CAMPHACK

スノーピーク直営店で学ぶ!2ルームテント・シェルターの人気の理由と設営方法

0

スノーピーク直営店取材レポ!お客さんからの依頼で随時行っているというテントの設営講習を人気の2ルームテント・シェルター「リビングシェルロングpro」で体験!店長直々にレクチャーしていただきました!

fujii mio

スノーピーク横浜みなとみらい店に行って来ました!

みなさんはアウトドア用品を、どこで購入していますか?最近ではネットで、という方も多いかもしれませんが、やっぱり理想はショップでじっくり見て選びたいもの。その魅力をリサーチするべく、今回は直営店レポートをお届けします!

好アクセスなスノーピーク横浜みなとみらい店

スノーピークみなとみらい店 伺ったのは、スノーピーク横浜みなとみらい店。商業施設「MARK IS みなとみらい」内にあり、駅直結で好アクセス。ショッピングモールに入っているので家族での買い物にも便利です。

スノーピークギアがおしゃれにレイアウトされた店内で、店長の下嶋一洋さん(右)にお話を伺いました。

当店の”売り”のひとつは、設営デモンストレーション。明日キャンプ行くから今日テントを買いに来た!というお客様に、その場でテントを広げて設営をレクチャーすることもありますよ。単なる講習というより、アフターサービス的な部分を大事にしています

広い店内にはテント・シェルター数種も常設展示!

スノーピークみなとみらい店の店内展示 店長自らマンツーマンで行うというこの贅沢なレクチャーは、不定期ながら週末だと1日4回行われることも!きめ細やかな対応が受けられるのも、直営店ならではですね。

せっかくなので、CAMP HACK読者にも設営をレクチャーしていただきましょう!今回は店長含めスタッフさんイチオシの2ルームテント・シェルター「リビングシェルロングpro」に注目します。

その前に!改めて知りたい2ルームテント・シェルターのメリットとは?

スノーピーク リビングシェルロングプロ
出典:snowpeak
まずは2ルームテント・シェルターのおすすめポイントを下嶋さんに伺いました。

インナーを外せばシェルターにもなる使い勝手の良さはもちろん、特筆ポイントはサイト全体の”一体感”!実はキャンプで重要なのは、寝室より長く居るリビング。ドーム型はタープを別に建てなくてはならず寝室とリビングが分断されてしまうところ、2ルームならその二つが連動。距離が近いことで大人はリビングでくつろぎ、子供は寝室でお昼寝…という時も安心で、ファミキャンにおすすめですね

スノーピークみなとみらい店店長の下嶋さん そしてもう一つの見逃せないメリットは、”有効面積”だとか。

「2ルームは大きすぎる!」というのは、先入観。一体型のため実はテント+タープよりもデッドスペースが少なく、空間を効率的に使えるんです。有効面積は広くとれながらコンパクトにおさまるので、区画の狭いサイトでも大丈夫!また、雨でもインナーが濡れないので撤収時のストレスが少ないことも、重要ポイントですね

なるほど納得の2ルームのメリットが続々。お次は、これまた意外なことに女性でも簡単に建てられてしまうという、設営方法を伝授していただきましょう!

初心者必見!リビングシェルロングproの設営方法を学ぼう

①中身を確認

スノーピーク リビングシェルロングプロのセット内容
まず、中身を確認!フライシート・インナーシート・インナーテント・ポール6本・ロープ8本・ペグ26本が同封されています。

関連記事