CAMP HACK[キャンプハック]


ドッペルギャンガーアウトドア カマボコテント

カマボコテントが人気沸騰中!人気の理由を徹底解剖

0

ドッペルギャンガーアウトドアのカマボコテントが流行中!デザインよし、コスパよしで大人気、完売状態が続いているカマボコテントの実態に迫る!基本スペックのほか、トンネル形状ならではの4つの魅力、そしてリアルに気になる点を徹底調査してみました!

CAMP HACK編集部


アイキャッチ画像出典 : instagram by @mi14_32mi

ドッペルギャンガーアウトドアの「カマボコテント」が大人気!

2016年の新製品として4月に発表されたドッペルギャンガーアウトドアの「カマボコテント」が大人気。先行予約の段階で受注が殺到して、完売状態が続く大注目のテントです。そんな「カマボコテント」とはいったいどんなアイテムなのか、調べてみました!

ドッペルギャンガーアウトドアの「カマボコテント」とは

その名の通りカマボコのような半円の筒形をした2ルームテント。オールシーズン対応で、大人10人がくつろげる広いリビング、4~5人が就寝可能な寝室が一体式になっている大型タイプのテントです。テント生地は耐水圧2000mm、防炎加工、UVカット加工も備わっています。

<基本スペック>
●組立サイズ:約W3,000×D6,400×H1,950mm
●インナーサイズ :約W2,800×D2,200×H1,900mm
●収納サイズ:約W670×D290×H290mm
●重量(付属品含む):約13.7kg
●耐水圧:アウターテント2,000mm、フロア5,000mm

みんなが惹かれるそのワケは……?

売り切れ続出のカマボコテント。このテントにはいったいどんな魅力があるのでしょうか?4つの魅力に迫ります!

魅力1 カマボコ型のフォルムだから、高くて広くてのびのび!

カマボコテントは紹介した通りリビングに10人+寝室に4~5人収容できる広さ、さらに天頂高は190cmと、成人男性でも頭を下げずに歩ける高さの広々とした居住空間があります。カマボコ型なので壁面の立ち上がりも垂直に近く、同面積の他のテントと比べてもかなり広々とした印象です。
それ故に広めの大きなサイトでないと設営が厳しそうな気もしますが、日本のキャンプ場に多い8~10m四方の区画で使いやすいよう設計されています。写真のように8×8mサイズの区画でも余裕があるのはうれしいですね。ちなみに最小で3.5×6.5m程度の幅があれば設営可能。

室内広々なのに、一般的な区画サイトでも張れる大きさ、これがカマボコテントの魅力の一つ!

関連記事