最新キャンプ情報をアプリで入手!CAMP HACK 公式アプリ 無料ダウンロード
折りたたんだ焚火台

【父の日特集】キャンプ好きのお父さんたちが選ぶ、もらって嬉しいキャンプ道具って?

2022/08/30 更新

今年の父の日は6月16日。なにを贈ればよいのやら…と頭を抱えている方も多いのでは?今回はキャンプ好きなお父さん達に向けて、アンケートを実施。世間の相場である5,000円前後で買えるキャンプ道具で、貰ったら嬉しいキャンプ道具を調査しました。

目次

アイキャッチ画像出典:撮影 小川 迪裕

【6/16】父の日、なにをプレゼントしよう…

父の日 イメージイラスト

出典:PIXTA

毎年やってくる父の日。キャンプ好きのお父さんに今年はなにを贈ろうか……と頭を悩ませている方も多いと思います。

世間の相場だと、父の日のプレゼントにかける費用はおよそ5,000円前後くらい。その金額で買えるキャンプ道具、う~ん……なんだろう??

キャンプ好きお父さんたちにアンケートを実施!

5000円

出典:写真AC

そこで今回は、アウトドア好きが集まる社内でも、生粋のキャンプ好き! なお父さん達に「5,000円前後で買える、プレゼントされたら嬉しいキャンプ道具」を聞いてみました。

「安定だよね」という定番から、「意外にこれもアリ?」という新発見まで。ぜひプレゼント選びの参考にしてみてください。

プレゼント候補①

漆器のマグカップ

ノダテマグ タナゴコロ

アウトドアの食器は、アルミやチタン製が多いですよね。しかし、どこも似たり寄ったりのデザインで面白みがない……。そんなお父さんが注目しているのは、漆器のマグカップ「ノダテマグ タナゴコロ(S)」。

国の伝統工芸にも指定されている会津塗の技術が用いられており、全工程を職人さんが一つひとつ手作業で仕上げています。アウトドア仕様なので軽くて丈夫ですし、天然無垢の木材を使用しているため使い込むほど味が出てきます。
ノタデマグ

出典:Instagram @terasakitei_unaginonedoko

Sサイズはマグカップというよりも、日本酒のぐい呑みにもピッタリな少量サイズ。熱い飲み物も、素手で持つことができます。カラーリングは全3色。

常に使うアイテムではないので、買うのに少し抵抗ある。けどおしゃれでかっこいいし、美味しいお酒を飲むのに重宝すること間違いない!(キャンプ歴10年)

プレゼント候補②

キャンプエプロン

キャンプ用 エプロン

お次はテンマクデザインの「キャンプエプロン」。中央のポケットは二重になっており、工具や道具がたっぷり入ります。またサイドに付いているベルトは、ハンマーやカラビナをかけられる仕様なので、ペグ打ちにも最適です。
テンマクデザイン エプロン

撮影:編集部

胸当て部分を折りたためば、カフェエプロン風に! キャンパス生地を使用しているため耐久性もバッチリですし、使い込むほどに味が出てくるのもアウトドア感があっていいですよね。

欲しいけれどマストのアイテムではないし、自分で買うほどではないものだからかな。

でも貰ったらやっぱりうれしいし、絶対使う。(キャンプ歴7年)

プレゼント候補③

アウトドア用ナイフ

キャンプ ナイフ

撮影:編集部

プレゼントにナイフ……まさに男性らしい選定。食材を切ったり、木の皮を剥いで薪にしたり、缶詰をあけたり、と1本持っていればなにかと重宝します。

キャンパーの定番は、フランス製の「オピネル」。ブレード(刃)は、ハイカーボンスチールとステンレスの2種類あり、初心者には錆びにくいスチール製がおすすめ。ハイカーボンスチールの方が切れ味は鋭いですが、素材の特性上錆びやすい面もあります。


ビクトリノックス

一方で「ビクトリノックス」や「レザーマン」に代表されるようなツールナイフも外せないプレゼント候補。

はさみ、のこぎり、缶切り・栓抜き、マイナスドライバー、つめやすりなど、手のひらサイズのナイフ1本にすべて収まっています。

家族で共用している調理用ナイフはありますが、それとは別に自分用のナイフが欲しいですね。缶切りとか日常でも使えるシーンもありますし。あとポケットに入るサイズ感がいい。(キャンプ歴3~5年)

オピネル No.9 ステンレス

●ブレードサイズ:約90mm
●重量:約65g
●材質:ブレード/ステンレススチール、ハンドル/ブナ

オピネル カーボンスチールナイフ No.9

●材質:ブレード/カーボンスチール、柄/天然木(ブナ)
●刃の長さ:9cm
●原産国:フランス

レザーマン マルチツール スクオート ピーエス4

●サイズ:
オープン時……長さ約97mm
クローズ時……長さ約57mm
●重さ:約55g
●素材:ブレード材420HCステンレス、ハンドル材6061T6硬質アルミアルマイト
●機能:スプリングアクション・ニードルノーズプライヤー・スプリングアクション・レギュラープライヤー・スプリングアクション・ワイヤーカッター・420HC直刃ナイフ・ハサミ・木工/金属用ヤスリ・マイナスドライバー・フラットプラスドライバー・栓抜き

プレゼント候補④

アウトドア用お箸

スノーピーク お箸

出典:楽天

キャンプ用のカトラリーといえば、スプーンやフォークが主流だと思います。しかし日常生活の大半はお箸を使って食事をすることが多いですよね?

