CAMPHACK

最新!キャンプで便利なグッズ厳選しました【プレゼントにもおすすめ】

1

焚き火や料理、乾杯などアウトドアには楽しみがいっぱい、そんなキャンプシーンを快適にする便利グッズを紹介! 2021年最新の物から定番まで、思わず誰かに教えたい! そんな魅力的なグッズを厳選しました。

やんちゃまんけんたい

アイキャッチ画像出典:instagaram by @hamakita_base

便利なアウトドアグッズで快適なキャンプスタイルをつくろう

キャンプ便利グッズ
出典: instagram by @shunpei_1123
「あのキャンパーさんかっこいいな~」「おしゃれだな~」……憧れのキャンパーさんの多くは最新のキャンプグッズにも詳しく、便利なグッズを取り入れて余裕のある快適なキャンプスタイルを実現させています。

そんな便利なキャンプグッズは自分で使ってレベルアップする他にも、知人にプレゼントしても喜ばれるもの。キャンプシーン別に最新グッズもまじえて、キャンプの便利グッズを紹介します。

自分で使うシーンや、あの人なら使ってくれそう、喜んでくれそうなど想像しながら読んでみてください!

キャンプの醍醐味!焚き火が便利になるグッズ

焚き火グッズ
出典:instagram by @mako_camp_space
「焚き火がしたくてキャンプを始めた。」「キャンプに行けなくても焚き火がしたい。」そんな魅力的な焚き火ですが、最新グッズを取り入れると便利に、より快適に楽しめるんです。

一石三鳥!焚き火周りはおまかせあれ!

焚き火道具一式を収納・運搬。サイドホックを開放すれば薪も運べて、さらには風防としても使えるトートバッグ。丈夫な帆布に、熱に強いケブラー糸が使用され。火の粉や熱に強い焚き火周りの最強グッズ。

ポール、細引きは付属しないので、タープやテントのサブポールやその場で拾った流木や枯れ枝を利用してワイルドに使いこなそう!

スプーンフル 焚き火トート

●マチ無し:W69×H50(cm)
●マチあり:W49×H40×D20(cm)
●風防時:上W100×下W180×H72(cm)
●容量:約39L




使い方はあなた次第!その場に合わせて使い方を変えられる便利なハンガー

焚き火道具や調理器具など、焚き火周りには物がいっぱい。ギアハンガーや調理台として、いろいろな使い方ができるマルチハンガーがあると、焚き火周りを機能的且つすっきりと整理できますよ。

尾上製作所 マルチハンガー

●組立サイズ(約):1510×685×845mm
●収納サイズ(約):930×95×85mm
●重量(約):5.3kg
●付属部品:アングルパイル×4、ハンガー大×1、ハンガー小×2、留め具×2、Sカン×2、Rピン×3
●生産国:中国 メーカー



同社の他製品とも組合わせて使用可、気になるマルチハンガーの詳細は以下の記事で解説しています。


実はUL!?スタイリッシュな火ばさみで玄人志向

100均などでも入手可能な火ばさみですが、少しこだわってみませんか? アイアンが主流とされる焚き火道具ですが、こちらはアルミ製、軽量で女性やお子さんにも使いやすく設計されています。

色はブラックで太い薪もグリップ可能なギザギザが刻まれており、デザイン面も考えられています。

ベルモント UL hibasami

●材質:アルミニウム、ステンレス
●サイズ:全長:約33cm
●重量:約70g
●MADE IN JAPAN


デキるキャンパーは焚き火終わりの後始末もかっこよく

昨今、焚き火のマナーもよく解説されていますが、焚き火を楽しんだあとの後始末も重要です。火消し壺があると消火はもちろん、消し炭として資源の再利用もでき経済的かつ自然に優しい!

クオルツ ステンレス炭火火消し壷

●素材:ステンレス製
●サイズ:約200×180mm
●容量:約5.5L
●重量:約830g



✔︎火消し壺のメリットに加えて使い方などはこちらをチェック

関連記事