CAMPHACK

軟派なヨンクはお断わり!SUVで『大人の泥んこ遊び』に挑戦だ!

0

雑誌「HUNT」とのコラボレーション企画第11回。誰もが昔は大好きだった泥んこ遊び。それをいい大人が、クルマ、しかもディフェンダーでやっちゃってるわけである。そりゃあ楽しくないわけはないじゃないか!

HUNT編集部

「SUV」それは世界で今もっともイケてるクルマ

オフロードを走る四駆車
日本でもアメリカでもヨーロッパでも、今もっともイケてるクルマはSUVである。ポルシェ、ジャガー、マセラティ、ベントレーと、高級スポーツを標榜するメーカーも相次いでSUVモデルをリリース。アルファ・ロメオやらアストンマーチンやらランボルギーニやらもSUVを開発中と噂されている。

人気になる理由は、一度乗ればわかる。カッコイイし中は広いし速いし快適。メルセデスのAMGモデルなぞは、何一つ不自由のないスポーツカーのようだ。ただし、ヨンクの本懐たるオフロードというステージのイメージはあまりない。実際はその気になれば走れなくはないのだろうけれど、少なくともあんなに薄いタイヤではおっかなくて舗装路以外は走る気になれない。

SUVに乗るのなら、やっぱり挑戦したい「オフロードコース」

アウトドアパーク ブロンコ
ヨンク乗りなら度胸試しを兼ねて、是非一度訪れてみて欲しい。「アウトドアパーク ブロンコ」埼玉県秩父郡横瀬町横瀬7151-70 http://www.bronco4x4.net/

アウトドアパーク ブロンコ
ブロンコの歴史は1980年代の4×4ブーム到来に始まり、2000年ごろのディーゼル規制による4×4激減と共に一度は閉じた。かつての名残がロッジの壁に貼られている。

そうした「軟派なヨンク」は足を踏み入れたくもないであろう、まるでアイガー北壁のようなオフロードコースがある。それが「アウトドアパーク ブロンコ」だ。埼玉は秩父の山中にあるブロンコ、何がすごいかというと、そもそもコースに行くまでの林道が凄まじい。ウェブサイトには「四輪駆動車しか走行できませんので一般乗用車の方はご注意ください」と書かれている。今回、この地に向かうためにアピオ・ジムニーをお借りしたのだが、林道の最中は常に4WDのローレンジ(低速ギア、つまり悪路でもハマりにくい)に入れっぱなしで走った。

アウトドアパーク ブロンコ
2012年、荒れ放題だったブロンコを、元4×4専門誌の竹村吉史さんが一年がかりで復活させた。入り口にかかっている三菱ジープのグリルは80年代から飾られている。

オフロード走行ど素人の僕は、この林道だけでお腹いっぱい。実はたかが2㎞弱に過ぎないというが、道には岩や木があちこちに転がっており、ちょっと踏み外せば山を転がり落ちてしまうのでは……という恐怖と戦いながらの林道走行は、かなりスリリングなものだった。だがブロンコを管理している竹村さんによると「4WDなら案外どんなクルマでも登ってこられる」とのこと。中には普通のレンタカーで上がってきた人もいるらしい。要はクルマより人間の方がアップアップになってしまうというわけだ。はい、僕がそうでした……。

関連記事