やっぱりキャンプでも馴染みのあるお箸を使いたい! そんな日本人の心理を突いた、アウトドア仕様のお箸が各メーカーから出ています。中でも人気なのが、スノーピークの「和武器」。
お箸

出典:Amazon

持ち手の部分はステンレス製、先端部は竹素材を使用しているので、豆腐など滑りのいい食材もしっかりつかむことができます。また刀をしまうように二分割して収納するため、コンパクト性も◎。

キャンプだけでなく、普段でも使えるのがいい。でも正直高いから、自分1人のために買おうとまではいかない……けど欲しい。(キャンプ歴30年?くらい)

スノーピーク 和武器 M

●素材:グリップ/ステンレス、先端/竹、ジョイント・フタ/ブラス、ケース/10号帆布
●サイズ:[M]8×8×205mm(収納時約113mm)、収納ケースサイズ40×140mm
●重量:[M]約26g、ケース約20g

●サイズ[L]:8×8×225mm(収納時約122mm)、収納ケースサイズ40×155mm
●重量:本体[L]約27g、ケース約22g

スノーピーク 和武器 L

●素材:グリップ/ステンレス、先端/竹、ジョイント・フタ/ブラス、ケース/10号帆布
●サイズ:[M]8×8×205mm(収納時約113mm)、収納ケースサイズ40×140mm
●重量:[M]約26g、ケース約20g

●サイズ[L]:8×8×225mm(収納時約122mm)、収納ケースサイズ40×155mm
●重量:本体[L]約27g、ケース約22g

プレゼント候補⑤

ソロキャンプ用の焚火台

UCO 焚き火台

撮影: 小川 迪裕

今では1,000円台で購入できる、激安な焚火台も登場している時代。5,000円前後という予算内でも、焚火台のバリエーションは豊富にあります。

そんな数ある焚火台の中から、名指しで上がったのがUCO(ユーコ)の「ミニフラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット」です。
UCO とお肉

撮影: 小川 迪裕

重量はわずか832g。バックパックに入る超コンパクト仕様でありながら、幅があるため大きめの薪もボンボン投入できるのが魅力。網も付属しているので、贅沢に1人バーベキューも堪能できちゃいます。

今までファミリーキャンプ中心だったけど、今後はソロキャプの時間を増やしていきたいと思っているので、1人専用の焚火台が欲しいなぁって。

いつでも気軽に焚き火を楽しみたいので、バックパックに入るようなコンパクトなサイズは絶対。なおかつ大きい薪をくべられる焚火台を探していたんです。(キャンプ歴10年)

ユーコ ミニフラットパックポータブルグリル&ファイヤーピット

●サイズ:
使用時……24.1×17.8×20.3(h)cm、27×18×3cm
収納時……
●重量:832g(収納ケース含む)

プレゼント候補⑥

リクライニングチェア

イージーリフトチェア

出典:Amazon

仕事明けの早起き、キャンプ場までの運転にテントやタープの設営。どっと疲れた体を休ませるのに最適なのが、リクライニングチェアです。一見高そうなイメージがありますが、5,000円台で買えるリーズナブルなチェアも出ていますよ。
リクライニングチェア
枕やドリンクホルダー付いたモデル、背面がメッシュ仕様になっていたり、小物収納に便利なポケットが備わっているなど、チェアの種類もさまざま。キャンプはもちろん、室内やベランダで使えるのもポイント高いですね。

キャンプでも家でも使えて、ゆったりできるおしゃれな椅子が欲しい。やっぱり自分だけの寛ぎの時間がほしいので笑。(キャンプ歴2年)

コールマン リクライニングチェア イージーリフトチェアST グリーン

●サイズ:
通常時……約90×71×100(h)cm
リクライニング時……約90×127×89(h)cm
収納時……約24×20×101(h)cm
●重量:6.7kg
●耐荷重:約80kg

コンパクト ラウンジチェアー

●サイズ:
展開状態……約150x55x75cm
収納状態……約91x16.5cm
●重量:約5kg

キャプテンスタッグ CSオートリクライニングチェア

●サイズ:幅約90cm×奥行約73cm、約135cm×高さ約97cm/約82cm
●座面の高さ:約37cm/約45cm
●収納時:幅約23cm×奥行約20cm×高さ約98cm
●重量:約5.3kg
●耐荷重:約80kg

