(h)cm
●重量:約5.3kg

ちょっと大きめですが、大は小を兼ねるということで、すごく使い易いです。いつも脚を半分にして、あぐらイスと一緒に使用しています。


コールマン イージーロール2ステージテーブル/110

イージーロール2ステージテーブル/110はコールマン
出典 : コールマン
コールマンのイージーロール2ステージテーブル/110 出典 : コールマン
ナチュラルウッドロールテーブルと天板サイズは同じですが、こちらはアルミ製。高さは2段階に調節できますが、30cm/70cmとなっています。

アルミ天板は汚れが拭き取りやすく、ウッド天板よりも少しだけ軽量で価格が抑えられてるのが特徴。収納袋付属。
ITEM
コールマン イージーロール2 ステージテーブル/110
●使用時サイズ:約112×70×30/70(h)cm 
●収納時サイズ:約15.5×21.5×70(h)cm 
●重量:約5.1kg 
●材質:天板/アルミニウム フレーム/アルミニウム

折り畳みもコンパクトの上、軽いです。
調理代やテーブルとして使用しています。
ある程度の重量もいけそうで、とても便利です。


オンウェー スリムテーブル OW-1057

オンウェーのロールテーブル 出典 : オンウェー オンウェーのスリムテーブル OW-1057 出典 : オンウェー
グレーのアルマイトカラーで上品な雰囲気の演出できるロールテーブル。オンウェー独自開発のフレーム開閉システムで、スムーズセッティング&コンパクト収納が可能になっています。天板下には膝まわりに触れるフレームがないので、のびのび快適に使えます。
ITEM
オンウェー スリムテーブル
●使用時サイズ:100x57x66(h)cm
●収納時サイズ:100x16x16(h)
●重量:約4kg

ドッペルギャンガーアウトドア ウルトラライトパーティーテーブル

ファブリック天板+部分的にアルミ板を搭載したテーブル。こうすることで大型でありながら重量約2.45kgという軽量化を実現し、収納もくるくると丸めてコンパクトになります。

テーブルの高さは調節できませんが、ローにもハイスタイルにも対応する高さ42cm。軽くてカラフルなフレームはアルミ製です。収納袋付属。
ITEM
ドッペルギャンガーアウトドア ウルトラライト パーティーテーブル
●使用時サイズ:約129×57×42(h)cm
●収納時サイズ:約直径14×長さ71cm
●重量:約2.45kg(付属品含む)

とても軽く、組み立ては女性一人でも3分程でできました。




キャプテンスタッグ トラッド アルミロールテーブル ワイド

キャプテンスタッグのアルミロールテーブルワイド 天板サイズが幅129×70cmと大きめだけど、アルミ製で軽量、価格もリーズナブルなのがこちらのテーブル。収納袋も付属しているので持ち歩きもラクチン。高さは70cmありますが、高さ調整ができない仕様になっています。
ITEM
キャプテンスタッグ トラッド アルミロールテーブルワイド
●使用時サイズ:約29×70×70(h)cm
●収納時サイズ:約23×14×73(h)cm
●重量:約5.2kg
●材質:甲板・スタンド:アルミニウム(表面加工:アルマイト)

組み立ても簡単で思った以上にしっかりしていて安定感がありました。
また購入したいと思いました。


コンパクト収納が魅力のロールテーブル!

ロールテーブルの魅力は、何と言ってもコンパクトに収納できること。折りたたみ式天板よりも表面積が小さくなり、車へも積み込みやすくなりますよ!車への積載量やキャンプスタイルを考慮して選んでみてくださいね!

 

Compact storage! Roll table!
コンパクト収納が魅力!ロールテーブル


    紹介されたアイテム

    コールマン ナチュラルウッド ロールテー…
    プリムス キャンプファイア アジャスタブ…
    サイトを見る
    ロゴス オートレッグテーブルAL
    サイトを見る
    コールマン イージーロール2 ステージテ…
    サイトを見る
    オンウェー スリムテーブル
    サイトを見る
    ドッペルギャンガーアウトドア ウルトララ…
    キャプテンスタッグ トラッド アルミロー…

    関連する記事

    この記事が気に入ったら
    「いいね!」をしよう
    CAMP HACK編集部

    CAMP HACK運営&記事編集担当。ワカサギ釣りから始まり、登山キャンプ、SUP、カヌー、野草料理、ラジコン、360度カメラなど…キャンプを基地にして色んなアクティビティーに挑戦したい。

    アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

    150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
    アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
    お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!