定番であり最強、アメニティドームを初心者におすすめしたい5つの理由!

アメニティドーム全サイズ別の設営様子&レビュー紹介!スノーピークの人気モデル「アメド」を徹底解剖!キャンプを始める方に最適なスタート テントとしても呼び声の高いアイテム。その魅力と、実際に使用してるキャンパーたちからの使用感をお届けします!


スノーピークの定番・アメニティドームの魅力をチェック!


アメニティドーム スノーピーク出典:snowpeak

スノーピークの入門モデルとして不動の人気を誇るテント・アメニティドームシリーズ。リーズナブルでありながら高品質で耐久性も高いと評判ですが、実際どのような魅力があるのでしょうか?ユーザーレビューとともにチェックしていきましょう!

魅力1:ガイド仕様で初心者でも組み立てが簡単!
アメニティドーム テント組み立て中
出典:Amazon

アメニティドームには、ポールの色と適正なスリーブ位置の色が同じになっているなど、説明書なしでも組み立てやすい配慮がされています。テント設営初心者にはうれしいですね!

【レビューをチェック!】
初心者の私が一人でトライしても、20〜30分程度もあれば十分に設営可能でした。フライシートの張り綱のペグダウンが、数が多い事もあって、一人で作業すると時間がかかりますが、それを省略すればもっと短時間に設営ができます。出典:Amazon

魅力2:何かと使える!ゆったりとした前室付き
アメニティドーム スノーピーク
出典:snowpeak

変形五角形の前室はラゲッジスペースになり、濡らしたくないギアや荷物を余裕で置くことができます。充分なスペースもあるので、もちろんリビングにも。サイドパネルも大型で、フロントパネルを閉じて横からの出入りも楽にできちゃいます!

【レビューをチェック!】
広い前室でいろいろ安全、安心・・・このテントの最大の特徴である広い前室は本当に便利で快適です。いろいろ外に置いたまま、テントを離れたり、夜寝るのは心配ですが、この前室には全部入ります。周囲がファミリーだらけでちょっぴり肩身が狭い時には、この前室で晩酌もできます。出典:Amazon


魅力3:エントリーモデルでありながら材質にぬかりなし!
アメニティドーム スノーピーク ポール

出典:snowpeak

アメニティドームシリーズは、初心者向けのエントリーモデルでありながらフレームに高級素材であるジュラルミンを採用。軽量かつ耐久性が高く、風などの外的衝撃を受け止め”しなり”でストレスを逃がしてくれます。

【レビューをチェック!】
初キャンプで、夜中に強風と豪雨に見舞われましたが、ペグを半分ぐらい打ち忘れたにもかかわらず、テントが飛ぶことは無かったです。また、耐水圧1800mmなので、雨漏りすることも無かったです。出典:Amazon

魅力4:耐風を考えられた流線型の美しいデザイン

アメニティドーム スノーピーク 耐風

出典:snowpeak

アメニティドームは地上高を最低レベルに抑え流線型のフォルムにすることで、風に強く悪天候下のキャンプでも安心な頑丈設計。さらにシルエットの丸みを持つ部分を多くして、風がテントの上を通っていくように工夫されています。

【レビューをチェック!】
キャンプの日の夜、強風が吹きました。設置3回目の腕前で立てたテントでしたが、びくともせず安心でした。夜半にトイレに起きたら、あちこちでテントが飛びカップルが無言で復旧作業をしていました。出典:Amazon

魅力5:お手頃価格で「スノーピーク」が手に入っちゃう!
アメニティドーム スノーピーク
出典:snowpeak

キャンパー憧れのブランド・スノーピーク。品質の良さと比例した価格帯から、なかなか手が出ないアイテムも多いですが、エントリーモデルのアメニティドームシリーズなら、スノーピークデビューも夢じゃない!そんなリーズナブルな点も見逃せません。

【レビューをチェック!】
スノーピークの物は高いので持っていませんでしたが、ソロキャンプ用も欲しくなりアメドなら手が出るので買ってみました。使用してみてさすがスノーピークだなと感じました。11月のキャンプでしたので、朝露に濡れてしまったのですが、撤収時水を完全に弾いていて、すぐに乾燥しました。出典:Amazon

ユーザーが多い理由も納得の、魅力満載のアメニティドームシリーズはS・M・Lとラインナップされています。サイズごとに商品を見ていきましょう!


アメニティドーム・サイズ別にチェック!

アメニティドームS
ITEM
アメニティドームS
・定員:2人
・使用時サイズ:120×423cm(前室有りの状態)
・収納時サイズ:58×18×23(h)cm
・重量:5kg
・耐水圧:1800mm

新規設計により、室内空間はそのままにテント全体の地上高をより低く抑える事に成功。快適な居住性はそのままに、耐風性がさらに向上しています。 ソロキャンプやカップル・夫婦でのキャンプにちょうど良いSサイズ。

アメニティドームM
ITEM
アメニティドームM
・定員:5人
・使用時サイズ:150×570cm(前室有りの状態)
・収納時サイズ:74×22×25(h)cm
・重量:8kg
・耐水圧:1800mm

居住性とデザインの良さを両立させた、アメニティドームの標準モデル。キャンプ初心者でもスムーズに立てられるようガイドも工夫されています。ファミリーキャンプに最適なMサイズ。

アメニティドームL
ITEM
アメニティドーム L
・定員:6人
・使用時サイズ:165×615cm(前室有りの状態)
・収納時サイズ:73×23×27(h)cm
・重量:9.8kg
・耐水圧:1800mm

標準のアメニティドームをワンサイズ大きくしたワイドモデル。大人数でのファミリーキャンプやグループキャンプにおすすめのLサイズ。



アメニティドームならハズレなし!

アメニティドーム スノーピーク

キャンプに欠かせないアイテム、テント。せっかくなら長く使えるよう上質なものを選びたいですが、お財布と相談…というのが正直なところですよね。アメニティドームなら、品質はお墨付きで価格も比較的リーズナブル。
テントの買い替えを考えている方、いよいよ泊まりでキャンプデビューしたいという方、アメニティドームがおすすめですよ!

AMENITYDOME Is Recommended!

アメニティドーム、おすすめです!

紹介されたアイテム

アメニティドームS

アメニティドームS

¥29,808 税込

アメニティドームM

アメニティドームM

¥32,184 税込

アメニティドーム L

アメニティドーム L

¥48,384 税込

関連する記事

20160628035726
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
fujii mio

酒とキャンプとロックがガソリン。7歳と5歳の珍獣系の息子たちに振り回される日々のなか、キャンプのタイミングを虎視眈々と狙う。このたびめでたく新しいテントを購入!

公式プロライター

  • A-suke
  • 小雀  陣二
  • 長谷部 雅一
  • SAM & 沖田雅生
  • 八幡 暁
  • 写風人
  • 平 健一
  • Takamatsu Misato
  • YURIE
 

LINEでCAMP HACKをもっと手軽に。

最新のキャンプギアやキャンプ場情報などをキャンプに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!