プレゼント候補⑧

コンパクトな財布

コンパクトな財布

撮影:編集部

普段使いの財布をキャンプに持っていくのは気が引ける……というお父さんも少なくないよう。肌身離さず持ち歩けるよう軽量でコンパクト、さらに収納力の高い財布が気になるようです。

PaaGo works(パーゴワークス)の「トレイルバンクs」は、そんなお父さんの要望を満たしているミニマムなお財布。写真のように、スマートフォンよりもスマートなサイズ感です。カード3枚、お札、小銭を収納するメッシュポケットを備えています。
財布 フック

出典:MINIMALIGHT

こちらのMINIMALIGHT(ミニマライト)のアイテムも、お札、カード、小銭が収納できる超ミニマムなお財布。引き裂き強度のある「X-Pac」を仕様している、本格的なアウトドア仕様です。

開いてみると中央部にゴムバンドが付いており、そこに複数枚のカードをまとめる仕様になっています。レポート記事もあるので参考にどうぞ!

登山に行くことも多いので、ズボンのポケットに収まるようなコンパクトな財布があったら重宝すると思います。

カラビナとかついてたらベルトループなんかに付けられるし、落とす心配もなくていいね。(キャンプ歴5年)

パーゴワークス トレイルバンク S

●サイズ:110×65×10mm
●素材:ディープブラック/PVCナイロンアーバングレー、ダークベージュ、トロピックカモ/330D ナイロン
●重量:32g

パーゴワークス トレイルバンク M

●サイズ:120×90×10mm
●素材:330Dナイロン(※ブラック/PVC ナイロン)
●重量:45g

プレゼント候補⑨

ワークグローブ

グリップスワニー

普段のキャンプでは、軍手を使っているお父さん。薪のささくから手を守るだけでなく、ダッチオーブンなどの鉄製器具を使うときの火傷防止にもなるワークグローブは、やはり気になる存在のよう。

ワークグローブの定番と言えば「グリップスワニー」ですが、価格は7,000円ほどするので今回の企画からは外れます。ちょっと奮発してもいいかなぁ~という太っ腹な方は、ぜひチェックしてみてください。
キンコ 

出典:楽天

グリップスワニーに以外にも注目のグローブはまだまだあります! たとえば以前CAMP HACKでも取り上げたポーランド生まれのワークグローブメーカー「キンコ」です。

定番なのはは、カウハイド(牛革)を使用している「50」というモデルで、Amazonだと1,763円(2019年6月12日現在)という破格的なお値段で販売されています。

軍手は安くて使い勝手はいいけど、なんかダサいなぁって。かといって事足りているのも確かで自分で買うほどでもない、絶妙なアイテムなんです。(キャンプ歴10年)

キンコ グローブ 50

●サイズ:
S……全長 約23cm/中指長さ 約9cm ・手のひら幅 約11cm( 平置採寸)
M……全長 約24cm/中指長さ 約9cm ・手のひら幅 約12cm (平置採寸)
Lサ……全長 約25cm/中指長さ 約9cm ・手のひら幅 約12.5cm (平置採寸)※革製品のため、多少の誤差はあります。
●材質:牛革

プレゼント候補⑩

火吹き棒

火吹き棒

出典:楽天

最後も焚き火関連のアイテム。自分の息で火を起こすのも焚き火の醍醐味ですが、火吹き棒を使えば効率も上がります。それになんかカッコいいし、気のせいか男前が上がったように見える……?

ご指名があったのは、VARGO(バーゴ)の「アルティメットファイヤースターター」。火吹き棒としても役割だけでなく、火打石が付属しており、マッチやライターを使わずとも着火することが可能です。手のひらサイズなので、ズボンのポケットにもスッポリ収まります。

他にもさまざまな火吹き棒が出ているので、ぜひチェックしてみてください!

絶対に必要なアイテムではないけれど、あるとないのとでは段違いな気がする。あと見た目がかっこい。(キャンプ歴3~5年)

バーゴ アルティメットファイヤースターター T-467

●サイズ :
使用時……464mm
収納時……152mm
●重量……53g
●素材 :ステンレス

ファイヤーサイド ファイヤーブラスター FB1

●サイズ:600mm
●重量:120g
●材質:アルミ、ブナ材

マストじゃないけど、あったら便利なものが喜ばれる!

お箸と夜食

出典:Amazon

経験もキャンプスタイルも異なるお父さんたちですが、貰ったら嬉しいキャンプ道具は、共通して「自分で買うほどではないけど、あったら便利なもの」でした。

実用的なものがほとんどでしたが、マグカップやグローブなど”見た目”にもこだわりを見せたいオトコゴコロも垣間見えましたね。デザインも見つつ、機能的なアイテムが喜ばれるようですよ。

 

紹介されたアイテム