CAMPHACK

夏キャンプを快適に!寝苦しい夜を涼しく過ごす5つのコツ

0

寝苦しい夏の夜、キャンプ場で暑くて眠れなかったらどうしよう。そんな不安をお持ちの方、寝苦しいのは嫌いだという方必見。夏のキャンプ場で涼しく眠れるコツとそれにあわせておすすめのアイテムも同時にご紹介します!

ふじ やすこ

キャンプ場で熱帯夜?

夏にキャンプ場に建てられたコールマンのテント まだまだ暑さがやまない今年の夏。暑い夏の熱帯夜を避けてキャンプ場に来たはずが・・・思いのほか暑くて眠れなかった。日中、炎天下にいた体をクールダウンすることもできずに眠れないまま朝を迎えてしまった。暑くて眠れないと子供が騒ぎ出して困り果てた。。。

そんな声を聞いて以来、夏キャンプを避けてきた筆者が、時には涼しすぎると感じるほど成功した夏キャンプの熱帯夜対策をご紹介します。

対策1:ツールームテントを大きなスクリーンタープに!

2ルームテント 暑さ対策
ツールームテントをお持ちのユーザーも最近は増えているかと思います。ツールームテントは夏場、インナーテント内に風が通りにくく寝室スペースが暑くなってしまうことが少々難点。

ならばインナーテントを外してツールームテントを大きなスクリーンタープとして使用してみましょう。風の吹き抜ける広い空間で暑さを忘れて眠ることができます。

対策2:ハイコットで風の導線を作る

2ルームテント 暑さ対策 コットを使う
スクリーンタープ状にしたテント内に直接マットを敷いて眠るのもありですが、おすすめはこのハイコットです。

我が家は横幅335センチのテントに横幅68センチのヘリノックスコットワンコンバーチブル2つ、横幅75センチのヘリノックスコットホームコンバーチブル1つ、横幅64センチのコールマンイージースリムコットⅡを並べて使用しています。ハイコットは背中の下にも風が通るため、床にマットを敷いて眠るよりずっと涼しく眠れます。

ヘリノックス コットホーム



ヘリノックス コット レッグ

ヘリノックスのローコットの脚につなげばいつでもハイコットに!ホームとタクティカルシリーズに対応。


コールマン トレイルヘッド™コット





関連記事